ゴールデンウイーク限定。イオン銀行の『こども預金』で特別金利キャンペーンを実施中です。USJスタジオパス全員プレゼントキャンペーンもご紹介。 - 高配当株で配当金生活

ゴールデンウイーク限定。イオン銀行の『こども預金』で特別金利キャンペーンを実施中です。USJスタジオパス全員プレゼントキャンペーンもご紹介。

日常生活でちょくちょく『イオン系のショッピングモール』を利用している私が、普段から愛用している普通預金の預入先はイオン銀行なんですよね。下のリンク先でご紹介しているイオンカードセレクトというイオンとイオン銀行との提携クレジットカードを利用すれば、イオンのポイントが貯まりやすくなるだけではなく、普通預金の金利も0.12%というソコソコの金利になってしまうので普段のお金の預け入れ先として重宝しています。

さて、このイオン銀行のイオンカードセレクトは、2015年5月31日までの期間限定で入会+利用で最大3,000円分のポイントがゲットできるキャンペーンを実施しています。3,000円分のポイントをゲットするには、7月10日までにショッピングで30,000円分の決済をしなくてはならないというハードルがあるのですが、普段からイオン系のスーパーを利用しているという方ならばそれほど高くはないハードルなのではないでしょうか?

こどもの日を記念して、子供向けキャンペーンを実施中です。

イオン銀行 こども預金キャンペーン
※ 上記の画像はイオン銀行の公式ウェブサイトから引用

イオン銀行 こども預金キャンペーン:さて、イオンのショッピングモールと言えば『ご家族連れ』での買い物が定番だと思うのですが、そういうイオン系の銀行だからか、ゴールデンウイーク期間中のキャンペーンとしてこども預金の特別金利キャンペーンを実施しているようですね。

実は、イオン銀行のこども預金の特別金利キャンペーンは前回年末・年始に実施されておりまして、その時の特別預金の金利は0.30%だったんですけれども、今回はその後の金利の低下傾向を反映してか0.25%にパワーダウンしてしまっています。まあ、これくらいであっても相対的にはマシなキャンペーンであると言えると思うんですけどね。

こども預金キャンペーンの対象定期預金

イオン銀行 こども預金キャンペーンの対象定期預金:今回のこども預金のキャンペーンの対象となっている定期預金ですが、上の画像でご紹介しているように『3ヶ月定期』『6ヶ月定期』の2つとなっています。キャンペーン金利自体が超大盤振る舞いというほどではありませんのでどちらを選択しても良いとは思うのですが、私ならばとりあえずは6ヶ月にしておくかなと思います。

USJスタジオパスプレゼントキャンペーン
※ 上記の画像はイオン銀行の公式ウェブサイトから引用

イオン銀行 USJスタジオパスプレゼントキャンペーン:さて、今回の『こども預金キャンペーン』に参加したお子様のご家族限定でさらにキャンペーンが実施されておりまして、それは全員に『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』のスタジオ・パス1日券がペアでプレゼントされるというものなんですよね。そのキャンペーンの条件は下記の通りです。

今回のキャンペーンの条件

■ 2親等以内のご家族のお子さまがこども預金へのお預入れ
■ 投資信託を取扱うイオン銀行店舗で対象の投資信託を合計100万円以上ご購入

さて、さらっと流してしまいそうなのですが、この『店舗で対象』というのが今回のキャンペーンのキモとなる部分なんですよね。イオン銀行では運用経費にあたる信託報酬が安い『インデックス系の投資信託』のラインナップが豊富ではあるのですが、実はこれらの商品は多くがネット限定となっておりまして、今回のキャンペーンの対象にはならないので注意が必要です。

日本インカムオープン
※ 上記の画像はイオン銀行の公式ウェブサイトから引用

ニッセイ 日本インカムオープン:キャンペーン目当てで投資信託を購入する場合は、その基準価額の変動がまったりとしてそうな『国内債券』ものを購入するのがセオリーだと思います。例えば、上記の『ニッセイ 日本インカムオープン』はキャンペーンの対象となっている商品ではあるのですが、今のご時世に購入手数料が1.62%もかかってしまう商品なんですよね。本来、こういったキャンペーンは購入手数料0の商品で国内債券ものを買うというのが王道だと思っているのですが、そうは問屋が卸さないようです。

ということで、今回は私が愛用している銀行の1つである『イオン銀行』のゴールデンウイーク限定のこども預金キャンペーンなどをご紹介しました。今回のキャンペーンは5月12日までの開催となっているようですので、興味があるという方はこの週末などにイオン銀行のお店を訪れてみる事をオススメしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ