リゾート会員権の東急ハーヴェストクラブからお手紙。京都にオープンしたリゾートの『京都鷹峯&VIALA』を買い増ししませんか?とのことです。 - 高配当株で配当金生活

リゾート会員権の東急ハーヴェストクラブからお手紙。京都にオープンしたリゾートの『京都鷹峯&VIALA』を買い増ししませんか?とのことです。

ここ2〜3年に渡る株高・リート高などの恩恵を受けて、利益確定の結果手元に大量に現金が余ってきているという読者の方もいらっしゃると思います。現金が余っているとなれば、私の夢は昔は別荘を持つ事だったんですよね。関西地区では超有名な温泉地である『有馬温泉』の温泉付きマンションで年の半分くらいは過ごしてみたいと思ったものでした。

しかしながら、一生住み続けるならともかく、別荘を持つとなると数千万円単位の投資が必要となってしまいまして、ちょっと現実的ではないかなと思ったんですよね。そこで、私が利用する事にしたのがリゾート会員権です。

国内でリゾート会員権と言えば、上場企業である[4681]リゾートトラストが経営しているエクシブシリーズが有名だと思うのですが、このシリーズが販売していた有馬温泉の会員権はあまりに高すぎたため、結局は業界2位の東急ハーヴェストクラブの400万円前後の会員権を購入する事にしました。

東急ハーヴェストクラブ 有馬六彩 過去の参考記事
有馬温泉の会員制施設。東急ハーヴェストクラブの『有馬六彩・ザ・ダイニング万彩』の5,000円相当のブッフェです。
東急ハーヴェストクラブ有馬六彩のイタリアン『リストランテ アルトゥーラ』で土日祝限定の2,100円のピザランチをいただきました。
会員制温泉リゾートの東急ハーヴェストクラブ有馬六彩の和食レストラン『澪里』の和食コース『雅会席』をご紹介します。
日本三名泉の有馬温泉『有馬六彩』。たまには親への感謝という事で部屋の中に温泉が付いているお部屋に宿泊です。

さて、この東急ハーヴェストクラブの『有馬六彩』について詳細を知りたい方は、上でご紹介している過去の記事を参照いただくとしまして、今回は東急ハーヴェストクラブが京都で販売している新しい施設である京都鷹峯&VIALAの販促のお手紙をいただきましたので、その内容の一部をご紹介することにしたいと思います。

東急ハーヴェストクラブからお手紙

東急ハーヴェストクラブからお手紙:さて、今回は『東急ハーヴェストクラブ 有馬六彩の会員様へ』という事でお手紙をいただきました。今回は新しい施設である『京都鷹峯&VIALA』について、有馬六彩の会員様限定のキャンペーンがあるということなんですよね。実は、そのキャンペーンの詳細については今回のお手紙では触れられていないんですよね、仕方ないのでそれ以外の情報をご紹介していくことにします。

新会員の57%が買替・買増

京都鷹峯&VIALA 新会員の57%が買替・買増?:私はリゾート会員権を『買替』『買増』するという考えを持っていなかったのですが、実際の所『京都鷹峯&VIALA』を保有している方の30%が、既存の会員権を売っての買い替え、27%が買い増しなんだそうです。元々会員権1口だけで年30泊もできるため、2口以上持っていると年中旅行生活になってしまうと思うのですが、リタイア世代ですとそれもアリなのかもしれませんね。

ランチ付き日帰り見学会開催中

京都鷹峯&VIALA ランチ付き日帰り見学会開催中:東急ハーヴェストクラブの販促の1つとしておなじみなのがランチ付きの日帰り見学会です。私が『有馬六彩』を購入するきっかけになったのもこの『日帰り見学会』なんですよね。この見学会は3月22日まで行われているようですが『有馬六彩』だと『会員様限定の特典』があるようです。本当はその内容を知りたかったのですが、それは電話してみないと分からないようですね。

露天風呂・お部屋など

■ 過去の参考記事:2014年10月『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅』まとめ。露天風呂付きの超豪華客室に、有名カフェなども巡りました。

京都鷹峯&VIALA 露天風呂・お部屋など:さて、東急ハーヴェストの最新の施設だけあって『お部屋』『お風呂』など大満足の施設となっている京都鷹峯&VIALA。私もオープン直後の昨年10月に訪れていますので、詳細を知りたい方は上記旅行記をご覧いただければ幸いでございます。

私自身は兵庫県民なので、今の有馬温泉の会員権から京都の会員権に買替えをしたいとは思いませんが、観光地の数で言うと京都の方が断然上ですので、近畿圏にお住まい以外の方だとこの機会に『京都の会員権に乗り換え』というのはアリなのかもしれませんね。京都鷹峯&VIALAの立地は、実は観光には適していないとは思うのですが、公共交通機関ではなくタクシーを利用するという方であればあまり関係ないのかもしれません。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ