トリドール[3397]の株主優待券で炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーション。『長田本庄軒』でとろ玉ぼっかけ焼きそば定食をいただきます。 - 高配当株で配当金生活

トリドール[3397]の株主優待券で炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーション。『長田本庄軒』でとろ玉ぼっかけ焼きそば定食をいただきます。

2014年3月期は主力業態の丸亀製麺が伸び悩んだ事から、久しぶりに営業減益・株価も停滞となっていた[3397]トリドール。しかしながら、丸亀製麺のお肉系うどんがヒットした事から、今期2015年3月期は営業利益ベースでは最高益を更新する勢いとなっていますね。それとともに株価も復活し、その中でこっそり自分は持ち株数を600株→200株に減らしてしまいました。

さて、今回は[3397]トリドールの『焼きそば』業態である長田本庄軒をご紹介したいと思います。店舗数は14店舗と多くないものの、首都圏・関西・熊本とバランス良く出店しているこの業態。メニューは、基本的には地域毎にそう変わらないと予想しているのですが、おそらく首都圏では発売されていないのが今回の記事でご紹介する『やきそば定食』だと思います。

『やきそば定食』『お好み焼き定食』などの定食は、関西地方では当たり前のメニューなんですけれども、これは『やきそば・お好み焼き』+『ご飯』+『お味噌汁』の3つがセットになったものなんですよね。これは、他の地域から見るとかなり衝撃的なメニューのようでありまして、良く地域性のネタにされているのを見かけます。炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーションは他の地域では受け入れられないんでしょうかね!?

[3397]トリドールの株主優待(9月/年1回)

優待割引券(11月下旬発送)
■ 100株以上:1,000円分
■ 500株以上:3,000円分
■ 1、000株以上:5,000円分

トリドール 3397 株主優待券

株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私も利用している口座を紹介しています。
ヤフオクで[3397]トリドールの株主優待券の相場をチェック

2014年9月権利確定→11月発送の分からはじまった[3397]トリドールの株主優待。始まって間もないため、まだ優待銘柄としての知名度が低いのか、このブログの記事を書いている段階では[3397]トリドールの株主優待券のヤフオクへの出品は1つもありませんでした。今後、知名度があがって優待を獲得する人が増えるとヤフオクに出品する人が増えてくるでしょうね。

トリドール[3397]の主要指標(2015年3月17日現在)

■ PER:27.36倍(予想)
■ PBR:4.29倍(実績)
■ ROE:5.7%(実績)
■ 配当利回り:0.58%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:51.5→77.8→82.7→21.6→62.6(2015/3予想)
■ 直近5期の配当推移:11.5→15.5→16.5→8→10(2015/3予想)

炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーションです。

ぼっかけ焼きそば

とろ玉ぼっかけ焼きそば(並):さて、こちらが『長田本庄軒』のメインメニューの1つであるとろ玉ぼっかけ焼きそばです。お値段は620円。ぼっかけとは、お店の名前にもなっている神戸市長田区の名物料理で『牛すじとこんにゃく』を煮込んだものなんですよね。最近は、関西地域以外でもちょくちょく見かけるような気がします。焼きそばとの相性は抜群なんですよね。

やきそば定食 お味噌汁

やきそば定食 お味噌汁:ここからは『やきそば定食』の付属メニューとなります。お店毎に異なっているサービスかもしれませんが、今回訪れた『長田本庄軒』のお店ではやきそば定食のお値段は330円となっていました。まずは、お味噌汁ですね。

やきそば定食 ご飯

やきそば定食 ご飯:焼きそば定食に欠かせないものは『ご飯』です。焼きそば・お好み焼きを『おかず』と見るかどうかは地域毎に意見が分かれる所だと思うのですが、おかずであると見る私にとっては、ご飯との相性は抜群なんですよね。

やきそば定食 唐揚げ

やきそば定食 唐揚げ:ご飯と味噌汁で330円!?高い!と感じた読者の方もいらっしゃると思うのですが『長田本庄軒』のやきそば定食には、別途唐揚げ2個が付いてきます。ご飯+味噌汁+唐揚げ2個で330円と思うと、そう高くないという印象ではないでしょうか。丸亀製麺の天ぷらもそうですけれども、同社系列の揚げ物は意外に美味しいんですよね。

ということで、今回は[3397]トリドールの株主優待券を利用しまして、同社系列の焼きそばチェーンである『長田本庄軒』におきまして、炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーションであるとろ玉ぼっかけ焼きそば定食をいただきました。皆さんも、この夢のコラボレーションが楽しみたければ関西地区の『長田本庄軒』を訪れてみてくださいね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ