[8096]兼松エレクトロニクスから期末配当金。連続増配記録更新中の銘柄、前期は普段の倍の10円の増配となりました。今期も増配に期待!? - 高配当株で配当金生活

[8096]兼松エレクトロニクスから期末配当金。連続増配記録更新中の銘柄、前期は普段の倍の10円の増配となりました。今期も増配に期待!?

ITバブルの時は成長株の代表的なセクターだった『情報・通信』関係の株式。あれから15年が経ってすっかり情報技術は社会の隅々まで行き渡りましたよね。これからも、何かと技術の革新はあるように思えますけれども、そうであっても今となっては『システム開発・保守』関連の銘柄は15年前のように『成長株』とは見なされていないような気がしますよね。

個人的な印象と言えば、どちらかというと『システム開発・保守』関係の銘柄は『インフラ』に近いのではないかと思います。ちょっと強引すぎる連想かもしれませんが、情報技術のない社会というのは今更想像がしにくいですし、また一度ある会社のシステムを導入してしまうと、後から他社に全部乗り換えというのも難しいような気がするんですよね。あと、不景気の時であっても好景気の時であっても『ある程度』のシステム投資は必要なので、普通の製造業に比べると不景気時の抵抗力があるのではないかと思っています。

8096 兼松エレクトロニクス 期末配当金のお知らせ

[8096]兼松エレクトロニクス 期末配当金のお知らせ:さて、今回はそんな『システム開発・保守系』の銘柄の1つである[8096]兼松エレクトロニクスから期末配当金をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社の株主総会は先週19日に東京で行われた所なんですけれども、その期末配当金に関しては5月14日に開催された取締役会において早々に1株=35円の配当が決まっているんですよね。

兼松エレクトロニクス 本社移転しました

[8096]兼松エレクトロニクス 本社移転しました:さて、[8096]兼松エレクトロニクスの本社はこの5月に東京・京橋にある京橋MIDビルという所に移転しているようですね。このビルって、リートの[3227]MCUBS MidCity投資法人で聞いた事のある名前かな!?と思ったのですが、同法人が保有しているビルはMID REIT京橋ビルでした。東京にも大阪にも京橋があるので、ちょっとややこしいですよね。

[8096]兼松エレクトロニクスから配当金です。

8096 兼松エレクトロニクス 配当金

さて、今回は[8096]兼松エレクトロニクスから1株あたり35円の配当金をいただきました。保有株数は400株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は11,856円ということになりました。

[8096]兼松エレクトロニクスの主要指標(2015年6月17日現在)

■ PER:13.81倍(予想)
■ PBR:1.53倍(実績)
■ ROE:9.4%(実績)
■ 配当利回り:3.21%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:92.7→107.0→100.6→122.2→146.7(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:45→50→55→65→65(2016/03予想)

では、最後に[8096]兼松エレクトロニクスの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。同社のようなシステム開発・保守系の銘柄はそれほど派手に業績を拡大させる事がないというイメージではあるのですが、最近の好景気下では1株あたり純利益ベースで年2割程度の成長となっているようですね。

気になる配当については、2012年3月期以降毎年5円ずつの増配が続いていたのですが、昨年2015年3月期については業績が予想より上ぶれて着地した事から、一気に10円の増配となりました。今期の1株あたり純利益も2割の成長を見込んでおりまして、私としては今年も70〜75円程度への増配が行われるのではないかと期待してしまいます。期首のヨコヨコ予想から結局増配というのは同社の得意パターンですからね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ