ギリシャ危機・中国の株価下落の影響!? 国内リート市場が大崩壊しているので、おろおろしながらも『リバランス』で久しぶりにいくつかお買い上げです。 - 高配当株で配当金生活

ギリシャ危機・中国の株価下落の影響!? 国内リート市場が大崩壊しているので、おろおろしながらも『リバランス』で久しぶりにいくつかお買い上げです。

長らく投資をやっていると、短期的な暴落というのは良くある話なのですが、それにしても昨日〜今日の前場のように2営業日連続で大きく下げてしまうと不安になってしまうものですよね。私も正直な所は不安になってしまうのですが、私の配当金生活のポートフォリオは一時の感情に惑わされずに事前に決めたルール通りに売買する事と決めているので、こういう時でも内心は焦っているものの、表向きは落ち着いて売買を重ねて行きたいと思います。

リバランス前のポートフォリオバランス

2015年7月9日 午後1時 リバランス前の状況:国内株式はともかくとして『国内リート』は今日も大きな下げとなりまして、東証リート指数は今年1月のピークから見ると既に2割近い下げとなってしまっています。過去の経験上、上げ相場の時も下げ相場の時も『リートが普通の株式を先導して動いている』ような気がするので、ちょっと不安ではあるのですが、これはあくまで感覚的なものなのであまり気にしすぎないようにしたいですね。

さて、本来配当金生活のポートフォリオでは『株式:債券:リート=37:37:26』の割合で投資することとしているのですが、今日の午後1時の時点でこのうちリートが絶対値で1%以上のマイナスということになっていました。私の投資ルールとしては、株式・債券・リートのいずれかが1%以上ズレた場合はリバランスを行う事としていますので、早速リバランスを行う事にしたいと思います。

2015年7月9日 以下の7銘柄の売買を行いました。

ANAHD 売却

[9202]ANAHD 2,000株売却 → 残り2,000株:本日国内株式で売却したのは[9202]ANAHDです。足元の業績は絶好調で、インバウンド関連の銘柄でもある事から足元の株価は絶好調な推移でした。ただ、私自身[9201]日本航空に全面乗り換え予定でありまして、同社の航空機を今後はあまり使わなくなりそうなので保有株数も2,000株減らしています。

個人向け国債

個人向け国債 100万円分売却 → 残り3,500万円:購入後1年以上経った物は中途売却も可能な個人向け国債を100万円分だけ売却してリートなどの購入資金に充てています。大手証券会社の場合は売却するのに電話をする必要があるのですが、ネット証券のSBI証券ではネット上で売却が成立してしまうんですよね。個人的には、同証券で一番お気に入りの機能と言えるかもしれません。

その他 2015年7月9日に売買を行った銘柄
■ [1677]上場インデックスファンド海外債券 10口売却 → 残り20口
■ [1555]上場インデックスファンド豪州リート 590口購入 → 合計3,010口
■ [3296]日本リート 2口購入(新規銘柄)
■ [8977]阪急リート 4口購入 → 合計14口
■ [8979]スターツプロシード 2口購入(新規銘柄)

個人的には、今の価格でも国内リートはまだまだ割高な気がしているので、ここで新規購入するのはちょっと気がひけるのですが、ポートフォリオのバランスを整えるためなら仕方ない事ですね。ここは、直近の株価推移があまりにイマイチな地元銘柄の[8977]阪急リートを買い増し、新規ではココ最近の上場銘柄の中ではダメそうな雰囲気が漂っているもののそれがために分配利回りは高い[3296]日本リート、住宅系の老舗[8979]スターツプロシードをお試しで2口ずつ購入しました。しばらくは2口のままで様子見の予定です。

2015年7月9日 午後2時 リバランス後の状況

2015年7月9日 午後2時 リバランス後の状況:さて、本日は上記7銘柄の売買を行いまして、ポートフォリオのバランスは調整前に比べてかなり整っています。ここでリートを買うのはちょっと気が引けるのですが、そういう『個人的な想い』を出来るだけ介入させないようにしているのが配当金生活のポートフォリオの肝だと思っています。これからも、リバランスする状況となりましたら、淡々とリバランスを行っていきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ