CoCo壱番屋[7630]でまさかの『5段階の選べる甘さ』登場。今回は1甘の『手仕込みチキンカツカレー』をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

CoCo壱番屋[7630]でまさかの『5段階の選べる甘さ』登場。今回は1甘の『手仕込みチキンカツカレー』をいただきました。

ビックリするほど美味しいという訳ではないように思うのですが、国内で展開しているカレー専門チェーンとしては最も成功していると言っても過言ではない[7630]壱番屋。最近は、イタリアのミラノで開催されている食の万博で『日本食代表』として日本館のフードコートに出店している事でも話題になっていますよね。同社のヨーロッパ進出の足がかりとなるのかに注目したい所ですよね。

甘口カレー
※ 上記の画像は[7630]壱番屋のIR資料から引用

CoCo壱番屋 甘さが選べるようになりました:さて、カレー屋さんと言えばその『辛さ』を選べるというのが定番のサービスとなっていますよね。その一方で『甘さ』に関しては『甘口』の用意はあるもの『甘さの段階』を設定しているカレー屋さんというのはあまり聞いた事がありませんでした。

そんなCoCo壱番屋におきまして、今月2015年6月1日から5段階の選べる甘さというのが新しく登場しているんですよね。上の画像にあるように、その甘さは1甘から5甘までの5段階が準備されています。1甘毎に21円の追加料金はかかってしまうのですが、今まで『辛いのが苦手だからカレーを食べなかった』という方には朗報ではないかと思うんですよね。

壱番屋[7630]の株主優待券(5月/11月 年2回)

CoCo壱番屋で使える飲食券
■ 100株以上:1,500円相当(500円×3枚)
■ 500株以上:5,000円相当(500円×10枚)
■ 1000株以上:10,000円相当(500円×20枚)

株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私も利用している口座を紹介しています。
出品自体レア!? ヤフオクで[7630]壱番屋の株主優待券の相場をチェック

壱番屋[7630]の主要指標(2015年6月14日現在)

■ PER:28.68倍(予想)
■ PBR:3.07倍(実績)
■ ROE:9.7%(実績)
■ 配当利回り:1.49%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:130.2→140.0→135.6→149.6→175.4(2015/05予想)
■ 直近5期の配当推移:50→55→60→70→75(2015/05予想)

『1甘』の手仕込みチキンカツカレーをいただきます。

さて、ブログのネタとしては一番甘い5甘を食べるべき所なんでしょうけれども、よくよく考えると私が頑張って5甘に挑戦しても読者の皆様にご紹介する写真ではその魅力がさっぱり伝わりませんので、今回は止むなく『1甘』に挑戦することにしました。1甘の説明文を読んでみると『マイルドな味わい』ということで、まだまだ『甘さ自体』を味わうには不足なのかもしれませんね。

手仕込みチキンカツカレー(1甘)

CoCo壱番屋 手仕込みチキンカツカレー(1甘):ということで、今回は期間限定商品の『手仕込みチキンカツカレー(1甘)』をいただいています。前回CoCo壱番屋のお店を訪れた時は『カツが小さい』とブログ記事に書いた記憶があるんですが、今回は逆に『メニューの写真よりもカツが大きすぎる』ような気がしたんですよね。

『手仕込み系』のカツは通常のカツに比べて出来上がりの大きさに差があるのは仕方ない事かなとは思います。普通の人ならば大きければ大きいだけウレシイと感じると思うのですが、私はあまり大食いではないのでメニューの写真よりも巨大だとちょっと困ってしまうんですよね。この大きさなので、完食には非常に苦労してしまいました。

また、甘さの方についてはそれほど『甘すぎる』と感じる事はありませんでした。そもそも1甘の説明にはマイルドな味わいとありますので、その説明の通りかなと思いましたね。辛いものが苦手で『○甘』を選択したいという方は、この1甘で十分なのかなと個人的には感じます。

CoCo壱番屋 イタリア風トマトバジルソース

CoCo壱番屋 イタリア風トマトバジルソース:さて、今回は期間限定の商品であるイタリア風トマトバジルソースを別途注文しています。このソースは8月末までの期間限定商品となっておりまして、今現在開催中の『ミラノ万博』にちなんだ商品ではないかと思いますね。イタリアらしく『トマト・バジル・ズッキーニ・なす・パプリカ』などが入ったソースでありまして、意外にもかつカレーに合うソースなのかなと思いました。ソースに130円はちょっと高いような気もするのですが、一度お試しいただきたいですね。

ということで、今回は[7630]CoCo壱番屋の新商品である甘口の『手仕込みチキンカツカレー&イタリア風トマトバジルソース』に挑戦しました。味自体は概ね満足のメニューでしたけれども、実はこれで1,000円を少し超えているチョイスなんですよね。同社のトッピング商法は好調な業績の原動力だと言う事ですが、ついつい頼んでしまいたくなるトッピングの開発力のたまものなのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ