国内2大リートの一角。泣く子も黙る[8802]三菱地所系のオフィスリート[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人から分配金です。 - 高配当株で配当金生活

国内2大リートの一角。泣く子も黙る[8802]三菱地所系のオフィスリート[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人から分配金です。

好調な日経平均株価に比べると最近の株価(投資口価格)が相対的にかなりイマイチなように思えてしまう『不動産投資信託(リート)』。逆に日経平均株価の値動きがイマイチなのに、リートの値動きが好調という時もありましたので、いつもイマイチという訳ではないのですが、好景気・不動産好況と言われている割には、値動きがイマイチというのがちょっと気になりますよね。杞憂に終わってほしい所ではありますけどね。

8952 ジャパンリアルエステイト投資法人 資産運用報告書

[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人 資産運用報告書:さて、今回はそんな国内リートを代表する銘柄の1つである[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人から分配金と資産運用報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

国内で初めて上場したリートであり、同時に上場した[8951]日本ビルファンド投資法人と並んで長らく2大リートとして君臨している同社。時価総額は万年2位という状況が続いていたのですが、最近は両社の時価総額が急激に接近しているんですよね。久しぶりの同社の時価総額1位なるかにリートファンとしては注目したい所です。

ジャパンリアルエステイト投資法人 分配金の推移

[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人 分配金の推移:一般的には景気の浮沈の影響を受けやすいと言われている『オフィス系リートの分配金』。[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人は、オフィスのみに投資する銘柄となっていますので、当然ながら金融危機前の好景気に比べると分配水準は落ち込んでいるのですが、それでも金融危機前の好景気時に比べると2割減程度に留まっているんですよね。今後、今の景気が続くのであればオフィス賃料のアップも想定される中、分配金9,000円台の水準に戻る事はできるでしょうか?

[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人 天下の三菱地所系です:国内2大リートと言われている[8951]日本ビルファンド投資法人と[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人は、それぞれ国内2大不動産開発業の[8801]三井不動産と[8802]三菱地所がメインスポンサーとなっています。一般的にはスポンサーの信用力が低めのリートの方が分配利回りが高くなる傾向にあるのですが、保守的な運用方針の私としてはやはりオフィスリートはこの2社を主力としたい所ですね。

ジャパンリアルエステイト投資法人 保守的な財務方針です

[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人 保守的な財務方針です:国内のリートは基本的に市場から調達してきたお金と借入金を組み合わせて物件を取得しています。この借入金の比率は各リートによって方針が異なって来ているのですが、私個人としては分配金が多少少なくなったとしても『借入が少ない』銘柄の方が好みですね。一般的に有利子負債比率は5割前後のリートが多い中で、[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人は3割台の比較的保守的な財務方針となっています。

[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人から分配金です。

8952 ジャパンリアルエステイト投資法人 分配金

さて、今回は[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人から1口あたり7,681円の分配金をいただきました。保有口数は2口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は13,010円ということになりました。


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

最後に[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人の過去1年間の株価推移(青線)を見ておきたいと思います。比較対象としている赤線はREIT指数に連動するETF[1343]東証REIT指数連動型上場投信です。記事の中で[8952]ジャパンリアルエステイト投資法人は国内を代表する2大リートの一角と書いたのですが、実はこの1年間の株価推移はマイナス(2015/7/4現在)でありまして、東証リート指数に比べるとかなり出遅れている事が分かります。

最近は、首都圏の特に都心部の不動産の価格推移が好調であり、オフィスの空室率も下がる傾向にあるというニュースを良く見かけますので、その割には株価が付いてこないというのが正直な感想なのですが、実際の所今の株価でも[8952]ジャパンリアルエステイトの分配利回りは3%を切っています。今までの期待先行の『期待』の部分が大きすぎたといいことなのかもしれませんね。

ということで、私自身も正直な所ここ1〜2年の同社の株価は高いのかなと思いまして、以前から保有口数を減らしておりまして、現在は保有口数2口となっています。ただ、同社の投資口をもっと保有したいという気持ちには変わりなく、将来的には利回り3%台後半以上で買い増しをしたいと考えています。そのチャンスは巡って来るのでしょうか?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ