移住の下見にもオススメ!? [AIR]ニュージーランド航空の割引運賃『ゆったり過ごす 初冬のニュージーランド』をご紹介します。販売は5月18日まで。 - 高配当株で配当金生活

移住の下見にもオススメ!? [AIR]ニュージーランド航空の割引運賃『ゆったり過ごす 初冬のニュージーランド』をご紹介します。販売は5月18日まで。

個人的にはお気に入りの投資先として、当ブログでは度々登場するオセアニア系の2カ国。その2カ国とは、言うまでもなくオーストラリアとニュージーランドなんですけれども、私自身がこの2カ国を気に入っているのは、色々と旅行をし回った結果なんですよね。最近は移住先としても人気というこの2カ国。私自身は日本の生活が合っているので、移住しようとまでは思わないのですが、特にニュージーランドの方は『のんびりした生活好きで、コミュニケーション能力のある方』であれば結構オススメできるのではないかと思います。

ゆったり過ごす初冬のニュージーランド
※ 上記画像はニュージーランド航空のメルマガから引用

ゆったり過ごす初冬のニュージーランド 特別運賃:さて、今回はそんなニュージーランドのフラッグ・キャリアであるニュージーランド航空から特別運賃である『ゆったり過ごす初冬のニュージーランド』の案内をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。この運賃は、メールマガジンの読者でなくても購入する事が出来るようですね。

エコノミークラスもビジネスクラスも割引です。

ビジネスクラスが6万円引きです
※ 上記画像はニュージーランド航空のメルマガから引用

今回の割引運賃:さて、ニュージーランド航空の今回の割引運賃ですけれども、エコノミークラスで普段の15,000円引き、ビジネスクラスで普段の6万円引きというのが基本線となっているようですね。上記の運賃には燃油サーチャージや各種税金も入っているようですので、今の予約であれば本当にコミコミでほぼ上記のお値段でニュージーランドに行く事が出来るようです。

なお、ビジネスクラスの運賃が199,000円と319,000円の2種類あるのが気になってしまう方もいらっしゃると思います。12万円差というとかなりの差のように思えてしまうと思うのですが、実はこれは機材が違うためなんですよね。

安い方の199,000円のビジネスクラス便はボーイング767というちょっと古い機材が使われておりまして、椅子も正直な所国内線の上級クラス並みのレベルでしかありません。それ以外のサービスはビジネスクラスらしい素晴らしいサービスではあるのですが、期待しすぎるとちょっとあっけに取られてしまうかもしれませんね。

高い方の319,000円のビジネスクラス便はボーイング787という何かと話題の最新機が用いられています。こちらのビジネスクラスはフルフラットになるベッドが使われているようでありまして、私自身はこちらの方は乗った事がないのですが、ウェブ上の写真を見る限りは12万円の差は納得かなと思う内容ですね。お金があるという方は、ボーイング787便を選ぶのが良いでしょう。

ただ、今回のニュージーランド航空セール運賃。エコノミークラスと、ボーイング767の方のビジネスクラスでは比較的簡単に設定便が見つかるんですけれども、ボーイング787便についてはなかなか設定便が見つからないんですよね。やはり『良い座席』については『出来るだけ高い値段で乗ってくださいね』ということなんでしょうかね?

配当利回り4%台
※ 上記の画像はグーグルの検索結果から引用

配当利回り4%台のようです:さて、ニュージーランド航空と言えば、小さい国である『ニュージーランド』を拠点にしている航空会社ではありますが、同国から出るには航空便を使わざるを得ない環境だからか、国の規模の割にはちゃんと儲かっている航空会社のようでありまして、PERは10倍強、配当利回りも4%台という意外なまでに美味しい状況となっているようなんですよね。

ただ、私が利用している証券会社では、まだ同社のような『ニュージーランド株』を個別に購入出来る環境はありません。投資信託などを活用すれば買える事は買えるんですけれども、できれば同国に投資する時も『ディフェンシブ株』中心に投資したいと思っているので、個別株の方が望ましいんですよね。ニュージーランドやオーストラリアの株式が日本のネット証券で当たり前のように買える時代はやってくるのでしょうか?

ということで、今回は私が個別株として投資したい会社の1つであるニュージーランド航空から、ゆったり過ごす初冬のニュージーランド・特別運賃の案内をいただいた事を中心にご紹介しました。現在、日本国内の証券会社で同社の株式を直接買う手段はないと思うのですが、もしご存知だという方がいらっしゃれば情報提供をいただけると大変うれしく思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ