投資信託のひふみ投信から『ひふみのあゆみ』6月上旬号です。今回は組み入れ銘柄上位に急に登場した[8252]丸井グループに注目。 - 高配当株で配当金生活

投資信託のひふみ投信から『ひふみのあゆみ』6月上旬号です。今回は組み入れ銘柄上位に急に登場した[8252]丸井グループに注目。

今回は、私が継続的に投資しいている数少ない投資信託の1つであるひふみ投信から、その運用レポートにあたる『ひふみのあゆみ』の6月上旬号をいただきましたので、その内容の一部を皆様にご紹介することにしたいと思います。

個人的には国内の投資信託はもっと『仕組みがシンプル』なものが売れるべきだと思っているのですが、現実的には仕組みがややこしくて、運用手数料に当たる『信託報酬』が高いものが良く売れる傾向にありますよね。ネットでは信託報酬の低い『インデックス系』の投資信託が人気のようですけれども、まだまだ一般社会に人気が浸透するには時間がかかるのではないかと思います。

今回の記事でご紹介するひふみ投信は、インデックス投信ではありませんのでその運用手数料にあたる『信託報酬』は1%強と激安という訳ではないのですが、それでもアクティブ系の投資信託同士で比べれば最安水準にあります。また、5年以上の長期保有で信託報酬が最大0.4%まで還元されるという面白い仕組みもありますね。

ひふみ投信

ひふみ投信 設定来の基準価額:さて、ひふみ投信はの成績はと言いますと、2008年の設定から今までについては株価指数連動の商品に投資するよりもかなり良い成績でした。上記のグラフではTOPIXと比較していますけれども、配当込のTOPIXの成績が+76%に対し、ひふみ投信の成績は+221%と段違いの差となっているんですよね。

ひふみ投信 最近はややイマイチ

ひふみ投信 最近はややイマイチ!?:設定来の成績ではTOPIXに圧勝しているひふみ投信ですけれども、最近の成績はその頃に比べるとややイマイチな推移となっています。同社は小型株を得意とする傾向にあると思いますので、最近のように大型株・日経平均株価が牽引する相場では相対的にイマイチになってしまうのかもしれませんね。

ひふみ投信 5月末時点組み入れ上位銘柄

ひふみ投信 5月末時点組み入れ上位銘柄ひふみ投信の5月末時点での組み入れ上位銘柄を見ておきます。[3769]GMOペイメントゲートウェイ、[6594]日本電産は先月から引き続いて1〜2位となっていますね。

その一方、先月の組み入れ銘柄では50位に入っていなかったのに今月になって3位に飛び込んで来たのが[8252]丸井グループです。駅前立地の百貨店でおなじみの同社ですけれども、女性向けというイメージがあるため私はあまり入った事がないんですよね。

同社は収益力で見ると『カードの手数料』で稼ぐ傾向がありまして、百貨店でありながら金融系とも取れる面白い事業形態となっています。PER25倍の今からは個人的には買いにくいので、こういう銘柄についてはひふみ投信さんに御任せですね。

ひふみ投信 最新の私の運用成績

ひふみ投信 最新の私の運用成績:最後に私のひふみ投信の最新の運用成績をチェックしておきたいと思います。同投資信託に積立開始して31ヶ月が経過し積立元本は31万円となっていますが、それに対し評価金額は452,316円となっておりまして+45%という成績になっていますね。

最近は日本株が好調すぎまして、ここらで『ちょっと売りたくなる』気持ちもやまやまなんですけれども、ひふみ投信はセミナーなどで『下げ相場で差をつけられるように努力』などとおっしゃっていますので、これから下げ局面がやって来そうな時でも寝たフリをして淡々と月1万円の積立を続けていきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ