2017年度には配当金145円目標。もし達成されれば夢の配当利回り6%へ。注目のIT系[3817]SRAHDから事業報告書です。 - 高配当株で配当金生活

2017年度には配当金145円目標。もし達成されれば夢の配当利回り6%へ。注目のIT系[3817]SRAHDから事業報告書です。

私は配当金生活をスタートさせる前は『ネット通販の店長』をしていましたので、『さぞパソコンやシステムがお得意なんでしょうね』と言われる事が良くあるのですが、実はパソコンの使い方はともかくとしてデザインやシステムの事は全く分かっていません。この辺りは、全て社員の方や外注で手配していたためなんですよね。

ということで、私自身『ITシステム』の事についてはあまり詳しくはないのですが、それでも私を含めて『ITシステム』が社会には欠かせないインフラ技術である事を否定される方はあまり多くはないのではないかと思います。個人的には、この業界はある程度不景気への抵抗力があると考えていまして、特にリーマンショック後の不景気の時は積極的に組み入れを行っていました。

3817 SRAHD 事業報告書

[3817]SRAHD 事業報告書:さて、今回はそんなITシステム系の一角である[3817]SRAHDから2015年3月期の株主通信をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。かつて、不景気の時に株価800円前後で購入してた同社の株式も最近は2,000円台での攻防となっていますね。個人的にはそこまで派手な成長株というイメージではないのですが、長年保有していた銘柄の株価が上がるというのはうれしいものですよね。

SRAHD 最近は増配傾向です

[3817]SRAHD 最近は増配傾向です:ここで[3817]SRAHDが上場してからの配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。2008年3月期以降は45周年の記念配当45円の年を除いて、長らく1株=40円の配当が続いてきた同社ですけれども、前期2015年3月期については久しぶりに15円の増配、そして今期についてはさらに10円の増配ということでここに来て株主還元の姿勢が強化されて来ているんですよね。

SRAHD 配当性向50%へ!?

[3817]SRAHD 配当性向50%へ!?:2015年6月下旬に株価が爆上げとなった[3817]SRAHDですが、そのきっかけとなったニュースは同社の配当性向50%を目処という事が新聞で報じられたためなんですよね。配当性向50%は2017年度の目標ということで今すぐ配当水準が切り上がる訳ではないのですが、もしこの上記の中期目標と共に達成されるとすれば1株配当の目安は145円程度という事になります。

この145円という配当目標を2015年7月時点での株価に当てはめると配当利回りは6%台(2015年7月上旬現在)ということになるんですよね。おそらく、実際に145円の配当が見えてくれば株価はこんな物ではないと思います。夢の配当利回り6%銘柄をゲットしたければ今のうち・・と言いたい所なのですが、私は株価が急騰した所で追加買いするのは悔しいので今の保有株数(200株)のままで我慢することにしたいと思います。

SRAHD[3817]の主要指標(2015年7月7日現在)

■ PER:15.79倍(予想)
■ PBR:1.50倍(実績)
■ ROE:9.1%(実績)
■ 配当利回り:2.78%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:91.2→128.0→168.1→136.3→148.3(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:40→45(記)→40→55→65(2016/03予想)

では、最後に[3817]SRAHDの主要な指標をチェックしてくことにしたいと思います。本当に2018年3月期のEPS290円、配当145円という目標が達成されるかが気になる所ですが、本当にこの目標が達成されるとすれば今の株価はかなり割安という事になりますね。

ただ、この目標の達成のためには、2015年3月期と比べて3年間で1株あたり純利益で倍程度の躍進が必要であり、ハードルとしてはまあまあ高いものとなるのではないかと思います。長年保有している株主としては、なんとしても達成してほしい所なんですけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ