モスフードサービス[8153]の株主優待券利用。イタリア・ミラノ万博でも話題の『海鮮かきあげライスバーガー』をいただきます。 - 高配当株で配当金生活

モスフードサービス[8153]の株主優待券利用。イタリア・ミラノ万博でも話題の『海鮮かきあげライスバーガー』をいただきます。

現在イタリアのミラノで開催中の万国博覧会。ニュースやビジネス系の情報番組で度々取り上げられますので、その存在をご存知の方もいらっしゃると思います。ちなみに、このミラノ万博のテーマは『食』となっておりまして、その日本館のフードコートには[8153]モスフードサービスも日本代表として出店しているんですよね。

ミラノ万博 モスバーガーのメニューの一部
※ 上記画像はミラノ万博の公式ウェブサイトから引用

ミラノ万博 モスバーガーのメニューの一部:さて、ミラノ万博に出店しているモスバーガーですが、実は日本ではおなじみの商品としての『モスバーガー』が出品しておらず、メインとなっているメニューは上記のライスバーガーなんですよね。確かにこちらの方が『日本の商品』らしいと言えばその通りですよね。先日、この万博の様子をテレビの番組で見まして、私もライスバーガーが食べたくなったので早速[8153]モスフードサービスのお店に行ってみることにしました。

モスフードサービス[8153]の株主優待 (3月9月/年2回)

「株主ご優待券」(500円券)
■ 100株以上:2枚(1,000円)
■ 500株以上:10枚(5,000円)
■ 1,000株以上:20枚(10,000円)

8153 モスフードサービス 株主優待券

■ >>> ヤフオクでも大人気の[8153]モスフードの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

モスフードサービス[8153]の主要指標(2015年7月6日現在)

■ PER:100.72倍(予想)
■ PBR:1.84倍(実績)
■ ROE:1.4%(実績)
■ 配当利回り:0.87%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:59.1→49.3→56.6→21.8→25.0(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:20→20→22→22→22(2016/03予想)

モスバーガーの海鮮かき揚げライスバーガーなどをいただきます。

モスバーガー オニポテセット

モスバーガー オニポテ:さて、今回はメインの海鮮かき揚げライスバーガーと一緒にオニポテセット(440円)を注文しました。健康の事だけを考えると『サラダセット』の方がベターな選択かと思うのですが、健康に悪そうだと思っていてもたまに食べたくなってしまうのが『フレンチフライとオニオンフライ』なんですよね。

モスバーガー 北海道産コーンのコーンスープ

モスバーガー 北海道産コーンのコーンスープ:今回は持ち帰りでいただいているモスバーガー。お店いただくのであれば、珈琲系の飲み物をチョイスする事が多いんですけれども、自宅でいただくのであれば自宅で珈琲を準備できますので北海道産コーンのコーンスープをチョイスしています。スープを選択する場合は通常のオニポテセットのお値段に+20円となってしまうのは要注意ですね。

海鮮かき揚げライスバーガー

モスバーガー 海鮮かき揚げライスバーガー:モスバーガーのお店でいただく久しぶりの『ライスバーガー』。本当はテレビで見た商品のうち、焼肉ライスバーガーの方が美味しそうだなとは思ったのですが、現在日本国内では販売されていない商品ということでしたので、やむなく海鮮かき揚げライスバーガーの方をいただく事にしました。個人的には、ご飯とかき揚げを別々で食べても良いのでは!?と思えてならないのですが、味自体には満足ですね。

ということで、今回は[8153]モスフードサービスの株主優待券を利用しまして、モスバーガーの海鮮かき揚げライスバーガーをいただきました。現在は、アジア圏+オーストラリアを中心に海外展開を進めている同社。今回の万博が同社のヨーロッパ進出の足がかりとなるのでしょうか?味の面では申し分ないとは思うので、将来的にはヨーロッパでの展開に期待したい所ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ