大手の中では最も知名度が低い電力株!? [9513]電源開発の『J-POWER倶楽部』から送付物をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

大手の中では最も知名度が低い電力株!? [9513]電源開発の『J-POWER倶楽部』から送付物をいただきました。

景気の波に業績の変動が左右されにくい『ディフェンシブ株』に好んで投資する私。そんな私は、以前は国内株式の4割程度が電力株という時代がったんですけれども、震災の後の原子力政策のゴタゴタを見て減配しなかった[9505]北陸電力、[9511]沖縄電力などを除いて投資するのを諦めてしまいました。

保有していた電力株の数々は2011年の早々に売ってしまったのですが、その後も電力株の不振は最近まで続いていました。最近は、原発運転再開のムードになってきたため、株価は反転して来ています。今になって思うと2012年頃に再度購入すれば大きな利益が得られていましたね。

9513 電源開発 J-POWER倶楽部

[9513]電源開発からお手紙です:さて、今回はそんな電力株の一角である[9513]電源開発の『J-POWER倶楽部』という組織の郵便物をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。この『J-POWER倶楽部』は、[9513]電源開発の株主であれば入れる組織でありまして、IRの情報提供をしてくれる組織の事なんですよね。株主になれば、年に2回ほど入会の案内が届きますので興味のある方は株主になってみる事をオススメしたいと思います。

電源開発 グローバルエッジ

[9513]電源開発 グローバルエッジ:こちらが、今回の『J-POWER倶楽部』のメインの送付物である『グローバルエッジ』です。年に4回発行されている同社の季刊誌という事になりますね。40ページ強の冊子でありまして、中を見てみると『意外なほどに普通のビジネス誌』という印象です。

当然、[9513]電源開発の雑誌なのでメインの記事には社長との対談コーナー(今回はコマツのCEO)があるのですが、今号ではバレーボールで有名な眞鍋監督のコラムもありましたね。無料でいただけるにしては結構面白い冊子なのではないかと思います。

電源開発 カライドA発電所

[9513]電源開発 カライドA発電所:電源開発[9513]は規模的には地域電力会社と遜色ないのですが、その営業エリアが全国・世界であるため実際の生活の中では耳にする事があまり多くないように思いますね。国内では地域電力会社をカバーする位置づけであり、そして世界へも討ってでているのです。

上の画像でご紹介しているのは、今回のグローバルエッジ42ページに紹介されていた『カライドA発電所』です。これは、同社やIHI、三井物産なども参画している日豪共同プロジェクトでありまして、なんとビックリ『二酸化炭素』をほとんど排出しない発電を目指しているそうなんですよね。将来的には原子力に頼らずとも『ほぼクリーンな』発電を実現できるのでしょうか。これからに期待したいですよね。

電源開発 ニュースリリース集

[9513]電源開発 ニュースリリース集:そして、こちらが『J-POWER倶楽部』のもう一つのメインである『ニュースリリース集』です。要するにここ3ヶ月のニュースリリースを冊子にしたものでありまして、ウェブ上で同じ内容が見られる事は見られるのですが、そうであったとしてもこの形でいただける方が読みやすい事は確かですよね。資源の面から言えばやや無駄なのかもしれませんけどね。

参考:電源開発[9513]の主要指標(2015年6月4日現在)

■ PER:16.09倍(予想)
■ PBR:1.17倍(実績)
■ ROE:8.4%(実績)
■ 配当利回り:1.59%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:107.4→198.7→191.2→284.4→273.1(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:70→70→70→70→70(2016/03予想)

ということで、今回は[9513]電源開発から同社の株主だけが入る事のできる会員組織である『J-POWER倶楽部』の案内をいただきました。この倶楽部があるから同社の株主になるというまでの価値はないと思うのですが、同社がIR活動に積極的だという事は感じられるのではないかと思います。最近はウェブ上でのIRを充実する会社が多いと思うのですが、個人的にはこういうタイプのIR活動もお好みですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ