株主優待ブームと堅調な業績で株価はビックリするほど絶好調。[8179]ロイヤルHDから期末配当金と株主優待券をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

株主優待ブームと堅調な業績で株価はビックリするほど絶好調。[8179]ロイヤルHDから期末配当金と株主優待券をいただきました。

テレビ・雑誌などの『株主優待』関連の企画のおかげなのか、最近は株主優待関係の銘柄の株価の堅調っぷりが目立ちますよね。今回の記事でご紹介する[8179]ロイヤルHDもその1つでありまして、長年1,000株を保有してきた同社の株式も、そろそろ半分の500株は売ってしまっても良いのではないか?と思えるほどなんですよね。

特に外食関係の株主優待関係の記事はブログ内でも人気のため、ここで売るかどうかは本当に迷う所なんですけれども、ブログで人気だからといって、私が思っている以上に元気よく株価がどーんと上がっている株式を売らないというのは本末転倒な気がしますので、近いうちには保有株数を1,000株から500株に減らす事になるのかなと思います。

8179 ロイヤルHD 事業報告書

[8179]ロイヤルHD 第66期事業報告書:さて、今回はそんな[8179]ロイヤルHDから株主優待券・期末配当金と事業報告書をいただきましたので、その中から気になった情報を読者の皆様にご紹介することにしたいと思います。

[8179]ロイヤルホールディングスの株主優待 (6月/12月 年2回)

優待食事券(500円)
■ 100株以上:1枚
■ 500株以上:10枚
■ 1,000株以上:24枚

■ >>> ヤフオクでも大人気の[8179]ロイヤルHDの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

8179 ロイヤルHD 株主優待券

[8179]ロイヤルHD 株主優待券:さて、現在の私の[8179]ロイヤルHDの保有株数は1,000株ですので、今回は24枚・12,000円分の株主優待券をいただきました。外食の優待系の株式では単位株の保有が一番お得なパターンが多いのですが、同社の場合は1,000株保有する時が一番優待の割が良いんですよね。ただ、今から1,000株購入すると200万円以上必要なんですよね。優待利回りの面からはちょっと割に合わないでしょうか。

ロイヤルホスト以外でも使えます

[8179]ロイヤルHD ロイヤルホスト以外でも使えます:[8179]ロイヤルHDというと、どうしても『ロイヤルホスト』のイメージが強いんですけれども、それ以外にも多数のブランドを展開しています。ロイヤルホスト以外のブランドは、同社の本拠地の九州と首都圏に偏っており、関西地方ではあまり出店がないのは残念なんですけれども、ステーキ・ハンバーグ専門店のカウボーイ家族は今年3月に甲子園店ができたようですね。甲子園店でしたら、我が家から行きやすいですので初訪問してみたいと思っています。

ロイヤルHD 色々な事業を展開しています

[8179]ロイヤルHD 色々な事業を展開しています:実はレストランなどの外食事業以外にも色々と展開している[8179]ロイヤルHD。特に『空港関係』の事業に強い事が特徴でありまして、空港のレストランの受託、機内食の受託などは同社の主力事業の1つと呼んでも差し支えないほどの規模なんですよね。私の地元、関西国際空港では同社の機内食がかなりのシェアとなっておりまして、知らずのうちに同社の機内食を食べているという方もいらっしゃるのではないかと思いますね。

[8179]ロイヤルHDから配当金をいただきました。

8179 ロイヤルHD 配当金

さて、今回は[8179]ロイヤルHDから1株あたり16円の配当金をいただきました。保有株数は1,000株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は13,550円ということになりました。

ロイヤルHD[8179]の主要指標(2015年4月9日現在)

■ PER:46.43倍(予想)
■ PBR:2.00倍(実績)
■ ROE:4.3%(実績)
■ 配当利回り:0.70%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-82.4→29.5→43.1→48.4→49.0(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:10→12→14→16→16(2015/12予想)

では、最後に[8179]ロイヤルHDの主要な指標をチェックしておきます。基本的に、同社のような『株主優待メイン』の銘柄については、業績はヨコヨコレベルで赤字さえ出さなければ良しとしているんですけれども、同社は最近のちょっと高級な消費ブームに乗る形で、業績自体も良化傾向にありますね。ただ、元々のスタートラインが低かった事と、最近の株価が絶好調すぎる事もありまして、指標面での魅力は感じられません。

さて、アベノミクス相場以前は毎年『前年度割れ』が当たり前だった同社。昔から保有している私ですけれども、まさか同社の株式が2倍以上になる日が来るとは夢にも思いませんでした。最近の同社の株価推移は絶好調すぎると感じますので、そろそろ一部売却の時が近づいているのかなとは思います。『売るとさらにどんどん上がっていく』というのは私の定番の失敗ネタなので、売り時は迷う所なんですけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ