イギリス大手銀行『RBS銀行』の円建て社債(利率1.6%)が償還。ついでに[9437]NTTドコモなどを売買してポートフォリオをリバランス。 - 高配当株で配当金生活

イギリス大手銀行『RBS銀行』の円建て社債(利率1.6%)が償還。ついでに[9437]NTTドコモなどを売買してポートフォリオをリバランス。

当ブログがスタートしたのは、今となっては懐かしさも覚える『欧州債務危機』の頃でした。その発端となったギリシャのゴタゴタはよくよく考えると今でもまだ続いているのでは!?と思えてならないのですが、そうであったとしても欧州の株価・主要国の債券などの値動きはあの頃に比べるとかなり落ち着いていますよね。

その欧州債務危機の最中、国内のネット証券などで頻繁に取扱いが行われていたのが欧州系の金融機関の円建て社債でした。今になって思うとかなり美味しい1%台の利回りで発行される所が多かったのですが、当時のヨーロッパの雰囲気の事を思うと数百万単位で買う勇気はなく、結果的にはいずれも数十万円単位の投資に留まっているんですよね。こういう所で控えめになってしまうのは私の保守的な性格なんでしょうね。

RBS銀行 社債の利金をいただきました。

RBS銀行 社債 利金

さて、今回はそんな『欧州系の金融機関』の社債の1つであるイギリス大手のRBS銀行の円建て社債の利金をいただきました。この社債の利率は1.6%でありまして、保有元本は60万円分でした。個人での各種税金を差し引きした後の手取りでの受取金額は3,825円ということになります。

RBS銀行の社債が償還しました

RBS銀行社債 償還しました

RBS銀行社債 償還しました:利率1.6%という今となってはかなり美味しい債券だった『RBS銀行の社債』ですが、ついに償還の時を迎えてしまいまして、投資していた60万円がSBI証券の口座に帰って来ました。そのため、この60万円を再度投資する必要があるのですが、ポートフォリオのバランスをチェックしてみた所『株式:債券:リート=37:37:26』のバランスに比べ、株式がややプラス、債券・リートがややマイナスとなっていましたので、以下の3銘柄を売買してバランスを整えています。

2015/5/17 以下の3銘柄を売買しています。

NTTドコモ 売却

[9437]NTTドコモ 売却:1,000株→800株に減少しました。最近は営業利益がソフトバンク・KDDIに抜かれてしまい、国内3位に転落してしまった[9437]NTTドコモ。同社の営業減益は積極的な新プランの影響ではありますが、2016年3月期も営業利益はそう好転しない見込みでありまして、長年の株主としてはちょっと心配です。その一方で、今期の5円増配が好感されてか株価は堅調ですので、ここで200株切る事にしました。

1677 上場外債 購入

[1677]上場インデックス先進国債券 購入:70株→80株に増加しました。一時期、欧州の債券はかなりの高値まで買い進められておりまして、ドイツ10年国債は0.1%を切る水準だったんですよね。これはさすがに行き過ぎだったのか、この2週間で利回りがかなり巻き戻って来ています。そのため、ここはユーロ債券に全体の4割程度を投資している[1677]上場インデックス先進国債券を様子見の買い増しとしたいと思います。

iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF

[1590]iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF 購入:144株→188株に増加しました。アメリカもついに利上げが見えて来ているためか、金利上昇が一般的にマイナスに作用するとされているリートの値動きがややイマイチとなっています。数年単位で見ると今でも超高値圏ではあるのですが、様子見で約40万円分を買い増しすることにしました。

ということで、今回はイギリス大手の金融機関であるRBS銀行の円建て社債から利金・償還金をいただきました。さらに、今回の償還をきっかけに[9437]NTTドコモなど3銘柄を売買しまして、ポートフォリオの投資比率を『株式:債券:リート=37:37:26』のバランスに整えています。これからも、債券の償還をきっかけとしたリバランスは年に数回の頻度でちょくちょく発生する予定です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ