配当性向30%の[9687]KSK。今期は好業績見込みで大幅増配へ!? ランキング6位に初登場です。☆国内高配当株式トップ10(2015年5月8日現在) - 高配当株で配当金生活

配当性向30%の[9687]KSK。今期は好業績見込みで大幅増配へ!? ランキング6位に初登場です。☆国内高配当株式トップ10(2015年5月8日現在)

先週木曜日は基本的には5年に1回のイギリス総選挙の日でした。選挙なのに木曜日!?という疑問がある方もいらっしゃると思うのですが、週末には宗教系の行事があるということで国によっては選挙はいつも平日という国も少なくないんですよね。当然ながら平日だと仕事がある訳ですけれども、その分イギリスでは投票時間が午後10時までとなっておりまして、仕事帰りにも投票しやすくなっているんだそうです。

それはさておき、2大政党のいずれも過半数を獲得する事はできないという事前の予想だったにも関わらず、結果的には現与党の保守党が単独過半数という結果になりましたね。これはサプライズだったようで、株価もイギリスポンドも大きく上昇という結果になりました。その為替レートの動きは大きく、ここでウマく立ち回れば儲ける事ができたかもしれませんね。私はそういうウマい立ち回りというのは苦手なんですけどね。

さて、今回は2015年5月8日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第126回(2015/05/01):京都きもの友禅(4.10%)/ケル(3.97%)/夢真ホールディングス(3.73%)
第125回(2015/04/24):京都きもの友禅(4.11%)/ケル(3.95%)/ウェッズ(3.72%)
第124回(2015/04/17):ケル(3.99%)/ウェッズ(3.71%)/早稲田アカデミー(3.48%)
第123回(2015/04/10):アズマハウス(4.29%)/ケル(3.97%)/ウェッズ(3.66%)
第122回(2015/04/03):アズマハウス(4.31%)/ケル(3.98%)/ウェッズ(3.69%)

2015年5月8日現在のランキングです

1(ー):[7615]京都きもの友禅:4.08%(-0.02%)
2(ー):[6919]ケル:3.88%(-0.09%)
3(+1):[7551]ウェッズ:3.74%(+0.02%)
4(ー1):[2362]夢真ホールディングス:3.73%(-0.00%)
5(ー):[4718]早稲田アカデミー:3.60%(+0.00%)
6(再):[2317]システナ:3.52%(-)
6(ー):[6272]レオン自動機:3.52%(-0.04%)
6(初):[9687]KSK:3.52%(-)
9(ー1):[8096]兼松エレクトロニクス:3.51%(+0.03%)
10(ー3):[1737]三井金属エンジニアリング:3.45%(-0.04%)

今週のランキングを見てみたいと思います。先週の相場はゴールデンウイークの関係で実質2日しかなかった訳ですけれども、それでも2015年3月期の決算発表を行った企業の数は多く、今週は増配を伴う決算発表を行っている[9687]KSKが初めてのランクインとなっています。

[9687]KSK 配当予想の修正:さて、元々は1株=15円の配当水準が続いていた[9687]KSK。2014年3月期は創業40周年の記念配当として30円の配当が行われたんですけれども、配当性向30%を基準という事なので2015年3月期は24円の配当の予想となっていました。しかしながら、上記のIRによると2015年3月期の業績が思ったより良かった事から前期の配当は24円から25円に1円増配ということになったのです。

実は、先週木曜日にストップ高を演じている[9687]KSK。たったの1円増配で?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、ストップ高の要因は2016年3月期の32円という配当予想でありました。前期比7円増配でストップ高というのもちょっとやり過ぎかなとは思うのですが、今期の1株あたり純利益も伸びる見込みとなっているので株価2割程度上昇というのは妥当なのでしょうか。

さて、この[9687]KSKは私好みの『IT系』の会社ですね。この業界では中堅所だそうでありまして、最近はネットワーク関係のサービスの売上比率が半分程度を占めているようです。安定した販売先を確保できているのか、2012年3月期以降の営業利益がずっと8億円台でありまして、その安定業績がなんとも私好みなのです。

[9687]KSKの主要指標(2015年5月9日現在)

■ PER:8.56倍(予想)
■ PBR:0.67倍(実績)
■ ROE:7.9%(実績)
■ 配当利回り:3.52%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:50.9→-84.7→76.1→83.0→106.2(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:15→15→30→25→32(2016/03予想)

では、歳後に[9687]KSKの主要指標をチェックしておく事にしたいと思います。前述のように営業利益ベースでは最近鉄壁の8億円台の水準が続いていた同社なんですけれども、先日発表された2015年3月期の決算では営業利益が9.1億円と上方修正、そして2016年3月期の業績予想では9.7億円と久しぶりに8億円台の呪縛から解き放たれる事になるようです。

その一方で、時価総額も2桁億円という地味なIT系の[9687]KSKだからなのか、今の業績が継続すると仮定すれば指標面でも割安と言えると思うんですよね。配当性向30%を目安としているので、今の高配当は好業績が維持出来る事が前提ではあるのですが、同社のようなタイプの会社は業績の急変はあまりないと信じていずれは投資したいと思っている銘柄です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ