松屋フーズ[9887]から株主優待券20食分・期末配当金・事業報告書をいただきました。これからはトンカツ業態を本気で拡大するようですね。 - 高配当株で配当金生活

松屋フーズ[9887]から株主優待券20食分・期末配当金・事業報告書をいただきました。これからはトンカツ業態を本気で拡大するようですね。

牛丼系としては不動の国内3位の地位を確固たるものとしている[9887]松屋フーズ。最近はライバルの[7550]ゼンショーHDや[9861]吉野家HDも牛丼系だけで勝負しているとは限らないのでもう『牛丼系』という括りはただしくないのかもしれませんけどね。

9887 松屋フーズ 事業報告書

[9887]松屋フーズ 事業報告書:さて、今回はそんな[9887]松屋フーズから事業報告書・株主優待券・期末配当金の3点セットをいただきましたので、読者の皆様にもご紹介する事にしたいと思います。上の事業報告書の表紙の画像を見ると昨年から首都圏で販売スタートとなったプレミアム牛めしがドーンと掲載されていますよね。

この『プレミアム牛めし』は首都圏から販売スタートし、その後全国へ・・という事だったと思うのですが、今の所は販売スタートから1年が経った今でも全国で販売される気配は全くないんですよね。結果的に、私の住んでいる関西エリアでは[9887]松屋フーズだけが未だに290円で牛めしを提供してくれている唯一の大手チェーンということになっています。

松屋フーズ[9887]の株主優待 (3月/年1回)

優待お食事券
■ 100株以上:10枚
※ 主要メニュー+おすすめメニューの中から1品を選択可能です。

■ >>> ヤフオクでも大人気の[9887]松屋フーズの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

9887 松屋フーズ 株主優待券

[9887]松屋フーズ 株主優待券:さて、私は[9887]松屋フーズの株式を個人で100株・法人で100株保有しておりますので、今回は合計200株分の株主優待券・20枚をいただきました。同社の株主優待券は全てのメニューで利用出来ると言う訳ではないのですが上記『おすすめメニュー』にほとんどの期間限定メニューは含まれますので、優待券の使い勝手としてはかなりオススメな方ではないかと思います。

松屋フーズ トンカツ業態拡大中

[9887]松屋フーズ トンカツ業態拡大中:さて、これからはトンカツ業態の『松乃家』を第二の柱に育てるという同社。上記、4月末日時点でのトンカツ業態の店舗数は61ということなのですが、今期末までに99店舗に拡大する予定になっています。現在、関西地区では大阪府内の6店舗だけとなっているのですが、そろそろ兵庫・京都あたりへの出店を開始するのでしょうか。いずれ、徒歩圏内に松乃家が出来ればウレシイですね。

[9887]松屋フーズから配当金をいただきました。

9887 松屋フーズ 配当金

さて、今回は[9887]松屋フーズから1株あたり12円の配当金をいただきました。保有株数は個人で100株・法人で100株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、合計で受け取った配当金の金額は1,972円ということになりました。

松屋フーズ[9887]の主要指標(2015年6月29日現在)

■ PER:52.87倍(予想)
■ PBR:1.33倍(実績)
■ ROE:1.9%(実績)
■ 配当利回り:1.02%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:111.7→40.4→36.2→33.9→44.6(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:24→25→24→24→24(2016/03予想)

では、最後に[9887]松屋フーズの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。基本的には[9887]松屋フーズのような『優待メイン』の銘柄については、その業績が大幅な赤字でない限りあまり気にしないようにしています。株価推移を見てみても、2013年3月期以降は業績が低迷傾向にある一方で、優待銘柄人気のおかげで株価は絶好調な推移となっているんですよね。

優待が年2回だった頃に[9887]松屋フーズの株式を購入した私は、その後優待半減とリーマンショックで株価がドーンと下がってしまい、一生同社の株式が含み益になる事はないのでは!?と思っていたのですが、最近の優待人気に伴う株高でついに含み益水準となってしまいました。他の優待株も株価が上がっている事が多く、本当に優待人気様々と言った所ですね。同社の優待は年20回の松屋生活で愛用しておりますので、これからも胃が松屋を受け付けなくなるまでは当面はホールドする予定です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ