持ち株会社化の影響で今期が最後の配当金となります。[7861]東京リスマチックから配当金と事業報告書をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

持ち株会社化の影響で今期が最後の配当金となります。[7861]東京リスマチックから配当金と事業報告書をいただきました。

私のように多くの銘柄に投資をしていると気付いたらその銘柄が消えていたという体験をした事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。会社合併・再編などによる名称変更・銘柄コード変更が起こる時にそういう事象が発生する訳なんですけれども、たまにしかそういう銘柄は出てこない訳でありまして『あれ?なくなってしまったの?』と慌ててしまう事もありますよね。

7861 東京リスマチック 事業報告書

[7861]東京リスマチック 事業報告書:さて、今回はそんな『無くなってしまった』銘柄である[7861]東京リスマチックから事業報告書と最後の配当金をいただきましたので、ご紹介する事にしたいと思います。

東京リスマチック 持ち株会社に変更となりました

[7861]東京リスマチック 持ち株会社に変更となりました:[7861]東京リスマチックが上場を廃止した理由は、持ち株会社を設立するためです。新しい会社は『東京リスマチックHD』でも良かったと思うんですけれども、ガラッと雰囲気を変えて[7861]日本創発グループという名前になりました。個人的には前の名前の方がちょっと『オシャレ』な感じがして自分好みだったんですけれども、こればかりは仕方ない事ですよね。

前期はダメダメ業績でした

[7861]東京リスマチック 前期はダメダメ業績でした:さて、[7861]東京リスマチックとしての最後の前期業績は、売上高ベースでは+で推移したんですけれども、工場を再編した事による移設費用・新規投資などの投資が先行した事により、経常利益ベースでは赤字ということになってしまいました。ただ、工場の再編に伴い不動産を売却しているため、純利益ベースでは大黒字という事になっています。

『工場移転に伴い新規投資を行った』とあったんですけれども、確かに上の貸借対照表を見てみると建物及び構築物・機械装置及び運搬具の欄の数字がめっちゃ増えていますよね。確かに、これだけ機械が増えてしまうと減価償却費がかさんでしまうのは仕方がない事なのかもしれません。それに対応する売上増を来期には期待したい所ですね。

東京リスマチック M&Aに積極的です

[7861]東京リスマチック M&Aに積極的です:さて、[7861]東京リスマチックが持ち株会社化した理由の1つがM&Aに積極的になるためです。前期はなんと4社ものM&Aを行っているそうなんですけれども、そのうちの1つが上記の画像でご紹介している美松堂です。昔ながらの雑誌・コミックス・文庫分などの印刷に強いということなんですけれども、機械自体は続々と最新のものを投入しているようですね。

[7861]東京リスマチックから配当金をいただきました。

7861 東京リスマチック 配当金

さて、今回は[7861]東京リスマチックから1株あたり6円の最後の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は1,525円ということになりました。

[7861]東京リスマチックの主要指標(2015年4月10日現在)

■ PER:79.76倍(予想)
■ PBR:0.74倍(実績)
■ ROE:5.4%(実績)
■ 配当利回り:3.67%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:12.5→76.8→44.3→69.0→8.2(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:24→24→24→24→24(2015/12予想)
※ 2015年12月期は[7861]日本創発グループとしての業績予想となります。

では、最後に旧[7861]東京リスマチック、現[7861]日本創発グループの主要指標をチェックしておくことにしたいと思います。大企業ですと、大規模な事業再編に伴う業績への変動はそこまで目立つものではないんですけれども、時価総額2桁台の同社の場合は関連の費用の影響が大きく、前期・今期くらいは荒れた業績となってしまっている事もある意味仕方のない事と言えるのかもしれませんね。

さて、同社の業績自体は荒れ模様とはなっているんですけれども、個人的には同社の1株あたり配当金が毎期24円で安定しているというのが私好みなんですよね。この配当水準については、過去1株あたりの純利益が24円に届かなかった時代にもキープされていたものでした。業績は一時低迷する事があっても、この水準はキープしてくれると仮定して、配当利回り4%台の場面では買い増しも検討したいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ