利率1.43%の円建て劣後債。住信SBIネット銀行株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)の利金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

利率1.43%の円建て劣後債。住信SBIネット銀行株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)の利金をいただきました。

日本では金融危機前後の時期から急に見かけるようになった劣後債。最初にこの『劣後債』が発行され始めた頃は、賛否両論あったように思えるのですが最近は昨年話題となった『ソフトバンク劣後債』を除くと新規での発行を見かける回数が減っていますので、劣後債自体に対する論評を見る機会が減っているように思いますね。

劣後債は、償還や発行体の解散または破綻時に他の債務への弁済をした後の余剰資産により弁済される債券である。このため、普通の債券による資金よりは株式発行などにより得られる自己資本に近い性格の資金となる。そのため、通常は同じ会社が発行する普通の債券よりも高い金利が設定される。購入者の立場からは、普通の債権よりもリスクが高まる代わりにリターンも高くなる金融商品である。(Wikipediaより引用)

さて、その劣後債を簡単に復習しておきたいと思いますが、素直に説明すると上のような文章になります。要するに黄色いマーカーを塗っている所が重要でありまして、購入者の立場から見るといざという時にお金が帰ってこなくなる可能性が普通の債券よりも高い代わりに、受け取れる利金の利率も高くなっているということなんですよね。

住信SBIネット銀行株式会社 劣後債の利金をいただきました。

住信SBIネット銀行株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)
※ 上記画像は住信SBIネット銀行のウェブサイトから引用

住信SBIネット銀行株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付):さて、ここで今回利金をいただいた債券である住信SBIネット銀行株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)の条件を復習しておきたいと思います。基本的には受け取れる利金は1.43%という事になっていますね。6年目以降は利率がアップする変動金利となっているのですが、こういう条件の場合は一般的に5年で償還される事となっています。

利金

ということで、今回は住信SBIネット銀行株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)の利金をいただいています。保有元本は40万円分、利率は1.43%でありまして、個人での源泉徴収税を差し引いた後で実際に受け取った利金の金額は2,279円ということになりました。

SBI証券のウェブサイトで購入出来ます

SBI証券のウェブサイトで購入出来ます:今回の住信SBIネット銀行株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)ですが、SBI証券のウェブサイトでは『既発債券』として2015年4月下旬現在でもまだ販売が行われています。販売時とは経済条件が代わってきてしまっていますので、今購入すると利回りが0.746%でしかなく、この水準で買っても良いものかというのはちょっと迷う所ですよね。興味のある方は、SBI証券のサイトで検討してみてくださいね。

個人向け社債は、以下の2証券会社が個人的にオススメです。

SBI証券
■ 『SBIホールディングス社債』の魅力的な利率
■ ただし、抽選が行われるため買えるとは限りません
■ 募集回数は比較的多め。口座は準備してチャンスを伺いたいですね


資産運用始めるなら!マネックス証券
■ 今の所抽選がなく申し込めば買える『マネックス債』
■ 前回の期間5年で1.5%という利率はまあまあの好条件!?
■ 発行回数が少なめ。前回の発行は2013年12月でした

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ