業績減速で株価も急減速。それがために高配当となった世界的ブランド[COH]コーチから配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

業績減速で株価も急減速。それがために高配当となった世界的ブランド[COH]コーチから配当金をいただきました。

誰もが知っているブランドもの、特に国内でも名前が有名なものとなるとどうしても『株式の投資先』としても目がいってしまうものですよね。今回の記事でご紹介する[COH]コーチもその1つなんですけれども、同社は最近業績が低迷している事から、株価については一時期に比べるとかなり下がってしまっておりまして、ちょっと先行きが心配される銘柄です。私としてはそれだからこそ逆張り精神を大切にして、昨年新規で購入したんですけどね。

by カエレバ

コーチのバッグの一例:私自身は自分用としてあまりブランドバッグを買う機会はないですし、プレゼントとしても今までほとんど購入した事がありません。自分が経営していたネットショップの懸賞企画でルイヴィトンはプレゼントした事があるんですけれども、知っている人へのプレゼント用としてはそこまで高いものは購入した事がないような気がするんですよね。

そんなブランドに詳しくない私なんですけれども、楽天市場のサイトで探してみると、同社の典型的なバッグはこんな感じの雰囲気のようですね。結構オシャレな鞄だとは思うのですが、こういうバッグはどれくらいの年齢層の方をターゲットにしているんでしょうね?投資しているのであれば、こういう事は知っておくべきなのかもしれませんが、どのようにして学べば良いのかさっぱり分かりませんよね。

COH 株かチャート
※ 上記株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[COH]コーチの過去5年間株価チャート:さて、この[COH]コーチは実は過去5年間のチャートを見ておきたいと思います。最近『業績減速』が良く言われるようになってしまった同社ですけれども、後述する1株あたり純利益(EPS)が減少傾向にある事から、株価もそれに合わせるように減速してきてしまっているというのが現在の同社の状況です。

私は、逆張りをするのが大好きなのでこういう株価推移で結果的に高配当になってしまった銘柄をついつい買ってしまうんですよね。そしてさらなる業績減速で減配という極悪コンボになってしまった事も1度や2度ではないんですけれどもそれもご愛嬌。もし『業績復活』となれば、かつての株価80$、購入株価からは2.5倍という水準に期待できると思っています。

[COH]コーチから配当金をいただきました。

COH コーチ 配当金

さて、今回は[COH]コーチから1株あたり0.3375$の配当金をいただきました。保有株数は105株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は27.1$でした。この記事を書いている段階での為替レートで換算しますと、日本円換算では3,245円を受け取った事になります。

[COH]コーチの主要指標(2015年4月3日現在)

■ PER:20.3倍
■ PBR:4.6倍
■ ROE:32.35%
■ 配当利回り:3.23%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:2.23→2.92→3.53→3.61→2.79(2014/06実績)
■ 直近5期の配当推移:0.37→0.68→0.99→1.24→1.36(2014/06実績)

では、最後に[COH]コーチの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。12月決算が多いアメリカ市場の中では珍しい6月決算の[COH]コーチ。2015年6月期については、現状では中間期決算までが発表されている事になりますね。

残念ながら、今の所は1株あたり純利益(EPS)は前年度比マイナスのペースで来ているようでありまして、単純に過去1年分(4・四半期)のEPSを集計すると2$強でしかありません。2年前の事を思うとかなりの業績減速と言えるでしょうね。それでも足元の米国市場においては売上高が回復してきているようです。後は、中国を中心とするアジア次第ということなんでしょうね。

さて、一時期は毎期毎期増配傾向であった[COH]コーチですけれども、業績が減速する中で最近の配当金は四半期毎に0.3375$で停滞しています。業績減速が明らかになった頃から株価が回復してきていますので、一時の配当利回り4%台よりは魅力が薄れてきてしまっていますね。配当利回り4%台なら買い増ししても良いと思っているのですが、当面は様子見ということにしたいと思っています。

米国個別株式デビューには、以下の2証券会社が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中

SBI証券では使えない「成行注文」が出来るため、指値をするのが面倒な方にオススメです。単純な株式取引の手数料も他大手2社に比べると割安です。2013年12月から特定口座への対応が始まった事により、確定申告の煩わしさがなくなりました。

また、さらに2014年8月からは、米国市場に上場している米国『以外』の国の株式である『ADR』の取り扱いもスタートしています。ADRの取り扱い銘柄数については、他ネット証券大手2社に劣っているのですが、その事を除くと相対的には一番オススメといえるのではないかと思っています。私も米国株取引は主に同社を利用しています。


グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
■ 楽天銀行と提携で普通預金の金利がアップ
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 東南アジア株式も特定口座に対応へ

東南アジアの株式の取り扱いが多いのが魅力的。楽天市場の楽天ポイントが貯まりやすく、楽天銀行との提携で普通預金の金利も特別金利になります。ADR(米国上場の他国の株式)の銘柄選択のセンスが私好みですね。米国上場の米国以外の株式を買いたい方にもオススメです。

楽天証券もマネックス証券の後を追う形で2014年12月から外国株式の特定口座への対応が始まりました。マネックス証券で取り扱いのない『東南アジア株式』なども視野に入れているという方は、楽天証券ではじめるというのも一つの手かもしれませんね。


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ