キューサイの青汁に高そうな麦焼酎も飲み放題です。[9202]ANAHDの羽田空港国内線ANAラウンジを利用しました。 - 高配当株で配当金生活

キューサイの青汁に高そうな麦焼酎も飲み放題です。[9202]ANAHDの羽田空港国内線ANAラウンジを利用しました。

今回は、先日の東京お出かけの時に利用しました[9202]ANAHDの羽田空港国内線ANAラウンジをご紹介することにしたいと思います。国内線の空港の中では圧倒的な利用者数を誇る羽田空港。そんな羽田空港では、ANAラウンジは2系統準備されておりまして、1つは超上級会員の方だけが利用できる『ANAスイートラウンジ』、もう1つが今回の記事でご紹介する『ANAラウンジ』となっています。

さて、以前は[9202]ANAHDの超上級会員である『ダイヤモンド会員』だった私。その時に利用した『スイートラウンジ』の記事は上記のリンク先になりますので、そちらも気になるという方は合わせてご覧いただければ幸いでございます。最近はブログ執筆を毎日続けようと思い、以前ほどは海外旅行に行かなくなりましたので、さすがに『ダイヤモンド会員達成』は難しくなってしまっています。

羽田空港国内線・ANAラウンジをご紹介します。

羽田空港国内線 ANAラウンジ

羽田空港国内線・ANAラウンジ 一番端の雰囲気:さて、2系統あるラウンジの中では『格下』のラウンジではありますが、それでも日本の玄関口・羽田空港のラウンジですので、国内線のどこの空港よりも豪華でセレブな空間を堪能する事が出来ます。普段から、ANAラウンジは『出口に近い所の方が混んでいて、端の方が空いている』という傾向にありますので、空いているのが好きという方は頑張って端の方まで歩く事にしましょう。

ANAラウンジ インターネットも使い放題です

羽田空港国内線・ANAラウンジ インターネットも使い放題です:最近は空港ラウンジでインターネットが使えない方が珍しいと思うのですが、当然ながら[9202]ANAHDの羽田空港ANAラウンジでもインターネットは使い放題となっています。最初回線につながると、上記のページが表示されるのですが、上記のページから色々なオリジナルのコンテンツをダウンロードする事ができるんですよね。そういう所でサービスの差別化を図っているようです。

・ANAラウンジ 携帯電話スペース

羽田空港国内線・ANAラウンジ 携帯電話スペース:国内のラウンジでは基本的には携帯電話の通話が禁止となっていますよね。ラウンジに来る見るからに偉そうなお客さんは堂々と違反している人も少なくないんですけれども、良識ある方はこういう携帯電話スペースで電話を使っています。実は、ここはオープンスペースなので『音的にはあまり変わらないのでは!?』という疑問はあるのですが、気にしすぎても仕方ないですよね。

ANAラウンジ 青汁と高そうなお酒

by カエレバ

羽田空港国内線・ANAラウンジ 青汁と高そうなお酒:ANAラウンジに限らず、国内の空港ラウンジと言えばなぜか遭遇率の高い『キューサイの青汁』。私は空港ラウンジでしか飲まないんですけれども、見かければ必ず1杯は飲むようにしています。そして、右側は大島の麦焼酎である『いつもの奴』という銘柄のようです。

さすが、羽田空港だけあって近所の伊豆大島のお酒置いているんだね・・と思ったのですが、上記販売ページを見てビックリ。この『大島』というのは伊豆大島でも有名な奄美大島でもなく、長崎県の『大島』という島の事なんだそうです。羽田空港だから『伊豆大島』だという思い込みは良くないですね。

新聞の数々

羽田空港国内線・ANAラウンジ 新聞・雑誌の数々:今回ラウンジを利用した時間は、夜の時間帯なので新聞は少し散らかって来ていますけれどもそれはさておき、さすが利用者の多い羽田空港のラウンジだけありまして、普通の新聞からスポーツ新聞に雑誌まで色々と取り揃えられていますよね。私も、普段は読まないようなスポーツ新聞などを敢えてラウンジなどで読む事があります。スポーツや芸能に興味がないからと言って全く知らないと、話題に置いて行かれる事がありますからね。

ということで、今回は久しぶりに[9202]ANAHDの羽田空港国内線ANAラウンジを利用しました。羽田空港に限らず、全国各地の空港の『ANAラウンジ』は同社の最上級クラスであるプレミアムクラスを利用すれば誰でも入る事が出来ます。上級会員になるのが面倒だけど、一度体験してみたいという方はちょっと贅沢をしてプレミアムクラスを一度利用してみてはいかがでしょうか!?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ