時価総額的にも分配金利回り的にもまさに平均的。なぜか川崎市に強いリート[8987]ジャパンエクセレント投資法人から分配金です。 - 高配当株で配当金生活

時価総額的にも分配金利回り的にもまさに平均的。なぜか川崎市に強いリート[8987]ジャパンエクセレント投資法人から分配金です。

私はリートに投資するにあたっては基本的には時価総額上位〜中位までの銘柄に投資するようにしています。時価総額が下位の銘柄であっても[3287]星野リゾート投資法人のように今を時めく銘柄があったり、[8977]阪急リート投資法人のように積極的に物件取得に動かないだけ!?と思えるような銘柄もあるにはあるんですけれども、基本的には中上位の銘柄の方がスポンサーがしっかりしているというイメージがあるためなんですよね。

8987 ジャパンエクセレント投資法人 資産運用報告書

[8987]ジャパンエクセレント投資法人 資産運用報告書:さて、今回はリートの中では『中堅中の中堅』と呼んでも差し支えないくらい時価総額・分配利回りともにまさに『平均的』な銘柄である[8987]ジャパンエクセレント投資法人から資産運用報告書と分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介するようにしたいと思います。

ジャパンエクセレント投資法人 分配金の推移

[8987]ジャパンエクセレント投資法人 分配金の推移:[8987]ジャパンエクセレント投資法人の分配金の推移を見ておきたいと思います。最近は良い意味で2,400円前後で超安定となっている同社の分配金水準なんですけれども、よくよく見てみるとリーマンショック前の好景気の時は3,000円台が当たり前だったんですよね。

そう思うと、現状の分配金水準がちょっと物足りなく思えてくる一面もあるんですけれども、同社のようなオフィス系の銘柄は、金融危機後に分配金を落とした所が多く、最大手の[8951]日本ビルファンドであってもまだ浮上できていないんですよね。最近はオフィス物件の空室率が下がっておりまして、現状の景気が続くのであればいずれ賃料水準も上がって来るものと思います。最近のオフィス系銘柄の分配利回りの低さはその期待もあっての事なんでしょうね。

ジャパンエクセレント投資法人 一流のスポンサーたち

[8987]ジャパンエクセレント投資法人 一流のスポンサーたち:個人的に国内リートに投資するにあたって一番重視しているのがバックについているスポンサーです。最近、リート投資を始めたという方はあまり気にしていないポイントだと思うのですが、あの金融危機の時はスポンサーの強弱で明暗が分かれたと言っても過言ではなかったんですよね。

今の状況だけみていると、せめて今くらいの景気水準はこれからも永続的に続いて行くのでは・・・と思えてしまうのですが、あの時のような、もしかするとあれ以上のゴタゴタは今後もないとは言い切れないと思います。その時に備えて、私は今後も一流スポンサーがバックに付いている銘柄のみに投資を行うようにしたいと思います。

ジャパンエクセレント投資法人 川崎の投資比率が下がっています

[8987]ジャパンエクセレント投資法人 川崎の投資比率が下がっています:個人的にはオフィス系リートの中では『ソコソコの物件』を揃えているというイメージの[8987]ジャパンエクセレント投資法人。初期の頃は川崎リートかと思うくらい神奈川県川崎市への投資比率が高かったのですが、その後他の地域の物件取得が続いたため現在の川崎市への投資比率は23%にまで下がっています。

川崎が悪いと言う訳ではなく、むしろ都心から10〜20分ほどで行ける好立地だと私は思ってはいるんですけれども、都心重視のリートが多い中では相対的にはイマイチだと感じてしまいますよね。ちなみに、都心の物件取得を進めた結果、現在の[8987]ジャパンエクセレント投資法人の都心への投資比率は56%程度まで上昇してきています。

[8987]ジャパンエクセレント投資法人から分配金をいただきました。

8987 ジャパンエクセレント投資法人 分配金

さて、今回は[8987]ジャパンエクセレント投資法人から1口あたり2,507円の分配金をいただきました。保有口数は8口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は16,985円ということになりました。

記事の前半でも述べたように、その時価総額においても分配金利回りにおいてもまさに『平均的』な水準にある[8987]ジャパンエクセレント投資法人。最近は、リート市場自体が全体的に好調なので、その分配金利回りは3%強での推移が続いていますね。

[8987]ジャパンエクセレント投資法人が上場して今で8年半。この間の同社の平均分配金利回りは5.59%だったんだそうです。この間、金融危機があったり不景気があったりと色々あったんですけれども、今の3%前後という利回りはかなり低いように思えてしまいますよね。今後、分配金が増えて行く可能性はあるとは思うのですが、あまりに楽観視はしすぎることはなく『利益確定』を視野にいれておきたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ