前期は45円→60円に大増配も株価が上がりすぎて高配当からは陥落。[4641]アルプス技研から期末配当金と年次報告書です。 - 高配当株で配当金生活

前期は45円→60円に大増配も株価が上がりすぎて高配当からは陥落。[4641]アルプス技研から期末配当金と年次報告書です。

最近は『株主還元』が相場のテーマになる事が多いように思いますね。必ずしも全ての銘柄がそうという訳ではないのですが、増配や自社株買いを発表した銘柄はその後、株価がドーンと上昇することが多いように思います。

※参考 [4641]アルプス技研の主要指標(2015年2月7日現在)

■ PER:12.15倍(予想)
■ PBR:1.77倍(実績)
■ ROE:7.6%(実績)
■ 配当利回り:4.12%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:54.0→62.2→55.3→60.6→119.8(2014/12予想)
■ 直近5期の配当推移:28→31→28→45→60(2014/12予想)

さて、今回の記事のテーマとなる[4641]アルプス技研は、前回は2015年2月に記事として執筆しています。この時は、『今期の配当を一気に60円に増配!』という記事を書いたんですけれども、結果的にはこの発表をきっかけに同社の株価はビックリするほど上昇していくんですよね。


※ 上記の株価チャートはヤフーファイアンスから引用

[4641]アルプス技研 過去半年の株価チャート:上記は今年2月以降に株価急騰した[4641]アルプス技研の株価チャートです。半年前に比べると株価はほぼ2倍の水準に達してしまっているんですよね。45円→60円という33%の増配なのに、株価は2倍へ急騰というのはウレシイ事ではあるんですけれども、ちょっと反応しすぎかな!?という印象も受けますよね。この急騰の中で私は保有株数を少し減らしてしまいました。

配当性向は50%が基準です

配当性向は50%が基準です:さて、[4641]アルプス技研の過去の配当の推移をみておきたいと思います。基本的に配当性向50%を明示している同社ですので、配当水準を調整してほぼこの水準を満たすような配当が毎年支払われていますね。第33期については普段より配当性向が高まっていますけれども、この年は創業45周年を記念して45円の配当が行われたためです。

また、[4641]アルプス技研の配当は、今までは中間配当金で10円、期末配当金で調整を行うというパターンだったんですけれども、今年からは中間配当金は年間配当金の50%程度を目処として行われる事になるようですね。という事で次回2015年9月にいただける中間配当金は1株10円ではなく、1株32円程度が予想されているようです。

足元の業績は絶好調です

足元の業績は絶好調です:機械、電機、電子などの分野に強い技術者派遣大手の[4641]アルプス技研。最近は、これらの派遣先の業種が業績好調な所が多い事から、その技術者派遣の需要も旺盛なようです。契約単価・稼働人数ともに大幅に増加しているようでありまして、2014年12月期の営業利益は前年度比+52%と大幅な増加となったようですね。前期に赤字の介護部門を売却しておりまして、今期はその効果でさらに営業利益が続伸するのではないかという見方があるようですね。

[4641]アルプス技研から配当金です。

4641 アルプス技研 配当金

さて、今回は[4641]アルプス技研から1株あたり50円の配当金をいただきました。保有株数は200株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は8,469円ということになりました。

[4641]アルプス技研の主要指標(2015年4月8日現在)

■ PER:18.72倍(予想)
■ PBR:2.59倍(実績)
■ ROE:14.4%(実績)
■ 配当利回り:2.85%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:62.2→55.3→60.6→119.8→121.8(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:31→28→45→60→65(2015/12予想)

では、最後に[4641]アルプス技研の主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。2月の業績上方修正・増配のおかげもありまして、記事の前半に再掲した2ヶ月前にご紹介した時の主要指標に比べると、割安感はすっかり薄れてしまったという印象ですね。足元で急激に業績が伸びている企業なので、仕方ないことではあると思うんですけどね。

さて、[4641]アルプス技研は配当性向50%を明示している会社でありまして、基本的には業績が伸びれば増配、業績が減速すれば減配というのが原則となります。こういうタイプの銘柄は、基本的には好景気の時に一旦売ってしまっておいた方が良いのではないかというのが私の考えなんですよね。そのポイントが分かれば苦労はしないんですけれども、個人的には配当利回り2%台前半くらいを目安としています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ