今期は記念配当実施で少し配当利回りが高め。会計系システムの[3763]プロシップです。☆国内高配当株式トップ10(2015年3月27日現在) - 高配当株で配当金生活

今期は記念配当実施で少し配当利回りが高め。会計系システムの[3763]プロシップです。☆国内高配当株式トップ10(2015年3月27日現在)

今週は3月末で配当金・株主優待の権利を獲得できる銘柄の権利取り合戦が後半に行われました。金曜日は権利落ち後の相場ということになりまして、特にメジャーな株主優待銘柄・高配当の株式については株価がドーンと落ちてしまっているものが多かったように思いますね。

優待利回りが3〜4%程度なのに株価ベースでは10%以上も落ちる・・なんてのはこの高配当・株主優待業界では珍しい事ではありません。落ち着いて考えると、優待の権利を取るためにはここが買い時と言えるのかもしれませんね。ただ、優待銘柄については下がり始めると1〜2週間ほど下がり続ける事も多く、狙っていた銘柄を即買うかはいつも迷ってしまうんですよね。

日経ホームマガジン 桐谷広人さんに学ぶ株主優待入門2015 (日経ホームマガジン 日経マネー)

日経マネー 日経BP社 2014-11-06
売り上げランキング : 13148
by ヨメレバ

さて、今回は2015年3月27日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第120回(2015/03/20):アズマハウス(4.02%)/リベレステ(3.83%)/ケル(3.75%)
第119回(2015/03/13):リベレステ(4.03%)/アズマハウス(4.01%)/テー・オー・ダブリュー(3.72%)
第118回(2015/03/06):リベレステ(4.01%)/アズマハウス(4.00%)/テー・オー・ダブリュー(3.69%)
第117回(2015/02/27):アイビー化粧品(4.26%)/アズマハウス(4.07%)/リベレステ(4.04%)
第116回(2015/02/20):アイビー化粧品(4.27%)/リベレステ(4.12%)/アズマハウス(4.10%)

2015年3月27日現在のランキングです

1(ー):[3293]アズマハウス:4.25%(+0.23%)
2(+1):[6919]ケル:3.88%(+0.13%)
3(+2):[7551]ウェッズ:3.69%(+0.13%)
4(ー2):[8887]リベレステ:3.65%(-0.18%)
5(ー1):[2169]CDS:3.60%(+0.01%)
6(ー):[4767]テー・オー・ダブリュー:3.56%(+0.02%)
7(+1):[4718]早稲田アカデミー:3.54%(+0.18%)
8(再):[1737]三井金属エンジニアリング:3.44%(-)
9(+1):[3834]朝日ネット:3.40%(+0.10%)
10(ー1):[4327]日本エス・エイチ・エル:3.36%(+0.03%)

今週のランキングを見てみたいと思います。前述の通り、今週は3月で権利が確定する銘柄の権利取り合戦が行われましたので、株価を大きく下げる(=配当利回りはプラス)銘柄が多いようですね。その中で[8887]リベレステのみが、株価をドーンと上げています(=配当利回りはマイナス)。実は、この銘柄は5月権利確定の銘柄なので、今回の権利取り合戦の影響は受けていないんですよね。

さて、今回はトップ10にランクインしている銘柄ではありませんけれども、私が将来購入したい銘柄の1つとして考えている[3763]プロシップ(今週のランキングは16位)を皆様にご紹介することにしたいと思います。

by カエレバ

さて、私のように法人で投資を行っていたり、会社で会計課に所属していたりということがないとなかなか『会計』に触れる機会はないと思いますが、今回の記事でご紹介する[3763]プロシップはそんな『会計関係』のシステムを提供している会社ということになりますね。ちなみに、私は税理士さんの指定でベタなパッケージソフトである『弥生会計』を利用しています。

それはさておき、今回の記事でご紹介する[3763]プロシップは個人事業者や小さい会社向けにパッケージの会計ソフトを提供するという形ではなく、大手の企業を対象にシステムを導入する方向性で取り組んでいます。同社のウェブサイトを見ると、そのシステムを導入している会社には誰もが知っている上場企業がズラッと並んでいるんですよね。

しかしながら、[3763]プロシップ自体はまだ時価総額100億円前後で上場市場もジャスダックという小型株であります。こういう業界の性格上、急に業績がドーンと伸びるタイプの会社ではないと思いますが、私好みの有利子負債の会社でありますし、長期に渡って配当金をのんびり受け取り続けるには悪くはないのではないかと思うんですよね。

[3763]プロシップの主要指標(2015年3月28日現在)

■ PER:12.73倍(予想)
■ PBR:1.63倍(実績)
■ ROE:11.1%(実績)
■ 配当利回り:3.28%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:168.9→155.1→160.2→191.6→216.5(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:60→70→70→80(記)→70(2016/03予想)

では、最後に[3763]プロシップの主要指標をチェックしておく事にしたいと思います。私自身が仕事で会計データを触っていますので、どうしても個人的に興味を持ってしまう『会計関係』。こういった系統のシステムは会社が存在する限りはどうしても必要になってしまいますので、その業績は急伸はないにしても手堅いのではないかと思っています。

そして、少し気をつけたいのは今期の配当利回り3.28%というのが記念配当込みだと言う事なんですよね。今期は、同社のサービスである『ProPlus』の導入4000社を記念して、普段の70円配当から+αで10円の配当がなされています。この記念配当がないと配当利回りはもう少し下がってしまいますね。

個人向けの会計ソフトにしては、将来的にはクラウド系に変わってしまうのではないかという懸念はあるのですが、同社のような大企業向けのシステムについてはそんなにスグに大変革があるようには思えませんよね。まあ、私のような素人の感覚がどれだけ正しいかは分かりませんが、それはともかくとして同社は記念配当ナシで配当利回り3.5%くらいになれば組み入れたいと思っている銘柄です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ