コネクタ・ソケットで明日を作る地味な会社[6919]ケル。増配は豪快で3位に初登場。国内高配当株式トップ10(2015年3月20日現在) - 高配当株で配当金生活

コネクタ・ソケットで明日を作る地味な会社[6919]ケル。増配は豪快で3位に初登場。国内高配当株式トップ10(2015年3月20日現在)

単純な数字を比べる事に意味がないというのは分かってはいるのですが、ついつい私が比べてしまうのが『日経平均株価』と『NYダウ平均株価』です。リーマンショック以降、震源地だったアメリカの株価は意外に立ち直りが早かったので、一時期はダウ平均株価>日経平均株価という推移が続いていたのですが、最近は日本の株式が相対的に好調なので日経平均株価の方が1,000ポイント以上も上回っているんですよね。

実際の所、この2指数を比較するにあたっては『円ベースでやらないと意味がないのでは?』『ドルベースでやらないと意味がないのでは?』という声もあると思うのですが、そもそもこの2指数を比較する事自体にあまり意味がないので、私自身も深くは考えすぎない事にしたいと思います。とにかく、日経平均株価が好調だと言う事はこのブログをご覧の読者の方の中にも『含み益バリバリ』な方が多いという事ではないでしょうか?好ましい事ですよね。

さて、今回は2015年3月19日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第119回(2015/03/13):リベレステ(4.03%)/アズマハウス(4.01%)/テー・オー・ダブリュー(3.72%)
第118回(2015/03/06):リベレステ(4.01%)/アズマハウス(4.00%)/テー・オー・ダブリュー(3.69%)
第117回(2015/02/27):アイビー化粧品(4.26%)/アズマハウス(4.07%)/リベレステ(4.04%)
第116回(2015/02/20):アイビー化粧品(4.27%)/リベレステ(4.12%)/アズマハウス(4.10%)
第115回(2015/02/13):リベレステ(4.16%)/アズマハウス(4.13%)/アルプス技研(4.01%)

2015年3月20日現在のランキングです

1(+1):[3293]アズマハウス:4.02%(+0.01%)
2(ー1):[8887]リベレステ:3.83%(-0.20%)
3(初):[6919]ケル:3.75%(-)
4(ー):[2169]CDS:3.59%(-0.02%)
5(ー1):[7551]ウェッズ:3.56%(-0.05%)
6(ー3):[4767]テー・オー・ダブリュー:3.54%(-0.18%)
7(ー1):[9883]富士エレクトロニクス:3.38%(-0.07%)
8(ー1):[4718]早稲田アカデミー:3.36%(-0.05%)
9(ー1):[4327]日本エス・エイチ・エル:3.33%(-0.04%)
10(再):[3834]朝日ネット:3.30%(-0.03%)

今週のランキングを見てみたいと思います。このコーナーでは日経平均株価に採用されるような大型株のランクインはあまりございませんで、小型株が中心のランキングということになりますね。基本的に、日経平均株価などの指数が絶好調であっても小型株は我が道を行くというのは株式市場では定番のパターンでありまして、ある意味マイペースな配当金生活向けなのではないかと思います。

さて、今週のランキングでは3位に[6919]ケルが初ランクインしていますね。実は、2013年12月にこのコーナーで『将来購入したい銘柄』としてご紹介した事があるんですけれども、結局その後購入する事はなく今月に入って『12円→17円への増配』という非常に好ましい形でのランクインということになりました。

超メジャーな株式であれば、12円→17円と3割以上も増配したのであれば、株価は2〜3割上がっても珍しくないと思うのですが、同社はジャスダック上場のマイナーな株式だったので、この増配のニュースを受けても株価の上昇は1割強に留まっています。株価が上がっている事は確かですけれども、増配分ほどには上がっていないのでここからでも狙い目があると言えるのかもしれませんね。


※ 上記の画像は[6919]ケルの公式ウェブサイトから引用

電子機器向けコネクタ・ソケットの会社です:さて[6919]ケルというと会社名だけでは何をやっているか想像するのは非常に困難な会社ですよね。そのウェブサイトを見てみますと、上記の画像のように電子機器向けのコネクタ・ソケットを作っている会社のようです。特にコネクタの売上高が前者の8割を超えているようですね。

また、会社四季報の最新号が発売となった時点での同社の今期営業利益予想は9.4億円だったのですが、その後先週17日にこの予想を10.5億円に引き上げまして、その時に前述の『12円→17円への増配』を発表しています。実は、同社の業績は中期的には一進一退の状況が続いておりまして、今回の上方修正だけで必ずしも楽観出来る状況ではないのですが、こういう一進一退タイプで安定配当の株式は私好みではありますね。

[6919]ケルの主要指標(2015年3月22日現在)

■ PER:9.11倍(予想)
■ PBR:0.66倍(実績)
■ ROE:5.4%(実績)
■ 配当利回り:3.75%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:39.3→46.3→35.5→49.7→39.2(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:15(記)→12→12→17→17(?)(2016/03予想)

では、最後に[6919]ケルの主要指標をチェックしておく事にしたいと思います。同社は時価総額2桁億円、ジャスダック上場、主要製品もどちらかというと地味であるからか指標面でも小型株らしい割安感のある数字となっているように思います。今まで同社の株式を保有していなかったのが悔やまれてなりません。

小型株であれば『成長している所』を買いたいという読者の方もいらっしゃると思いますし、本当はそれが投資の王道だとは思うのですが、同社のように一進一退の業績で安定配当の傾向がある会社の方が配当金生活向きであるようには思うんですよね。まだ、同社はポートフォリオには組み入れていないのですが、どこかの機会で組み入れるようにしたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ