私の保有株[KRFT]クラフトフーズとケチャップのハインツの合併で新しく[KHC]クラフト・ハインツが誕生。特別配当16.5$/株が入金されました。 - 高配当株で配当金生活

私の保有株[KRFT]クラフトフーズとケチャップのハインツの合併で新しく[KHC]クラフト・ハインツが誕生。特別配当16.5$/株が入金されました。

そこそこ高配当で、かつ業績が景気の変動にあまり左右されなさそうな銘柄として保有していた会社の1つである[KRFT]クラフトフーズ。まったり業績・高配当の株式として長年保有していたものなのですが、その同社がケチャップで超有名な『ハインツ』と合併する事が発表されたのは今年3月の事でした。

この2社の合併で世界5位の食品会社が誕生することとなりまして、その事を好感したためか発表直後から[KRFT]クラフトフーズの株価は急上昇。まったりディフェンシブな銘柄に投資していたつもりなのに、期せずして超含み益銘柄へと大躍進してしまったのでありました。

さて、この[KRFT]クラフトフーズとハインツの合併を受けて、先日7月6日に新しく[KHC]クラフト・ハインツという会社が上場しまして、私の[KRFT]クラフトフーズの株式はこの新会社の株式に化けています。3月下旬に発表された合併なのに、7月上旬にしてもう新会社の株式が上場されるというのはダイナミックですよね。株式市場先進国のアメリカらしいスピード合併なのでしょうか。

by カエレバ

新しく誕生した[KHC]クラフト・ハインツの株式をゲットしました。

KHCゲット

さて、まずこちらの書類を見てみましょう。こちらは、新しく[KHC]クラフト・ハインツの株式が無償で割り当てられたという書類になりますね。元々の[KRFT]クラフトフーズの株式1株に対し、[KHC]クラフト・ハインツの株式が1株与えられています。元々の[KRFT]クラフトフーズの保有株数は86株でしたので、[KHC]クラフト・ハインツの株式も86株ゲットした事になりました。

KRFT 特別配当

続いてはこちらの書類です。こちらは少し難しい書類かもしれませんが、簡単に説明すると元の[KRFT]クラフトフーズの元の株主に、[KHC]クラフト・ハインツの株式とは別にいただいた特別配当のようなものになりますね。その金額は1株あたり16.5$でありまして、同社の上場廃止直前の株価に対して2割弱の金額が支払われている事になります。当然、その分割り当てられた[KHC]クラフト・ハインツの株価が下がっている事になりますので、得をしているという事はないんですけどね。

ちなみに、この特別配当については源泉徴収税は発生していません。おそらく『資本の払戻』にあたるものだからだと思うのですが、その会計処理については打ち合わせの時に税理士さんに聞いておきたいと思います。元々の[KRFT]クラフトフーズの株式の取得価格から1株あたり16.5$を減じるだけで良いのか、一部売却したと処理するのかどちらなんでしょうね?

クラフト・ハインツ

ウェブサイト上にも新しい会社である[KHC]クラフト・ハインツが表示されていました。この新株、取得価格が0ということになっているのですが、特定口座で保有している人はどういう扱いになるんでしょうね?私の場合は、一般口座で保有しているので、取得価格は自分で計算することになるため問題はないんですけどね。

ということで、今回は私が長年保有していた食品系のディフェンシブ株[KRFT]クラフトフーズとケチャップで有名なハインツが合併して誕生した会社である[KHC]クラフト・ハインツの株式と特別配当を受け取った事をご紹介しました。業績がまったり推移しそうな2社同士が合併したため、今後も結局はまったり推移の業績が続くのではないかと思います。これからも、長らく保有していきたい銘柄ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ