『餃子の王将』でおなじみの[9936]王将フードサービスから株主優待券1,000円分と配当金、事業報告書をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

『餃子の王将』でおなじみの[9936]王将フードサービスから株主優待券1,000円分と配当金、事業報告書をいただきました。

関西圏を中心に全国各地に『餃子の王将』を展開している[9936]王将フードサービスは、優待お食事券をいただける株主優待銘柄でありながらその優待利回りは0.5%程度と非常に低く、どちらかというと『配当目当ての銘柄』として位置づけるのが妥当ですね。一時期は『高配当銘柄』となった時期もありましたが、その後の株価急騰で最近は『高配当』とまでは言えなくなって来ています。

9936 王将不フードサービス 事業報告書

[9936]王将フードサービス 第41期事業報告書:さて、今回はそんな[9936]王将フードサービスから第41期の報告書、期末の配当金、そして株主優待券のセットをいただいていますので、その中から気になった情報を皆様にもご紹介することにしたいと思います。

王将フードサービス[9936]の株主優待 (3月9月/年2回)

京都王将の優待食事券
■ 100株以上:1,000円相当
■ 200株以上:1,500円相当
■ 500株以上:3,000円相当
■ 1000株以上:6,000円相当
※ 株主向け5%割引カードも合わせていただけます。(9月のみ)

9936 王将フードサービス 株主優待券

2015年3月権利確定分 株主優待券:さて、こちらは2015年3月に権利が確定した分の[9936]王将フードサービスの株主優待券です。一時期、同社の株式は最大で個人200株+法人200株保有していた事もあったのですが、その後の株価上昇と業績のイマイチさを見て、最近は法人の100株のみの保有となりました。株主向け5%割引カードもありますので、これ以上利益確定はしないつもりです。今回は、100株分・1,000円相当の優待食事券をいただきました。

ラーメンパック

ラーメンパックと交換可能です:さて、最近は全国展開を進めている[9936]王将フードサービスですけれども、それでも中には近所に『餃子の王将』のお店がないという株主の方もいらっしゃると思います。そういう方は、株主優待券の返信用封筒に優待券を入れて返信すれば同社の『ラーメンパック』と交換する事が可能です。本来は同社の魅力はお店で食べる餃子にこそあるとは思うのですが、店舗のない地域にお住まいの方はラーメンパックと交換するのもやむなしでしょうか。

イマイチな業績が続きます

イマイチな業績が続きます:長年に渡る餃子の王将愛を貫いている私。そんな私なので、本当は業績についてはひいき目に見てあげたいのですが、現実的には同社を良く見ているからこそ最近は『業績面ではイマイチなのかな』と感じてしまいます。広告の量も以前より減ってしまったように思いますし、キャンペーン商品の割引率も渋くなっているような気がするんですよね。まあ、それでも最低単位の100株は保有し続けて同社を応援する事には変わりありません。

[9936]王将フードサービスから配当金をいただきました。

9936 王将フードサービス 配当金

さて、今回は[9936]王将フードサービスから1株あたり50円の配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は4,235円ということになりました。

王将フードサービス[9936]の主要指標(2015年7月6日現在)

■ PER:22.63倍(予想)
■ PBR:1.93倍(実績)
■ ROE:8.7%(実績)
■ 配当利回り:2.40%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:238.2→244.0→214.3→186.8→183.8(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:60→80→100→100→100(2016/03予想)

では、最後に[9936]王将フードサービスの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。少し上で『業績面ではイマイチ』と書いたのですが、実は同社の売上高はまあまあ好調ながら営業利益ベースでは減益が止まらない状況となっているんですよね。2010年頃のマスコミで餃子の王将が良く取り上げられた時の瞬間最大風速が強かったという事もあるのでしょうが、それにしても毎期毎期マイナスというのは気になりますよね。

今期、2016年3月期については久しぶりに営業増益の見込みとなっています。ただ、会社発表の予想とSBI証券のウェブサイトに出ている予想を比べると、やや会社予想は楽観的なのかもしれませんね。王将愛の強い私としては、同社に頑張ってほしい所ではありますが、あまり期待はしすぎない方が良いのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ