泣く子も黙る三井不動産系の住宅リート。[3226]日本アコモデーションファンドから分配金と資産運用報告書です。 - 高配当株で配当金生活

泣く子も黙る三井不動産系の住宅リート。[3226]日本アコモデーションファンドから分配金と資産運用報告書です。

リートの投資対象と言えば『オフィス』『商業』『住宅』『物流』など色々ある訳ですけれども、個人的にはこの中で一番業績が安定しているのは『住宅リート』であると考えています。最近は、空き家問題・人口減少がニュースで取り上げられる事がちょくちょくある中で大丈夫!?とお思いになってしまう方もいらっしゃると思うのですが、国内の住宅リートは東京中心に投資をしているものが多いんですよね。日本全体の人口は減るとしても、東京の特に『単身世帯』についてはまだまだ堅調と思われるため『住宅リート』はまだ安泰なのではないかと思っています。

3226 日本アコモデーションファンド投資法人 資産運用報告書

[3226]日本アコモデーションファンド投資法人 資産運用報告書:さて、今回はそんな『住宅リート』の1つである[3226]日本アコモデーションファンド投資法人から分配金と資産運用報告書をいただきましたので、その中の一部をご紹介することにしたいと思います。同社は住宅専業のリートとしては時価総額的には2番手争いのポジションとなっている銘柄ですね。1位の[3269]アドバンス・レジデンスは少し遠いですが、4位以下の住宅リートには大差を付けておりまして、安定の2・3番手といえるでしょう。

日本アコモデーションファンド投資法人 三井不動産系です

三井不動産系の住宅リートです:さて、個人的にはリートに投資するにあたって重視する事の多い『親会社』。今のように景気が順調な時はあまり気にしなくても良い事なんですけれども、景気の雲行きが怪しくなって来た時にはこの親会社の力というのが重要になって来る場面がかつてはあったんですよね。一般的には親会社が頼りない銘柄の方が分配利回りが高くなりがちというのがリートの世界なのですが、私自身はこれからも多少分配利回りが低くとも『大手中心』に投資していきたいと思っています。

日本アコモデーションファンド投資法人 東京中心の投資です

東京23区に注力しています:[3226]日本アコモデーションファンド投資法人の投資方針の1つとして挙げられるのが東京23区への集中投資です。個人的には、地方物件がお好みではあるんですけれども、これからの日本において『物件の資産価値』を考えるのであれば、直感的には東京23区が一番安定しているようには思えますよね。必ずしもそうなるとは限りませんが、今の状況では23区への集中投資は+に働くのではないかと思います。

安定した分配推移です

安定した分配推移です:当ブログでは度々述べているように、[3226]日本アコモデーションファンド投資法人のような『住宅系のリート』は景気が良くても悪くてもソコソコの業績・分配を維持するというのが定説となっています。例えばオフィスであれば、景気が悪いと安い所へ引っ越ししたり、規模を縮小なんて事も起きやすいと思うのですが、住宅の場合は『景気が悪いから引っ越し』というのはオフィスに比べると少ないと考えるのが自然ですよね。

[3226]日本アコモデーションファンドから分配金です。

3226 日本アコモデーションファンド 分配金

さて、今回は[3226]日本アコモデーションファンドから1口あたり7,984円の分配金をいただきました。保有口数は4口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は27,046円ということになりました。

[3226]日本アコモデーションファンド 株価の推移
※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[3226]日本アコモデーションファンド 過去5年間のチャート:さて、最後に[3226]日本アコモデーションファンドの過去5年間の株価推移を見ておきます。今年に入って、一時は50万円を回復する場面も見られた同社の株価ですけれども、実はこの水準はリーマンショック前のリートバブルの水準に後数%まで迫っていたんですよね。ここ1〜2年、東京都内の住宅の価格の値上がりは著しいとは聞いていたのですが、同社の株価の上昇も著しかった訳なんですね。

さて、そんな[3226]日本アコモデーションファンドですので、その分配利回りは2015年6月上旬現在で3.2%前後での推移となっています。私自身は、昔の安値がどうしても忘れられませんので、ここから新規の投資をやれといわれるとちょっと気が引けてしまいますね。まだまだ東京の住宅価値は伸びると考える方であればここからでも買えるのかもしれませんが、住宅価値があがったとしても賃料が連れて上がるというのは想像しにくいですよね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ