衝撃の大きさにつき完食困難!? [3397]トリドールの丸亀製麺の一部店舗で先行販売中の『鬼おろし肉ぶっかけうどん』を試食です。 - 高配当株で配当金生活

衝撃の大きさにつき完食困難!? [3397]トリドールの丸亀製麺の一部店舗で先行販売中の『鬼おろし肉ぶっかけうどん』を試食です。

テレビCMも放送されている[3397]トリドールの期間限定商品『豚マリネ冷ぶっかけうどん』。この商品は、神戸市内の一部店舗で試験販売をしていたときは『豚マリぶっかけうどん』という名前だったんですけれども、いつの間にか『豚マリネぶっかけうどん』という名前に変わっていましたよね。

『マリ』というのは『マリネ』の略なので、名前自体は大きく変わっていないのですが、今回の同商品のCMを見るに本当は『豚マリぶっかけうどん』のつもりでCMを作っているように見えますよね。『マリさん』からの苦情で商品名が変わったという憶測もあるようなんですけれども、実際の所はどうなんでしょうね。

それはさておき、豚マリネ冷ぶっかけうどんは7月中旬までの期間限定販売となっておりますので、いつものパターンとしまして神戸市内の[3397]トリドール本社近くのいくつかの店舗では次の期間限定うどんの候補商品を販売しています。それが、上の写真でご紹介している鬼おろし肉ぶっかけうどんなんですよね。上のツイートの時は食後だったので食べられなかったのですが、別の日に改めて試食してまいりました。

[3397]トリドールの株主優待(9月/年1回)

優待割引券(11月下旬発送)
■ 100株以上:2,000円分
■ 500株以上:6,000円分
■ 1、000株以上:10,000円分

トリドール 3397 株主優待券

トリドール[3397]の主要指標(2015年6月23日現在)

■ PER:24.70倍(予想)
■ PBR:2.83倍(実績)
■ ROE:5.7%(実績)
■ 配当利回り:0.81%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:77.8→82.7→21.6→48.8→67.2(2016/3予想)
■ 直近5期の配当推移:15.5→16.5→8→10→13.5(2016/3予想)

丸亀製麺の『鬼おろし肉ぶっかけうどん』をいただきます。

ぶっかけうどん

鬼おろし肉ぶっかけうどんの『ぶっかけうどん』:さて、神戸市内の[3397]トリドールの本社近くのお店である『三宮磯上通店』にやってまいりました。今回の目当ては当然新商品の鬼おろし肉ぶっかけうどんなのですが、このうどんを見ると『あれれ・・!?普通のぶっかけうどんに天かすがのっているだけでは?』と思ってしまいますよね。

お肉

鬼おろし肉ぶっかけうどんの『お肉』:最近はCMキャラの武井壮さんのイメージに合ったパワフルなうどんが多いように思える『丸亀製麺』。実は、今回の鬼おろし肉ぶっかけうどんのメインである『おろし』『お肉』は別皿での提供だったんですよね。こんな感じでドーンと別皿に盛られたお肉が提供されます。このお肉、うどんに乗せずともご飯の上に乗せても非常に美味しい気がしますね。大食いの方はご飯を別途注文して一度チャレンジしてみてほしい所です。

鬼おろし

鬼おろし肉ぶっかけうどんの『鬼おろし』:そして、こちらが鬼おろし肉ぶっかけうどんのもう1つのメインである『おろし』です。こちらも写真ではその大きさが分かりにくいと思うのですが『これでもか!』と思えるほどドーンとお皿に盛られて来ます。このおろしとお肉をぶっかけうどんの上に自分で盛りつけていただくのが今回の『鬼おろし肉ぶっかけうどん』という訳なんですね。

鬼おろし肉ぶっかけうどん いただきます

鬼おろし肉ぶっかけうどん いただきます:ということで、こちらがぶっかけうどんの上に『おろし』『お肉』をドーンとトッピングした完成系の鬼おろし肉ぶっかけうどんということになります。最近首都圏で流行っているという『二郎系』のラーメンを思い起こさせるような巨大なうどんになってしまいましたね。本当にこんなの食べきれるの!?と心配になってしまいましたが、何とか完食する事はできました。

ということで、今回は[3397]トリドールの『丸亀製麺』の本社近くの一部のお店で先行販売されている新商品の鬼おろし肉ぶっかけうどんをご紹介しました。味はめっちゃ美味しいものの、ちょっと濃い目の味付けと、そもそも量が多すぎるという事が難点となってしまう方も中にはいらっしゃるのではないでしょか。神戸市まで食べに来る時間はないという丸亀製麺ファンの方は、全国発売を楽しみにお待ちいただければと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ