三栄コーポレーション[8119]から期末のビジネスリポート。ジャスダック上場の地味な会社も高配当+優待付で当ブログ内では人気の銘柄です。 - 高配当株で配当金生活

三栄コーポレーション[8119]から期末のビジネスリポート。ジャスダック上場の地味な会社も高配当+優待付で当ブログ内では人気の銘柄です。

当ブログに検索エンジン経由でいらっしゃる方は、どうしても[7751]キヤノンや[8411]みずほFGなどメジャーな高配当銘柄を求めていらっしゃる傾向にあるようなのですが、私の配当金生活のポートフォリオでは、国内株式セクターについては基本的に小型株を中心にご紹介しているため、ブログ内のPVランキングを見ると[8119]三栄コーポレーションのような小型株もよくランクインしているんですよね。

三栄コーポレーション ビジネスリポート

[8119]三栄コーポレーション ビジネスリポート:ということで、今回はそんな[8119]三栄コーポレーションから期末の報告書にあたる『ビジネスリポート』をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社のメインの事業は『家具・調理用品・小型家電』などの専門商社でありまして、上の報告書を見るだけでもその雰囲気が伝わって来ますよね。

参考:[8119]三栄コーポレーションの株主優待(9月 年1回)

株主優待ポイント付与(実質はカタログギフト)
■ 100株以上:2、000ポイント
■ 200株以上:3、000ポイント
■ 800株以上:6、000ポイント
■ 2,000株以上:12、000ポイント
■ 4,000株以上:20、000ポイント
☆ 3年以上の長期保有でポイント数が5割増しとなります。

さて、[8119]三栄コーポレーションが当ブログ内で人気である理由の1つが、同社は高配当銘柄なのに株主優待も実施しているという点です。高配当+株主優待銘柄はどちらの側面からも記事を執筆する傾向にありますので、ブログ内での登場頻度が高く、結果的に[8119]三栄コーポレーション関連の記事のPV数が多くなるという事なんですよね。昨年、2015年3月期の株主優待が気になる方は上の記事もご覧くださいね。

三栄コーポレーション 業績推移

[8119]三栄コーポレーション 業績推移:最近の[8119]三栄コーポレーションは好景気のおかげもありまして、売上高ベースでは好調な推移が続いているものの、2013年3月期以降は経常利益ベースでの苦戦が続いています。というのも、元々同社は海外から商品を輸入して来て国内で販売するという業態が主でありまして、そういう業種の宿命として円安の時は苦戦という事になってしまうんですよね。2015年3月期はやや業績回復となりましたが、今期もその傾向が続くかに注目したいですね。

三栄コーポレーション ブランド事業の拡大

[8119]三栄コーポレーション ブランド事業の拡大:最近の[8119]三栄コーポレーションの事業の中で特に好調なのが同社のブランド事業です。営業利益ベースではこの事業を含む『服飾雑貨事業』が既に稼ぎ頭となっているんですよね。最近は、このブランド事業の中で得にビルケンシュトックというサンダルのお店を積極的に出店しておりまして、直営店の数はついに50となりました。今後も、順調な拡大に期待したい所ですね。

by カエレバ

三栄コーポレーション[8119]の主要指標(2015年7月1日現在)

■ PER:10.25倍(予想)
■ PBR:0.71倍(実績)
■ ROE:6.2%(実績)
■ 配当利回り:3.32%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:424.2→351.9→195.7→247.3→293.8(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:90→90→90→90→100(2016/03予想)

ということで、最後に[8119]三栄コーポレーションの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。円安相場のスタート以降は、売上高はともかくとして同社の利益面では苦戦が続いて来たのですが、2015年3月期からは反転攻勢の兆しが見えていますね。そして、配当についても今期2016年3月期からは10円の増配が行われる事になりました。

同社は概ね配当性向30%を目指すと事業報告書に書かれてあります。円高相場の時の1株利益400円台に将来復帰するのであれば、1株配当120円以上も期待できるかもしれませんね。その利益水準を期待するのは取らぬ狸の皮算用かもしれませんが、私個人としては優待をまったりといただきつつ、将来の増配にも期待していきたいと考えています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ