イオン[8267]から期末配当金と定時株主総会の招集通知をいただきました。無料のイオンカード作成で3,000円ゲットできるキャンペーンもご紹介。 - 高配当株で配当金生活

イオン[8267]から期末配当金と定時株主総会の招集通知をいただきました。無料のイオンカード作成で3,000円ゲットできるキャンペーンもご紹介。

国内2大流通グループの1角である[8267]イオン。私の住む関西地区は元々ダイエーの牙城だったため、[3382]セブンアンドアイHDのイトーヨーカドーのお店も[8267]イオンのお店もそこまで多くはなかったのですが、それでもダイエーが[8267]イオン系となった今、関西地区もこれからイオン系のお店がどんどん増えて行くのでしょうか!?

8267 イオン 配当金支払いに関するお知らせ

[8267]イオン 配当金支払いに関するお知らせ:さて、[8267]イオンは2月決算の会社でありまして、株主総会はこれから開かれる事になるんですけれども、その期末配当金については2015年4月9日に行われた同社の取締役会の決議をもとに2015年4月30日に支払われています。なお、今期は普段の13円の配当に加えて40周年の記念配当1円が支払われていますね。

イオンカード 3,000円相当プレゼントキャンペーン実施中:さて、普段から[8267]イオン系のスーパーやショッピングモールを利用しているという方に欠かせないのがイオンカードではないかと思うんですよね。2015年5月31日までの期間限定で、無料カード作成と3万円分以上のカード利用で3,000円相当のポイントがいただけるキャンペーンを実施していますので、この機会にイオンカードを作成してみてはいかがでしょうか?

イオン[8267]の株主優待(2月/8月 年2回)

優待カード(オーナーズカード)で以下の金額をキャッシュバック
■ 100株〜499株:3%
■ 500株〜999株:4%
■ 1,000株〜2,999株:5%
■ 3,000株〜:7%
※ オーナーズカード保有者は全国のイオンの『イオンラウンジ』が利用可能です。

[8267]イオンの株主総会は幕張メッセで行われます。

株主総会の場所

[8267]イオンの株主総会招集通知:さて、民主党の岡田代表の選挙区が三重なので、どうしてもイオン=三重というイメージがありますよね。同社の創業の地が三重という事は歴史上の事実ではあるんですけれども、今の[8267]イオンの本社があるのは千葉市の幕張地区になります。ということで、同社のお膝元である幕張メッセで株主総会が行われるようですね。

[8267]イオンから期末配当金をいただきました。

8267 イオン 期末配当金

さて、今回は[8267]イオンから1株あたり14円の期末配当金をいただきました。保有株数は個人で100株、法人で100株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、合計で受け取った金額は2,300円ということになりました。

イオン[8267]の主要指標(2015年5月1日現在)

■ PER:30.62倍(予想)
■ PBR:1.03倍(実績)
■ ROE:4.2%(実績)
■ 配当利回り:1.88%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:87.2→95.7→55.9→50.2→48.7(2016/2予想)
■ 直近5期の配当推移:23→24→26→28→28(2016/2予想)

では、最後に[8267]イオンの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。直接のライバルと言える[3382]セブン&アイHDは営業利益・純利益ともに絶好調な推移となっているんですけれども、[8267]イオンの方はというと2014年の2月期からはちょっとイマイチな業績推移となってしまっていますね。明暗分かれている一番の理由は傘下のコンビニが強いかどうかという事につきると思います。

前期、2015年2月期の営業利益は前の年から▲17.5%の1,414億円となっています。マイナスではありますが、消費税の増税もあった事ですしこのレベルの減益であれば許容範囲内かもしれませんね。ただ、株価の方が最近の優待人気も相まって業績減速の割には堅調な推移となっており、指標面では割安感が無くなっています。ここからの買い増しは個人的には避けたい所ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ