SMBC日興証券が『日興イージートレード』での現物株式委託手数料を大幅値下げ。『大手証券=手数料が高い』の時代は終わるか!? - 高配当株で配当金生活

SMBC日興証券が『日興イージートレード』での現物株式委託手数料を大幅値下げ。『大手証券=手数料が高い』の時代は終わるか!?

『銀行口座』というと、読者の皆様も昔から使い続けている馴染みのある口座をお持ちだと思うんですけれども、実は私が初めて保有した銀行口座は大学進学時に作った[8369]京都銀行の口座なんですよね。今は10年以上触っていないので休眠口座になってしまったと思うんですけれども、今でも[8369]京都銀行には愛着を持っています。

その後、新卒で就職する時に開設したのが[8316]三井住友銀行の口座です。本当は愛着のある京都銀行の口座を使い続けても良かったんですけれども、当然ながら京都銀行の支店が東京にいくつもある訳ではなく、就職を機にメガバンクの口座を持っておこうかなと思ったんですよね。

それ以降、新しく自分で会社を立ち上げる時もメインの取引口座としてお世話になり続けた[8316]三井住友銀行。いつの間にやら、私がメインで投資を行っていた証券会社の1つである『日興証券』もこのグループの1つとなってしまいまして、今やSMBC日興証券という名前になってしまいましたね。

さて、前置きが長くなってしまいましたけれども、今回は現状では私は『現物の外国債券』をメインに投資している証券会社である『SMBC日興証券』からネット経由での株式取引手数料値下げのニュースをご紹介することにしたいと思います。

このブログをご覧の皆様も、現物株式の取引についてはほとんどの方がSBI証券>などのネット証券を利用されているのではないでしょうか?私も、国内株式については同証券での取引が中心となっています。SMBC日興証券などの大手証券会社で株式を取引するのは『高すぎる』というイメージを持ってしまいますよね。

日興証券 株式取引手数料 値下げ

SMBC日興証券 株式取引手数料値下げ:さて、そんな大手証券会社の一角であるSMBC日興証券は、来月2015年4月1日から現物株式委託手数料、つまりは株式の取引手数料を大幅に値下げすると発表しました。そのお値段が上記でありまして、今までに比べるとかなりのお安さとなっていますよね。

SBI証券の株式取引手数料

参考:SBI証券の株式取引手数料:参考までに私が利用しているSBI証券の株式取引手数料をみておきたいと思います。私が良く利用する金額帯の50万円弱ではSBI証券の293円に対しSMBC日興証券が432円、100万円弱ではSBI証券の525円に対し、SMBC日興証券が864円となっていますね。

当然ながら、SMBC日興証券が全体的にSBI証券より安い価格帯を提示することはありませんで、すでにネット証券で株式を取引しているという方はわざわざ移動するほどではないと思います。ただ、外国債券メインで投資していてついでに国内株式も・・という方もこれくらいの手数料ならばわざわざネット専業の証券会社を利用することはないのかもしれませんね。

SMBC日興証券 個人向け国債キャンペーン

SMBC日興証券 個人向け国債キャンペーン:ここからは蛇足ですけれども、まずは現在SMBC日興証券で実施されている個人向け国債のキャンペーンをご紹介します。1,000万円以上購入すると0.5%のキャッシュバックがなされますので、結構美味しいキャンペーンではないかと思うんですよね。この系統のキャンペーンは大手3社でほぼ横並びとなっていますので、皆さんの好きな証券会社で参加すると良いのではないかと思います。

SMBC日興証券 外債は買いやすいですね

SMBC日興証券 外債は買いやすいですね生の外債というと敷居が高い商品のように思える方もいらっしゃると思いますが、SMBC日興証券では『買い』の注文についてはネット上で全て完結するようになっており、非常に手軽に米国債などを購入する事が出来ます。『売り』の時は電話しないといけないのがちょっと面倒ですけれども、それは他のネット証券でも基本的にはそれほど変わりませんからね。

ということで、今回は[8316]三井住友フィナンシャルグループの証券会社である『SMBC日興証券』におきまして現物株式委託手数料が大幅値下げされるというニュースをご紹介しました。個人的には、大手3社の中では最もサービスが先進的だと感じる同社なので、これからも『大手証券会社』という枠組みにとらわれない新しいサービスに期待することとしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ