アメリカのデルタ航空[DAL]から上級会員のゴールドメダリオンカードをいただきました。アメックス提携カードのオマケで付いてくるサービスです。 - 高配当株で配当金生活

アメリカのデルタ航空[DAL]から上級会員のゴールドメダリオンカードをいただきました。アメックス提携カードのオマケで付いてくるサービスです。

世界の航空会社は現状3つのアライアンス(航空連合)に集約されています。このアライアンスの中では、マイレージが相互に使えたり、コードシェアを行っていたり、さらには空港ラウンジも相互で使えたりと別々の会社ながらまるで同じ会社のようにサービスが利用できるんですよね。まずは、その3つのアライアンスをご紹介しますと

■ スターアライアンス:[9202]ANAHDが加入
■ ワンワールド:[9201]日本航空が加入
■ スカイチーム:国内大手の加入はなし

となっています。国内の大手は上記の2社でありまして、当然ながらそれぞれが別々のアライアンスに所属している訳なんですけれども、国内の大手が2社であるがために3つ目のアライアンスであるスカイチームに所属している国内大手の航空会社が存在しないんですよね。

ちなみに、今回の記事でご紹介するアメリカの航空会社である[DAL]デルタ航空は、このスカイチームの盟主の1社であると言われています。このスカイチームは、他に台湾のチャイナエアライン、大韓航空、ベトナム航空、ガルーダインドネシア航空などが参加しておりまして、私としては『意外にアジアに強いアライアンス』という印象ですね。

デルタ航空からお手紙

[DAL]デルタ航空からお手紙:さて、今回はそんな[DAL]デルタ航空からお手紙をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。デルタ航空はアメリカの会社ですので、当然ながら今回のお手紙はアメリカのシカゴから届いていますね。早速その中身を見てみる事にしましょう。

ゴールドメダリオン会員になりました

ゴールドメダリオン会員になりました:こちらが同封されていたお手紙です。今年も私は[DAL]デルタ航空のゴールドメダリオン会員の資格をゲットしたというお手紙でしたね。お手紙の中には『デルタ航空をご利用いただきありがとうございました』とありますが、実はデルタ航空はこの2年間で1回しか利用していないのです。

ゴールドメダリオンカード

デルタ航空 ゴールドメダリオンカード:この『ゴールドメダリオン会員』という会員資格を持っていれば、[DAL]デルタ航空の飛行機を利用する時に、エコノミークラスであっても空港ラウンジが利用できたり、専用のチェックインカウンターが利用できたり、手荷物が優先で出てきたりという至れり尽くせりのサービスなんですけれども、2年で1回しか利用していない私がどうして会員資格をゲットできたのでしょうか?

デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのパワーでした:その秘密は、私が保有しているクレジットカードであるデルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードだったんですよね。このカードは年会費が26,000円と決して安くはないのですが、このカードを保有しているだけでゴールドメダリオン会員の資格が得られますので、デルタ航空と提携会社を良く利用するという方にはウレシイカードであると思うんですよね。

アルコール無料チケット

アルコール無料チケット:ちなみに、今回のお手紙の中にはこんな感じのアルコール無料券が入っていました。このチケットを提出すれば、デルタ航空の機内で、ビール・カクテル・ワインなどを楽しむ事ができるようですね。チケットは全部で4枚付いていますけれども、私は機内ではあまりお酒を飲まないので実際に利用することはないのではないかと思います。

ということで、今回はアメリカの大手航空会社である[DAL]デルタ航空から、同社提携のクレジットカードであるデルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを保有しているだけでいただける上級会員資格であるゴールドメダリオン資格についてご紹介しました。決して年会費の安いカードではないのですが、デルタ航空や提携会社をちょくちょく利用するという方には、お勧め出来るカードですね。ただ、デルタ航空のマイレージは非常に使い勝手が悪いので、その面ではあまり期待しない方が良いでしょうね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ