高配当安定も業績自体はヒットを出せるか次第?前期は好業績・パチンコ系の[6257]藤商事です ☆国内高配当株式トップ10(2015年4月10日現在) - 高配当株で配当金生活

高配当安定も業績自体はヒットを出せるか次第?前期は好業績・パチンコ系の[6257]藤商事です ☆国内高配当株式トップ10(2015年4月10日現在)

普段は毎週日曜日の午後8時〜午後9時くらいにアップするように努力している『高配当株式トップ10』ですけれども、本日は記事をアップするのが遅くなってしまいました。これは、本日投開票が行われた統一地方選挙の開票速報を見ていたためなんですよね。

私の住んでいる兵庫県におきましては、今回の兵庫県議会議員選挙の投票率は40%強でしかなかったようです。今回は、神戸市の地域政党が誕生したり、関西では人気の維新が本格参戦してきたりなど、以前より政党の数が増えまして選択肢の多い楽しい選挙だと個人的には思ったのですが、残念ながら県民の皆さんの興味はあまり・・という感じでしたね。

さて、今回は2015年4月10日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第122回(2015/04/03):アズマハウス(4.31%)/ケル(3.98%)/ウェッズ(3.69%)
第121回(2015/03/27):アズマハウス(4.25%)/ケル(3.88%)/ウェッズ(3.69%)
第120回(2015/03/20):アズマハウス(4.02%)/リベレステ(3.83%)/ケル(3.75%)
第119回(2015/03/13):リベレステ(4.03%)/アズマハウス(4.01%)/テー・オー・ダブリュー(3.72%)
第118回(2015/03/06):リベレステ(4.01%)/アズマハウス(4.00%)/テー・オー・ダブリュー(3.69%)

2015年4月10日現在のランキングです

1(ー):[3293]アズマハウス:4.29%(-0.02%)
2(ー):[6919]ケル:3.97%(-0.01%)
3(ー):[7551]ウェッズ:3.66%(-0.03%)
4(ー):[1737]三井金属エンジニアリング:3.57%(-0.07%)
5(+2):[4718]早稲田アカデミー:3.51%(+0.06%)
6(ー1):[2169]CDS:3.45%(-0.10%)
6(ー):[6257]藤商事:3.45%(-0.02%)
8(ー):[8096]兼松エレクトロニクス:3.40%(-0.04%)
9(ー):[3834]朝日ネット:3.39%(-0.03%)
10(ー):[6379]新興プランテック:3.38%(-0.01%)

今週のランキングを見てみたいと思います。今週は、先週とトップ10の顔ぶれが全く変わらなかっただけではなく、その順位もほとんど変わらないという大変珍しい週でありました。最近、日経平均に採用されれるような大型株はその株価が元気な推移となっている所が多いですけれども、このコーナーでご紹介するような小型株は動きが少ない所が多いようですね。

さて、今回の記事では今週は6位にランクインしている[6257]藤商事を詳しくみておく事にしたいと思います。ジャスダックに上場する同社は、会社名だけを見ると『お堅い業種』のように見えてしまうかもしれませんが、実際はパチンコ、パチスロ機中堅メーカーなんですよね。

パチンコ・パチスロ系が『お堅い』業種とは呼べないという感想をお持ちの方が多いと思いますが、それはともかくとして同社のような『悪い意味ではなくちょっと反社会的』な銘柄については人気がなくて割安に放置されている所が多いように感じます。特にパチンコ系やサラ金系にその傾向が見られる気がしますね。

一時期は、配当金生活のポートフォリオで積極的に『パチンコ・パチスロ』系の銘柄に投資してい事があったんですけれども、最近はパチンコ・パチスロ人口が減っているというニュースを見る事が多くなってきたので、業界の先行きにやや不安を感じ持ち株数は減らしています。カジノ関係で一発逆転という可能性はなきにしもあらずだとは思うんですけどね。

藤商事[6257]の主要指標(2015年4月12日現在)

■ PER:7.37倍(予想)
■ PBR:0.73倍(実績)
■ ROE:5.9%(実績)
■ 配当利回り:3.45%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-29.1→164.2→125.5→110.2→196.8(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:45→45→50→50→50(2015/03予想)

では、最後に藤商事[6257]の主要指標をチェックしておく事にしたいと思います。実は、同社の前期業績は元々の経常利益予想を54%も上回って来る『超好業績』という予想数字が出来てきています。これは、同社の前期の新作のパチスロ機がヒットしたためということなんですよね。

基本的には業績安定の起業への投資を好む私ですけれども、[6257]藤商事のようなパチンコ・パチスロメーカーはどうしても『ヒットを出せるかどうか』に業績が左右されてしまう傾向にあります。ただ、同社の場合は業績の上下は激しくとも配当金については安定傾向にあるんですよね。今後も、1株=50円の配当はキープできると期待して、ヒット作に恵まれない年に業績減速・株価下落する事があれば買い増したいと思っている銘柄です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ