イオンカードセレクトから無料で入る事のできる保険プランの『イオン・フリーケア・プログラム』の案内をいただきました。本当に無料のようですね。 - 高配当株で配当金生活

イオンカードセレクトから無料で入る事のできる保険プランの『イオン・フリーケア・プログラム』の案内をいただきました。本当に無料のようですね。

私が保有しているクレジットカードと言えば、アメックス・プラチナカードのような『プラチナ系』のカードなどが目立つんですけれども、実はアメックス・プラチナカードよりも普段の生活で利用する事が多いのは、イオン系のイオンカードセレクトなんですよね。私は、普段イオン系のショッピングモールをブラブラする事が多く、その中ではやはりポイントなどの面でお得なイオンカードセレクトを愛用しているのです。

さて、私が保有しているクレジットカードであるイオンカードセレクトは、イオンでお金が引き出しできる『イオン銀行』の口座を連携したカードなんですけれども、このクレカと銀行口座をセットで保有していると、2015年4月上旬現在で普通預金の金利が0.12%に優遇されるキャンペーンがずっと継続中なんですよね。使わないままのお金の保管場所としては最適な銀行の1つと言えるのかもしれません。

『イオン・フリーケア・プログラム』の案内をいただきました。

イオン・フリーケア・プログラム

イオン・フリーケア・プログラムの案内:さて、今回はそんなイオンカードセレクトからイオン・フリーケア・プログラムというサービスの案内をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

『イオン・フリーケア・プログラム』はその名前からも想像出来ると思うのですが、『無料で保険に入る事ができる』というプランの事になりますね。最近、他社でもこういうキャンペーンの案内をちょくちょくいただきますので、最近流行のビジネスの形態の1つということなのかもしれません。ちょっと敷居の高い『保険』を最初は無料で試してもらい、ゆくゆくは高額の契約へという作戦なんでしょうね。

イオン・フリーケア・プログラム 追加プランもあります

イオン・フリーケア・プログラム 追加プランもあります:今回の『イオン・フリーケア・プログラム』は、基本的には交通事故などで5日以上入院した時に入院一時金として3万円を受け取る事のできるプランとなります。無料で入る事ができるのであれば、あまり断る理由はないのですが、入る事によって保険会社から宣伝が届くようになってしまいますので、実際に入るかどうかはその人次第という事になりますね。

また、追加で月額500円支払えば『追加補償プラン』を付ける事もできます。この補償では、日額5,500円の入院補償プランや、大きいものとしては最高1億円の賠償責任保険もついているということなんですよね。この賠償責任保険というのは最近少し話題になっていますよね。

賠償責任保険について

イオン・フリーケア・プログラム 賠償責任保険について:普段、普通に生活している中で『巨額の賠償』が起こるリスクを考えた事はあるでしょうか?あまり細かい事を気にしすぎると胃が痛くなってしまうので、普段はそれほど意識しないという方も多いと思いますけれども、例えば上の画像でご紹介しているような事例が『賠償が起こるリスク』として考えられるものの一例となります。

賠償責任で高額の賠償事例も?

賠償責任で高額の賠償事例も?:これは極端な事例かもしれませんけれども、賠償責任においては実際に9,000万円を超えるような巨額の賠償支払いが命じられたケースもあります。特に、上の事例の神戸市内の自転車と歩行者の事故のニュースは地元兵庫県では大きく報じられました。この事故は先日条例で制定された兵庫県内の自転車保険の義務化のきっかけとなったんですよね。私も義務化されたのであれば、ちゃんと保険に入るようにしたいと思います。

ということで、今回は私が保有しているクレジットカードのうち、イオンカードセレクトからいただいた無料の保険プランであるイオン・フリーケア・プログラムについてご紹介しました。『ただほど高いものはない』とは言いますけれども、今回のプランについては、保険に入るとチューリッヒ保険会社からDMが届くという事以外にはデメリットはないのではないかと思います。こういう商品の案内が届いたという方は、検討の余地はあるのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ