久しぶりのリバランスを伴った売買。絶好調な[1681]上場インデックス新興国株式ETFを売却して、債券系・リート系の商品を買い増しです。 - 高配当株で配当金生活

久しぶりのリバランスを伴った売買。絶好調な[1681]上場インデックス新興国株式ETFを売却して、債券系・リート系の商品を買い増しです。

性格的に『常に弱気』な私は、日経平均株価が1万円を超えたあたりから既にもう高いだろうと思い続けてきました。私自身のそういう弱い性格に打ち勝つために、配当金生活のポートフォリオでは、事前に決めたルールに従って売買をする事に決めているんですよね。

そういう確固たるルールを事前に決めずに流れで売買していたのであれば、上げ相場の途中でほとんどの保有株・リートを売ってしまっていたと思います。私のように芯が強くないと自覚する方は『事前のルール』を策定しておいた方が良いのかもしれませんね。

さて、日経平均株価に採用されるような主要株がアゲアゲの昨今ではありますが、配当金生活のポートフォリオで保有している日本株の割合は全体の18%ほどですし、さらに日経平均などの株価指数の動きに左右されにくい『小型株』『優待株』が中心の構成となっているため、私のポートフォリオの値動きは『我が道を行く』状況となっています。

そんな状況ではありますが、本日私が保有していた債券が200万円程度償還されましたので、このお金を再度どこに振り分けるかを考えつつ、少しだけリバランスを伴う売買を行っていますので読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。最近は、利益確定時以外にほとんど売買を行っていなかったので、リバランスの売買というのは久しぶりということになりますね。

2015年4月23日に売買したのは以下の4銘柄となります。

今日は債券が200万円分償還されましたので、本来であれば債券を再度購入というのが筋だったのですが、ポートフォリオのバランスを確認してみた所、基準となる株式:債券:リート=37:37:26から株式だけプラス、債券・リートがマイナスという状況になっていましたので、この機会に株式を一部売却して債券とリートを買い増しすることといたしました。

1681 上場インデックス新興国債券 売却

[1681]上場インデックス新興国株式:保有していた620株を全部売却しました。最近は新興国全体を見ると好調な所も不調な所もあってまだら模様だとは思うのですが、中国・インドといった主力国の調子が良いためか新興国株式ETFとしては結構な値上がりとなっていたんですよね。

個人的な事情でもありますが、先日『[1362]iシェアーズ新興国債券ETFを買おうと思ったら[1582]iシェアーズエマージング株ETFを間違えて買ってしまった』という専業投資家失格とも言うべき事件を起こしてしまい、新興国株式の保有が普段よりも多めとなっていましたので、この機会に半分程度を利益確定することにしたいと思います。

iシェアーズ米国リート・不動産株ETF

[1590]iシェアーズ米国リート・不動産株ETF:42株買い増しして合計144株の保有となりました。米国長期金利が上がれば米国リートにはマイナスに働くと言われている昨今ですけれども、リバランスで国内リートを買い増しするよりはまだマシか!?と思いまして、消去法での買い増しとなっています。

上場インデックスファンド海外債券

[1677]上場インデックスファンド海外債券:30株買い増しして合計70株の保有となりました。本当は米国ETFの[AGG]米国総合債券ETFを買い増ししようと思ったのですが、あろうことか米国株用の口座にお金が入っていないという投資家失格の状況となってしまっておりまして、今回は[1677]上場インデックスファンド海外債券を購入する事になりました。まあ、1日待って[AGG]米国総合債券ETFを買っても良かったんですけどね。

iシェアーズ新興国債券ETF

[1362]iシェアーズ新興国債券ETF:76株買い増しして合計168株の保有となりました。新興国債券は2013年のバーナンキショックの時のように『大崩れした時』に買うのが良いと思っているのですが、『その時』がいつ訪れるかというのは誰にも分かりませんので、とりあえずは買い増ししておく事にしました。相場が崩れる可能性はあると思うのですが、目の前の5%台の利回りは魅力的ですよね。

ということで、今回は私が保有している債券の一部が償還された事をきっかけに『国内上場の海外商品もののETF』を中心にリバランスを伴った売買を行いました。リバランスはそれを行う時に『売却に伴う税金』が発生するので行わない方が良いという意見もあるようですが、法人口座の場合は『どっちみち年に1回時価評価して税金』が発生してしまうので、法人口座の場合であれば積極的にリバランスを行っても良いのかなと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ