イギリス系銀行の円建て社債。ロイズTSBバンク 2016年12月21日償還 利率1.4%の元本40万円分の利金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

イギリス系銀行の円建て社債。ロイズTSBバンク 2016年12月21日償還 利率1.4%の元本40万円分の利金をいただきました。

今回の記事でご紹介するネット証券のSBI証券で販売される円建ての債券と言えば、SBIホールディングスの社債である『SBI債』が一番の人気ですよね。昔は販売時間にパソコン前にスタンバイしていれば、まず購入漏れする事はない債券だったのですが、あまりに人気が高くなったためか、今となっては抽選販売となってしまっておりまして、それ以降私は1回しか同社の債券をゲット出来た事がありません。

また、おなじくSBI証券で販売される債券としては非常に人気の商品となっているのが[9984]ソフトバンク系の社債ですよね。同社の社債も以前は、販売時間にパソコン前にスタンバイしていれば余裕で購入する事ができたのですが、最近はこちらもかなり気合いを入れてパソコン操作をしないと購入が間に合わない商品となってしまっています。いずれは、抽選販売となってしまうのかもしれませんね。

ロイズ銀行
※ 上記の画像はロイズ銀行の公式ウェブサイトから引用

さて、今回の記事でご紹介するのはそんなSBI証券で以前よく販売されていた欧州系銀行の円建て社債です。その中でも今回ご紹介するのは、イギリスを本社とするロイズTSBグループの債券ということになりますね。

同社のような欧州系の銀行の円建て社債は、あのギリシャショックに端を発する危機の時に国内で頻繁に販売されました。この時は『欧州内で社債が消化しにくくなっているから国内で売っているのでは?』と個人的に思ってしまいまして、その利率が魅力的だと思いつつも結局どの銘柄も数十万円の投資に終わってしまったんですよね。

今思ってみると、今回のような債券はお宝債券だった訳なのですが、当時のムードでは大量購入はしにくかったですよね。また、最近はギリシャ危機が再燃していますが、またこういう債券が発行されるような情勢にまで悪化するのかは注目すべき所ですよね。まあ、平穏無事に解決してくれるに越した事はないですけどね。

ロイズTSBバンクの社債の利金をいただきました。

ロイズTSBバンクの社債の利金

さて、今回はロイズTSBバンクの社債の利金をいただきました。当時の利率は1.4%、保有している元本は40万円分でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った利金の金額は2,232円ということになりました。

個人向け社債は、以下の2証券会社が個人的にオススメです。

SBI証券
■ 『SBIホールディングス社債』の魅力的な利率
■ ただし、抽選が行われるため買えるとは限りません
■ 募集回数は比較的多め。口座は準備してチャンスを伺いたいですね


資産運用始めるなら!マネックス証券
■ 今の所抽選がなく申し込めば買える『マネックス債』
■ 前回の期間5年で1.5%という利率はまあまあの好条件!?
■ 発行回数が少なめ。前回の発行は2013年12月でした

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ