好景気下にあっても業績ヨコヨコ・株価ヨコヨコの超出遅れ銘柄。医療系の[5187]クリエートメディックから配当金と期末報告書です。 - 高配当株で配当金生活

好景気下にあっても業績ヨコヨコ・株価ヨコヨコの超出遅れ銘柄。医療系の[5187]クリエートメディックから配当金と期末報告書です。

アベノミクス相場前夜から見ると、既に2倍以上となってしまっている日経平均株価。景気が全体的に良くなっているため、当然ながら業績もその間に伸びている企業が多く、実際の株価は2倍どころかそれ以上になっているという銘柄が少なくないように思うんですよね。皆さんの持ち株の中にも、中には3倍・5倍・10倍となっている銘柄があるのではないでしょうか?

そんなここ数年の株式相場ではありますが、私個人としてはこういう時だからこそ『業績ヨコヨコ』『株価もヨコヨコ』の銘柄を狙って行きたいと思っています。こんな景気が良い時に業績ヨコヨコの銘柄なんて景気悪化時に心配じゃない?とお考えになる方もいらっしゃると思うのですが、今回の記事でご紹介するような『医療系』の銘柄の場合は景気との連動をあまり考えなくても良いのではないかと思うんですよね。

5187 クリエートメディック 事業報告書

[5187]クリエートメディック 事業報告書:ということで、今回はそんな『医療系』の銘柄の1つである[5187]クリエートメディックから事業報告書と配当金をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社は『使い捨ての医療器具』をメインに製造しているメーカーですね。その取扱い商品の売れ行きが景気との連動性が低そうだというのは魅力的ではないかと思います。

からだにやさしい未来の医療を築く

からだにやさしい未来の医療を築く:綺麗事かもしれませんけれども、私は医薬品系や[5187]クリエートメディックのような医療系の会社は『崇高な理念を持っている』と感じるんですよね。上記は、同社の事業報告書の表紙裏に欠かれてある言葉ですけれども、同社の主力商品であるカテーテルはできるだけ体に苦痛を伴わないものを目指しているんだそうです。当然痛み0と言う訳にはいかないんでしょうけれども、これからも技術開発に勤しんでほしいですよね。

クリエートメディック それなりに安定した業績

[5187]クリエートメディック それなりに安定した業績:中期的に見てみると、その売上高はヨコヨコ〜微増傾向である[5187]クリエートメディック。これで営業利益もヨコヨコ〜微増傾向であればウレシイんですけれども、過去数年は医療器具の公定価格の改訂などの影響を受ける形で、売上高は伸びるも利益が伸びないという苦しい状況が続いていました。これからも挽回なるかに注目ですね。

[5187]クリエートメディックから配当金です

5187 クリエートメディック 配当金

さて、今回は[5187]クリエートメディックから1株あたり19円の期末配当金をいただきました。保有株数は500株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は8,046円ということになりました。

[5187]クリエートメディックの主要指標(2015年4月13日現在)

■ PER:17.73倍(予想)
■ PBR:0.78倍(実績)
■ ROE:3.9%(実績)
■ 配当利回り:3.35%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:60.7→53.3→55.5→51.0→59.0(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:33→33→35→35→35(2015/12予想)

では、最後に[5187]クリエートメディックの主要な指標をチェックしておきたいと思います。前述のように、最近の好景気の中で1株あたり純利益(EPS)面ではヨコヨコの推移が続く同社は、業績面でも株価面でも相対的にはかなり出遅れている銘柄であると言えると思います。

2011年〜2013年頃は株価は800円前後、配当金が33円で配当利回り4%という状況が2年ほど続いたんですけれども、それ以降は株価はやや上昇しておりまして、配当利回りは3%台の半ばまで下がってきていますね。ただ、この間の株価の上昇は30%程度でしかありません。2倍以上になっている日経平均株価と比べると相対的にはまったり推移と言えそうですよね。

個人的には、これからも同社には今までと同様に業績ヨコヨコ・株価ヨコヨコ推移を期待したいと思っています。同社が扱っている商品は、販売個数ベースではこれからもヨコヨコ〜微増で推移できると思うんですよね。販売価格の下落が気になりますが、これは企業努力でなんとかしてもらうしかないですね。いずれ、株価が800円前後まで戻ってきて、配当利回りが4%を超えるのであればまた買い増しをしても良いのかなと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ