トリドール[3397]の丸亀製麺で珍しい朝食タイム。以前の朝うどんサービスは終了していましたが、代わりに朝天ぷらをいただきました。 - 高配当株で配当金生活

トリドール[3397]の丸亀製麺で珍しい朝食タイム。以前の朝うどんサービスは終了していましたが、代わりに朝天ぷらをいただきました。

配当金生活のような『ダラダラしても良い生活』を送っていると、どうしても夜は遅く、朝も遅くという生活になってしまいがちです。以前、会社を経営していた頃は朝は早く、夜は遅くという『仕事マン』らしい生活を送っていたんですけれども、それはともかく、さすがに今のような『ダラダラすぎる生活』もちょっとどうかと思いまして、最近はなるべく朝6時台に起床するように努力しているんですよね。実際の所、投資家なのに起きたら前場が始まっているというのもどうか?と思いますしね。

丸亀製麺 朝うどん
※ 上記の画像は3年前の丸亀製麺のIRから引用

昔の企画 丸亀製麺の朝うどん:さて、今回は朝早くに街に出かける用事がありましたので、珍しく外で朝食を食べる事になりました。ネットで検索していると、[3397]トリドールの丸亀製麺の3年前のIRで朝うどんなるものをやっているとあったんですよね。そもそも丸亀製麺で朝7時台に営業しているお店は非常に少なく、私自身『朝うどん』の時間帯にお店に行った事がありませんでした。

しかしながら、朝7時台に丸亀製麺のお店を訪れた所、上で紹介しているような『朝うどん』の企画は既に終了してしまっていたんですよね。ということで、普通のうどんをメインに注文した訳なんですけれども、朝のサービスメニューも0と言う訳ではありませんでした。その内容も記事も後半でご紹介するようにしたいと思います。

[3397]トリドールの株主優待(9月/年1回)

優待割引券(11月下旬発送)
■ 100株以上:1,000円分
■ 500株以上:3,000円分
■ 1、000株以上:5,000円分

トリドール 3397 株主優待券

株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私も利用している口座を紹介しています。
ヤフオクで[3397]トリドールの株主優待券の相場をチェック

2014年9月権利確定→11月発送の分からはじまった[3397]トリドールの株主優待。始まって間もないため、まだ優待銘柄としての知名度が低いのか、このブログの記事を書いている段階では[3397]トリドールの株主優待券のヤフオクへの出品は1つもありませんでした。今後、知名度があがって優待を獲得する人が増えるとヤフオクに出品する人が増えてくるでしょうね。

トリドール[3397]の主要指標(2015年4月6日現在)

■ PER:25.54倍(予想)
■ PBR:4.00倍(実績)
■ ROE:5.7%(実績)
■ 配当利回り:0.63%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:51.5→77.8→82.7→21.6→62.6(2015/3予想)
■ 直近5期の配当推移:11.5→15.5→16.5→8→10(2015/3予想)

[3397]トリドールの丸亀製麺で朝うどん+朝天ぷらです。

丸亀製麺 釜玉うどん

丸亀製麺 釜玉うどん:さて、丸亀製麺のお店に訪れた時に定番となっている釜玉うどんを本日もいただくことにしたいと思います。最近は丸亀に来た時は『その時の企画もののメニュー』『釜玉うどん』のほぼ2択なんですよね。後者を食べる時には基本的に記事にはしないんですけれども、実際はよく食べているメニューということになります。

丸亀製麺 ネギは取り放題です

丸亀製麺 ネギは取り放題です:これは店舗によって異なっているサービスかもしれませんけれども、少なくとも私が行くいくつかのお店ではどこでもネギは取り放題という事になっています。ネギ好きの私なので、どうしても毎回毎回ネギ取り過ぎとなってしまうんですけれども、株主で常連の私なのでそれについては許していただきたいと思いますね。

朝のサービスかき揚げです

丸亀製麺 朝のサービスかき揚げです:そして、こちらが朝のサービスメニューとなっていた野菜のかき揚げです。普通の時間帯は130円のこの野菜かき揚げなんですけれども、朝の時間帯だからなのか『80円』で提供されていました。本日はこれ以外に『朝天ぷら』と書いてあるメニューはなかったんですけれども、もしかすると別の天ぷらが『朝天ぷら』として提供されている事もあるかもしれませんね。

ということで、今回は珍しい『朝食の外食』として[3397]トリドールの丸亀製麺のお店を訪れました。一時期は積極的に展開する傾向にあった『丸亀製麺の朝営業』ですけれども、今はお膝元の兵庫県でもほとんど実施している店舗はないようなんですよね。うどん屋さんは朝から流行りそうというイメージはあるんですけれども、実際はそれほどではなかったということなのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ