利率は5.25%。オーストラリア国債11,000豪ドル分の利金をゲットです。 - 高配当株で配当金生活

利率は5.25%。オーストラリア国債11,000豪ドル分の利金をゲットです。

最近は一時期に比べると、米ドルに対して円安が進んでおりますので『何でもかんでも円安傾向にある』と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、実は今は通貨毎に強弱が分かれている状況でありまして、実際の所はなんでもかんでも『円安』というわけではないんですよね。超メジャー通貨で言うと『ユーロ』はドルに対してめっちゃ弱くなっている状況なので、円との関係も極端に円安と言う訳ではありません。

円 オーストラリアドル チャート
※ 上記のチャートはヤフーファイナンスから引用

円・豪ドル 過去5年間のチャート:さて、ここで今回の記事のテーマである『円・豪ドル』の過去5年間の為替チャートを見ておきたいと思います。上記のチャートを見ると分かると思うのですが、ここ2年ほどは円安傾向に振れているとは言えないんですよね。一時期は105円ほどまで円安が進む場面もありましたが、最近は90円強での推移と一時期よりは円高に振れています。

円高・円安の理由付けというのは非常に難しく、これが正確に分かるのであればFX取引で大富豪確実なくらいだと思います。それはさておき、色々なニュースから後付けで理由を考えてみると、一つ挙げられるのは中国の資源需要の減退だと思うんですよね。オーストラリアは先進国の中では珍しく資源産業の割合が多い国ですので、どうしてもその市況次第という所があります。地理的な関係で最大の需要国は中国であり、その需要の増減には大きな影響を受けてしまうんですよね。

「おバカ大国」オーストラリア - だけど幸福度世界1位! 日本20位! (中公新書ラクレ)

沢木サニー祐二 中央公論新社 2015-03-09
売り上げランキング : 22499
by ヨメレバ

オーストラリア国債の利金をいただきました。

オーストラリア国債 利金

さて、今回はオーストラリア国債からの利金をいただきました。購入した当時の利率は5.25%、保有元本は11,000豪ドル分でありまして、個人での源泉徴収勢20.315%を差し引いた上で、実際に受け取った金額は230.11豪ドルということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと21,020円を受け取った事になります。

オセアニア諸国の国債の状況

私の保有するオセアニア諸国の国債の状況:先進国の中では比較的高利回りという事もあって、昔から個人的には好んで投資を行ってきた『オーストラリア国債』『ニュージーランド国債』。現在は、オーストラリア国債に38,000豪ドル分、ニュージーランド国債に20,000NZドル分の投資を行っています。今の長期金利では新規で投資する気になれませんので、徐々に投資残高は減って来る事になると思うのですが、長期金利で4〜5%台になればまた投資を行いたいと思っています。

SMBC日興証券で販売中のオセアニア諸国の債券

SMBC日興証券で販売中のオセアニア諸国の債券:最後に2015年4月上旬現在、SMBC日興証券で取扱いを行っているオセアニア系の債券を見ておく事にしたいと思います。最近は、オセアニア諸国でも以前よりは長期金利が下がっておりまして、短期の債券で2〜3%程度まで、世界銀行の残存期間11年8ヶ月の債券でようやく3.67%の利回りという事になっていますね。決して悪くはないのですが、この債券ならば感覚的に5%はほしい所でしょうか。しばらくは様子見ですね。

ということで、今回はSMBC日興証券で投資を行っている『オーストラリア国債』から利金を受け取ったという情報をご紹介しました。昔のようにオセアニア諸国の国債で5%という時代が戻ってくればまた喜んで投資を行うと思うのですが、その利回りになる事には『円安』である事が予想されるので、先にMMFの形で通貨を調達しておきたい所なんですよね。さて、そのようにウマく立ち回れるかはこれからの自分次第と言えそうですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ