私の愛読紙『日経ヴェリタス』の販売店からお手紙『日経ヴェリタス+日経宅配購読キャンペーン』の案内をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

私の愛読紙『日経ヴェリタス』の販売店からお手紙『日経ヴェリタス+日経宅配購読キャンペーン』の案内をいただきました。

読者の皆さんは投資情報をどのようにして集めていらっしゃいますでしょうか?『情報が溢れている』と言われている現代社会では、インターネットを利用すれば情報自体はいくらでも集められるようになりましたよね。その一方で、いくらでも手に入る情報を『整理する能力』というのがこれからはますます重要になってくるのかもしれませんね。

さて、直接株式投資に役立つかはともかくとして、投資情報源として一番皆さんがお使いになっているのではないかと思われるのが日本経済新聞です。このブログをご覧になっている方の中でも、おそらくはこの日本経済新聞を読んでいるという方が3分の1〜半分程度はいらっしゃるのではないかと思います。

日経ヴェリタス 2015年5月10日号

日本経済新聞社 2015-05-10
売り上げランキング :
by ヨメレバ

当然ながら、私も普段から日本経済新聞を愛読しているんですけれども、私が読んでいる新聞はもう1つだけありまして、それが上のリンクでもご紹介している日経ヴェリタスなんですよね。投資をする上で必須の情報源ではないとは思うのですが、毎週日曜日に発行されるこのタブロイド版の新聞は全部で64ページ前後と非常に読み応えがありまして、特に日曜日に家でゆっくりしながら来週の投資戦略を練るという方にはうってつけの新聞ではないかと思います。

『日経ヴェリタス』はこんな新聞です。

日経ヴェリタスのウリ
※ 上記の画像は日経ヴェリタス公式ページから引用

日経ヴェリタスのウリ:さて、投資情報誌としての日経ヴェリタスのウリを同社の公式サイトから少しだけご紹介しておく事にしたいと思います。あくまで新聞ですので、その方針は日本経済新聞と大きく変わる訳ではないんですけれども、一番違うと感じる所は『1つ1つの記事の掘り下げ度』ですね。特に毎週のメインテーマとなる『巻頭特集』は5〜6ページに渡るのが定番となっています。新聞記事ではこれだけの長さの特集はなかなかないですよね。

日経ヴェリタスのお値段
※ 上記の画像は日経ヴェリタス公式ページから引用

日経ヴェリタスのお値段:と、内容面では個人的にお気に入りの日経ヴェリタスではありますが、そのお値段は多少高くなっています。この新聞は週刊なんですけれども、基本的には毎号の購読料が550円となっているんですよね。普段の日刊の日経新聞が定価160円である事を思うと、内容が豊富だとは言えどもちょっと高いかなという感想は否めませんよね。2年購読をすると413円/週まで値段が下がりますので、試しにAmazonなどで購入してみて良さそうであれば定期購読というのもアリなのかもしれませんね。

日経ヴェリタスの販売店から広告をいただきました。

日経宅配購読キャンペーン

日経宅配購読キャンペーン実施中です:さて、現在日経ヴェリタスは『宅配』で、日本経済新聞は『電子版』で購読している私なんですけれども、先日『日経ヴェリタス』を販売している販売店の方からDMをいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。このキャンペーンは兵庫県南東部の一部地域限定かもしれませんので、日経ヴェリタスを購読中の方皆に届いているという事はないのかもしれませんね。

日経宅配購読キャンペーンの内容

日経宅配購読キャンペーンの内容:今回のキャンペーンでは日本経済新聞も宅配版で取ってください。という事だそうなんですけれども、もし今回のキャンペーンで日本経済新聞の宅配版に申込をすれば、以下の5つの特典が受けられるんだそうです。

日経宅配購読キャンペーンの5つの特典
■ 商品券3,000円分プレゼント
■ よくわかる相続2015年版
■ ニュースがわかるQ&A
■ 日経業界地図2015年
■ 日本経済新聞購読料・月内無料

1つ1つの特典だけを見ると、そこまでの大盤振る舞いキャンペーンという訳ではないと思うのですが、全てあわせるとそれなりのお値段のキャンペーンだと思いますよね。最近は、旅行に行く事も少なくなりましたので日本経済新聞は『紙+電子版』のプランに変更しても悪くはないのかなとは思うのですが、それでも紙の新聞というのは資源が無駄な気がしてならないんですよね。地元のスーパーなどの広告が入るという点では良い所もあるのですが、そもそも日経だと広告が少なめですよね。

ということで、今回は兵庫県内の一部日経販売店で『日経ヴェリタス』を購読している人向けに送られて来た日経ヴェリタス+日経宅配購読キャンペーンの内容をご紹介しました。今回は実際に申込はしませんけれども、キャンペーンの内容としては『日経を宅配で読んでも良いかな』と思えるレベルだったかと思いますね。しかし、今回に限らず『新聞新規購読』の時はキャンペーンが大盤振る舞いなのが定番ですので、きちんとお得なキャンペーンを見極めたいですよね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ