今となっては相対的にマシは0.5%の定期預金。西京銀行の『スペシャル定期預金』と新生銀行の『スタートアップ円定期預金』のご紹介です。 - 高配当株で配当金生活

今となっては相対的にマシは0.5%の定期預金。西京銀行の『スペシャル定期預金』と新生銀行の『スタートアップ円定期預金』のご紹介です。

普通に国内の10年国債を購入してもその利回りが10年間で0.4%ソコソコという状況が続いている昨今。一時、この10年国債の利回りが0.2%前後まで落ちる事もありましたので、その時に比べるとまだ投資妙味はあるのかもしれませんが、それはともかくとして『どうしても国債に投資しなければならない』機関投資家ならともかく、個人投資家で0.4%の利回りを10年間固定させようとはなかなか思えませんよね。

10年国債の利回りでこの状況ですので、定期預金でこれ以上の利回りというのもなかなか難しい状況なのではないかと思います。今回の記事でご紹介する商品は、極端に美味しい商品という訳ではないと思うのですが、それでも相対的にはマシな方の商品ではないかと思いまして、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

西京銀行の『スペシャル定期預金』をご紹介します。

西京銀行 スペシャル定期預金
※ 上記画像は西京銀行のウェブサイトから引用

西京銀行 スペシャル定期預金:さて、記事の前半では西京銀行のスペシャル定期預金という商品をご紹介したいと思います。この西京銀行は山口県に本拠地を置く第2地銀なんですけれども、実は同社は上場企業ではないんですよね。しかしながら、中国地方の銀行としては2番目にネット銀行の支店を開設するなど『ネット銀行』関係のサービスには力を入れている銀行なのです。

さて、この西京銀行の『スペシャル定期預金』ですが、今回の条件は5年で0.5%の利率という事になっています。『スペシャル』と言うからには、本当は5年で1%とまでは言わないまでももう一声!と言いたい所ですが、この条件ならまあまあ頑張ってくれている方でしょうか。ちなみに、2015年5月中旬現在で5年ものの国債を購入すると、その利回りは0.1%前後となっています。

バドミントンの1部昇格を記念した定期預金のようですね。

バドミントン日本リーグ1部昇格記念です
※ 上記画像は西京銀行のウェブサイトから引用

スペシャル定期預金 バドミントン日本リーグ1部昇格記念です:今回の西京銀行の『スペシャル定期預金』ですけれども、その設定のきっかけは同社がバドミントン日本リーグ1部昇格を果たした事らしいですね。ちょっとマイナーな競技である事は否めないかもしれませんけれども、実は最近日本のバドミントンは強いそうなんですよね。2015年5月現在、日本代表に西京銀行所属の選手はいないようですけれども、いずれは見られる日がやってくるのかもしれませんね。

スペシャル定期預金 今回の条件です
※ 上記の表は西京銀行のウェブサイトから引用

スペシャル定期預金 今回の条件です:今回の西京銀行の『スペシャル定期預金』の条件は上記のようになっています。ネット上の支店である『ウェブ一丁目支店』に口座を持っている個人のお客様限定という注意点がある事には注意が必要ですね。また、預け入れ金額が100万円単位になっているという事にも注意が必要です。新規で口座を開設する場合は、申込が6月15日までとなっているようですので、興味のある方は公式ページをご覧いただければと思います。

新生銀行の『スタートアップ円定期預金』のご紹介です。

新生銀行 スタートアップ円定期預金
※ 上記画像は[8303]新生銀行のウェブサイトから引用

[8303]新生銀行 スタートアップ円定期預金:続いて[8303]新生銀行の期間限定サービスであるスタートアップ円定期預金をご紹介することにしたいと思います。この預金は『スタートアップ』と名前にある通り『新規で口座を開設した人』のみが対象となる事に注意をしておく必要がありますね。

具体的に言うと、口座を開設してから『3ヶ月目の月末20時』までに口座を開設する必要があるんだそうです。このキャンペーン目当てで口座を開設した人は預け入れするのを忘れる事はないとは思うのですが、もしこのキャンペーン目当てで新規に[8303]新生銀行の口座を開設するという方は忘れずに申込をするようにしたいですね。

なお、[8303]新生銀行の『スタートアップ円定期預金』は、店舗での申込の場合で300万円以上、ネット口座での申込の場合で30万円以上という縛りがあります。店舗の300万円ならともかく、ネットの30万円ならば意外に敷居は低いと言えるのかもしれませんね。半年ではありますが、相対的にお得な定期預金かなと思いますので、興味のある方は[8303]新生銀行のページをご覧くださいね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ