期間限定の大チャンス。[2702]日本マクドナルドのマックカード500円分をたったの100円でゲットできてしまいます。 - 高配当株で配当金生活

期間限定の大チャンス。[2702]日本マクドナルドのマックカード500円分をたったの100円でゲットできてしまいます。

先週4月17日に2015年12月期の赤字大幅拡大見通しを発表した[2702]日本マクドナルド。今期の売上高が前年度比▲10%、250億円の営業赤字、380億円の純損失というのは個人的にはちょっと見積もりが甘いような気もしないでもないんですけれども、それはそれとしてこの水準の赤字であったとしても同社に取っては大打撃である事には変わりはないと思うんですよね。株主としては心配です。

ちなみに、関西地方では[2702]マクドナルドの事をマクドと呼ぶ事はご存知の方が多いと思うんですけれども、なんとビックリな事に関西ローカルニュースだとちゃんと『マクド』と画面上でも表示されるんですよね。上記の画像は関西でしか放送していないニュース番組なので、ある意味当たり前ではあるのですが、他の地域の方が見るとちょっと新鮮に思えるかもしれませんね。

日本マクドナルドホールディングス[2702]の株主優待 (12月6月/年2回)

優待食事券
■ 100株〜:1冊
■ 300株〜:3冊
■ 500株〜:5冊
※1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1枚になったシート6枚

株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。
出品はかなり多め。[2702]日本マクドナルドの株主優待券の相場をチェック

クーポンサイトのポンパレでマックカードキャンペーンを実施中です。

さて、今回の記事でご紹介するのは[6098]リクルートHDのクーポンサイトであるポンパレです。過去に何回かブログ内でご紹介した事がありますので、既にご存知の方も多いと思うんですけれども、人気のマックカード500円分キャンペーンが帰ってきましたので、ここで改めて同社のサービスをご紹介することにしたいと思います。

世界的に最近は利用が広がっているという『クーポン系のサービス』。私自身は面倒なのであまり使った事がないんですけれども、私の周りの友達で実際に利用しているという話を聞いた事があります。例えば、外食系のお店だとクーポン利用の食事は本当にお得なものもありますよね。

クーポンを提供する出店者側からすると、直感的には『損』なように思えてしまうのですが、そのお店自体に魅力があれば一定の割合の方はリピーターになってくださるはずです。私がネット通販店長をしている時も、そういう効果を期待して敢えて赤字で販売する商品をいくつか設定していたものでした。そこからリピートにつなげられるかは、店長の腕次第だと思うんですよね。

さて、現在はクーポンサイトのポンパレにおきまして、マックカード500円分を100円で購入出来るキャンペーンを実施しています。このキャンペーンは[2702]日本マクドナルド提供と言う訳ではありませんので、[6098]リクルートHDの持ち出しとなる訳なんですけれども、会員獲得に400円+郵送代がかかってしまったとしても、元は取れるという計算なんですね。

ちなみに、クーポンサイトのポンパレでは、一時期マックカード0円というとんでもないキャンペーンを実施していた時期がありましたが、しばらくして見なくなりました。会員獲得にかかる100円のコストの差は小さいように思えるのですが、その後リピートにつながるか・・という事を考えると『最初に100円でも払ってくれる顧客リスト』というのは全然違うのだろうというのが、元ネット通販店長の私の意見です。

さて、今回のキャンペーンでクーポンサイトのポンパレのキャンペーンを利用してマックカードをゲットしようという読者の方もいらっしゃると思うのですが、上記のバナーかこちらのリンクから登録を行うと、さらに1,000円分のクーポン券をゲットする事ができます。

このクーポン券は上のようにメールにて届くものなんですけれども、注意しないといけないのは1,500円以上買い物をしないと使えないという事なんですよね。ということで、今回のキャンペーンに乗っかってポンパレをお試しで利用する場合は、最初のマックカードと、1,500円スレスレのお買い物でこの1,000円分のクーポン券まで消費してしまうというのが一番お得なパターンになります。

実際の所は、最初のこれくらいの金額だけ・・・と思っていてもいずれ意外なほど高いものを買ってしまうというのがネット通販の恐ろしさだと思うんですよね。元通販店長の私は、その恩恵を受けてきた訳なんですけれども、読者の皆様は魅力的なクーポンが色々と出て来るクーポンサイトのポンパレで、ついつい買いすぎてしまう事のないように気をつけてほしい所ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ