野村系の3つのリートが合併発表で投資口価格上昇のため一部売却。その他、リバランスで利率10%超のブラジルレアル債などを購入しています。 - 高配当株で配当金生活

野村系の3つのリートが合併発表で投資口価格上昇のため一部売却。その他、リバランスで利率10%超のブラジルレアル債などを購入しています。

株式:債券:リート=37:37:26(2015年5月下旬現在)という投資比率を目指している私。一般的なポートフォリオの比率に比べると、国内リートへの投資額がかなり多くなっていますので、現在上場している銘柄のうち時価総額で中堅〜大手銘柄については、広く薄く保有しているようにしているんですよね。

しかしながら、そんな中で私がどうしても保有する気になれないのが[8959]野村不動産オフィスファンドと、[3240]野村レジデンシャル投資法人です。当然ながらこの2リートは真面目に運営している事は間違いないんでしょうけれども、どうも増資のやり方がイマイチだったり、オフィスファンドについては運営成績自体がイマイチなような気がしてならないんですよね。

現在、いわゆる野村系と言われるリートは3銘柄上場しておりまして、それは前述の2銘柄と[3285]野村不動産マスターファンドとなります。それぞれ『オフィス』『住宅』『商業+物流(マスターファンド)』と役割分担が出来ておりまして、その点については良いと思っておりまして、この中で[3285]野村不動産マスターファンドについては、その安定性を評価して野村系では唯一保有しているリートだったのです。

野村系リート 合併のお知らせ

野村系3リート 合併のお知らせ:しかしながら、昨日2015年5月27日のIRではこの野村系の3つのリートが合併するという事が発表されたんですよね。オフィス・住宅の2リートの運用が個人的にイマイチだと感じるので、マスターファンドだけを保有していた私なのですが、昔イマイチやから切ろうと思って切ってしまった2リートとまた一緒になってしまうという事なんですよね。

この3リートの合併により、資産規模を単純合算すれば国内2位の規模に一気に躍り出る事となります。その事については利点もあると思うんですけれども、今は不景気ではありませんので、以前よく見られたリートの合併のように『負ののれん』が発生する事はないようです。

むしろ今の投資口価格などを踏まえると今回の合併については『普通ののれん』が発生してしまう事が予想されるんですよね。個人的には、リートで『普通ののれん』が生じる合併はイマイチだと思うのですが、今日の3銘柄の株価は上昇しているので、規模が拡大するメリットの方が優先されているということなんですね。

今日は以下の5銘柄を売買しました。

ということで、今までは7口保有していた[3285]野村不動産マスターファンドなんですけれども、個人的には今回の合併はイマイチという評価でありまして、ここで保有口数を減らす事にいたしました。本当は全売りでも良かったんですけれども、株主としてこの合併の顛末を見届けたいと思いまして、保有口数の減少は2口に留めています。

また、今回[3285]野村不動産マスターファンドを売却する事をきっかけとして、ポートフォリオのリバランスを行い、株式:債券:リート=37:37:26の比率にポートフォリオを整えました。日本株については、株価の上昇で配当利回りが2%台に突入した物を売却しています。

今日の売買

2015年5月28日 売買した銘柄
■ [1590]iシェアーズ米国リートETF:34口購入(合計222口へ)
■ [3285]野村不動産マスターファンド:2口売却(合計5口へ)
■ [9055]アルプス物流:100株売却(合計200株へ)
■ [9436]沖縄セルラー:100株売却(合計400株へ)

ブラジルレアル債

ロイズ銀行 ブラジルレアル建て債券:さて、今回のリバランスでは債券も購入する必要がありました。元々、私のポートフォリオでは国内:海外=1:1の投資比率を目指していたのですが、最近の円安で国内:海外のバランスは国内<海外に偏って来ています。

その事を思うと、ここは『個人向け国債』を積み増すべき場面かなと思ったのですが、最近元気のない一部新興国通貨の中で特に経済成長率も大きく落ち込んでいるブラジルレアルが個人的には気になって仕方なかったんですよね。ここは逆張り精神を大切にして久しぶりに10,000レアル分の債券を購入する事にしています。

今回購入した債券は、SBI証券で販売中のイギリス大手の金融機関『ロイズ銀行』のブラジルレアル建て債券です。利率は10.2%とブラジルレアルらしいものとなっていますね。当然、為替レートの変動で大損してしまう可能性はあるのですが、これくらいの利率・購入金額ならまあ大損しても仕方ないかなと思える範囲かと思いますね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ