HD化して今年1月上場の高配当銘柄[7814]日本創発グループからはじめての配当金。資本の払戻に相当するので税金はかかりませんでした。 - 高配当株で配当金生活

HD化して今年1月上場の高配当銘柄[7814]日本創発グループからはじめての配当金。資本の払戻に相当するので税金はかかりませんでした。

今年2015年1月に設立・上場されたばかりの銘柄である[7814]日本創発グループ。この会社は突然湧いて出て来た会社という訳ではありませんで、元々は配当金生活のポートフォリオで長らく保有していた[7861]東京リスマチックという会社が母体となっていた会社です。

長らくお世話になって来た旧[7861]東京リスマチックは、DTPサービスの大手でありまして、元々M&Aを絡めつつの規模拡大に積極的な会社だったんですけれども、さらなるM&Aを行いやすくするためか『持ち株会社』形態に変更する事となり、今年1月に誕生したのが[7814]日本創発グループということになります。個人的には元々の[7861]東京リスマチックという名前が好きだったので、東京リスマHDじゃダメだったのかな!?と思ってしまうんですけどね。

[7814]日本創発グループから配当金をいただきました。

7814 日本創発グループ 配当金

さて、今回は[7814]日本創発グループからはじめての配当金をいただだきました。同社は元々四半期配当を行ってくれている会社でありまして、昔から四半期あたり6円、年24円の配当が長く続いて来たんですけれども、[7814]日本創発グループに組織変更となってもこの6円の四半期配当は続いて行くようですね。

ちなみに、普段配当金の書類を見慣れている方からすると、この書類にちょっと違和感を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか。というのも、この書類には『源泉徴収税の欄』がないんですよね。どうして、今回の[7814]日本創発グループの配当には税金がかからないのでしょうか!?

みなし配当

資本の払い戻しに該当するためです:ちょっと難しい話なのですが、株式会社の配当というものはざっくりと言うと利益の蓄積である『利益剰余金』という所から払われるのが通常です。しかし、同社は設立直後のためまだこの『利益剰余金』が存在しないんですよね。そのため、今回の配当は『資本剰余金(資本金の親戚!?)』から支払われておりまして、この場合は『資本の払い戻し』に相当するため税金がかからないこととなっています。

乱暴な比較かもしれませんが、投資信託の世界においても分配が『元本の払い戻し』に当たる時は『特別分配金(元本払戻金)』となって課税されていませんよね。考え方自体はこれと同じでありまして『自分が払い込んだお金が帰って来ている』ので税金がかからないという事になります。私は税金の専門家ではないので、ちょっと曖昧な説明になってしまいますが、そのイメージはわかっていただけるのではないでしょうか!?

参考:[7861]東京リスマチックの主要指標(2015年4月10日現在)

■ PER:79.76倍(予想)
■ PBR:0.74倍(実績)
■ ROE:5.4%(実績)
■ 配当利回り:3.67%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:12.5→76.8→44.3→69.0→8.2(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:24→24→24→24→24(2015/12予想)
※ 2015年12月期は[7861]日本創発グループとしての業績予想となります。

[7814]日本創発グループの主要指標(2015年6月14日現在)

■ PER:78.54倍(予想)
■ PBR:0.75倍(実績)
■ ROE:5.4%(実績)
■ 配当利回り:3.73%(予想)
■ 直近2期のEPS推移:8.2→17.3(2016/12予想)
■ 直近2期の配当推移:24→24(2016/12予想)

さて、最後に旧[7861]東京リスマチックと[7814]日本創発グループの主要指標をチェックしておきたいと思います。今期、来期と2期連続で1株あたり純利益よりも配当金の方が多い状況となってしまっていますよね。同社の株価の推移が最近イマイチなのも、これが要因となっているように思うのですが、今期・来期の純利益がイマイチな予想となっているのは、営業外損益・特別損益の影響が大きいようでありまして、実は営業利益ベースではまあまあ堅調なんですよね。

乱暴な計算ではありますが、営業外損益がトントン、特別損益もトントンであると仮定すると1株あたりの純利益は来期予想で40円台の計算となりまして、これでも決して指標的には割安ではないものの24円の分配を続けるのは悪くはない水準なのではないかと思っています。それでも、見た目の指標が悪い限りは株価も低迷が予想されます。配当利回りが4%台に乗る場面があれば、コツコツ買い増しを行いたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ