国内高配当銘柄人気ランキングトップ10(2015年3月)株価上昇も配当利回りは3%キープ。[8411]みずほFGがV2達成です。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当銘柄人気ランキングトップ10(2015年3月)株価上昇も配当利回りは3%キープ。[8411]みずほFGがV2達成です。

今回の記事ではいつもの記事と趣向を変えて、2015年2月上旬〜2015年3月上旬の1ヶ月の間に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた国内の高配当株式関連の記事のトップ10をご紹介することにしたいと思います。

参考:前月2015年2月 国内高配当銘柄人気ランキングトップ10

1位:[8411]みずほFG(配当利回り3.24%)
2位:[7551]ウェッズ(配当利回り3.55%)
3位:[8096]兼松エレクトロニクス(配当利回り3.41%)
4位:[4502]武田薬品工業(配当利回り2.71%)
5位:[8031]三井物産(配当利回り3.82%)

さて、先月2月の国内高配当銘柄、当ブログ内PV数ランキングの上位は以上5銘柄でした。このコーナーが始まって以来、ほとんど毎月1〜3位にランクインしている[8411]みずほFGはさておき、2位に[7551]ウェッズ、3位に[8096]兼松エレクトロニクスと当ブログらしい地味な小型株がランクインしているのがウレシイですね。普段はどうしても超メジャーな銘柄の記事のPV数が多くなってしまう傾向にありますからね。

当ブログの国内外高配当銘柄人気ランキングトップ10について

「高配当株式」の定義というと、正確な定義は定められていないためその判断が難しい所ですよね。実は、このブログをスタートさせた時は株価が低迷していて高配当株式がゴロゴロ市場に眠っていたために、配当利回り4%以上を「高配当株式の定義」としていたんですけれども、最近は株価が全体的に上昇しているため、当面の間はこのランキングでご紹介するのは「来期配当利回り3%以上見込み」の銘柄ということにさせていただきます。

なお、今回のランキングは2015年2月1日〜2015年3月3日までのアクセス数を元に判断しています。アクセス数が基準となっており、「利回り順」のランキングではないことと、過去の記事は明らかな誤りがない限りは書き直しをしませんので、リンク先の記事が最新の情報を反映していない可能性がある事は予めご了承いただければ幸いです。なお、下記ランキングにおける配当利回りは2015年3月3日時点での予想配当ベースとなっています。

下記の人気記事ランキングトップ10も合わせてご覧ください(月1更新)

国内株主優待銘柄 人気記事ランキングトップ10
海外株式・海外債券 人気記事ランキングトップ10
リート・国内債券・その他マネー関係 人気記事ランキングトップ10

第10位:[4568]第一三共(配当利回り3.15%)

第一三共[4568]から配当金。大手薬品株の超出遅れ銘柄、過去3年間で2倍の日経平均に対し同社はわずか2割のプラスです。

第9位:[7551]ウェッズ(配当利回り3.55%)

[7551]ウェッズから中間配当金と中間報告書。超高配当でおなじみの同社、昨年度からクオカードの優待も導入されています。

第8位:[7751]キヤノン(配当利回り3.85%)

天下のキヤノン[7751]から300株分の配当金。時価総額超上位ではトップクラスの配当利回り、今後も注目です。

第7位:[8096]兼松エレクトロニクス(配当利回り3.41%)

兼松エレクトロニクス[8096]から中間配当金と中間報告書。雑誌記事で個人的にオススメできそうな高配当株1位にした銘柄です。

第6位:[7561]ハークスレイ(配当利回り3.21%)

ハークスレイ[7561]の『ほっかほっか亭』で関西でおなじみの『恵方巻き』購入。最近は全国区のイベントになっているようですね。

第5位:[2462]ジェイコムHD(配当利回り3.59%)

ジェイコムホールディングス[2462]から中間報告書と中間配当金。新しく介護事業をスタート。高配当ながら利益面ではピーク時に届きません。

第4位:[8031]三井物産(配当利回り3.82%)

泣く子も黙る[8031]三井物産から600株分の配当金。配当性向の見直しで4%前後の高配当株式へ、エネルギー偏重が悩みの種!?

第3位:[3172]ティーライフ(配当利回り3.21%)

元通販店長注目の高配当小型株。[3172]ティーライフからダイエット茶のサンプルと月例のカタログなどをいただきました。

第2位:[8887]リベレステ(配当利回り4.03%)

リベレステ[8887]から中間報告書と中間配当金、星野リゾート裏磐梯ホテルの宿泊優待券などをゲット。配当も4%台キープ中です。
※ 星野リゾートの株主優待券は次回以降廃止となりました。

第1位:[8411]みずほFG(配当利回り3.24%)

みずほフィナンシャルグループ[8411]から中間報告書と中間配当金。個人投資家に超大人気の高配当銘柄、下がれば買い増し予定です。

ということで、今月も当ブログの『国内外高配当銘柄』関係の記事の中で、読者の皆様に最も多くご覧いただいたものは[8411]みずほFGに関する記事でありました。今月もダントツのPV数で1位をキープしたみずほですけれども、最近は株価が好調で『配当利回り3%以上』という基準をキープできるかに今後は注目ですね。

2位には、当ブログでは人気の銘柄である[8887]リベレステがランクインしました。星野リゾートの優待は廃止となってしまいましたが、4%台の高配当利回りでかつ今まで一度も減配していない会社なんですよね。業績はぶれがちの同社ですが、この1点だけは信頼して投資をするようにしています。

2015年3月 国内高配当銘柄人気ランキングトップ10 まとめ

1位:[8411]みずほFG(配当利回り3.24%)
2位:[8887]リベレステ(配当利回り4.03%)
3位:[3172]ティーライフ(配当利回り3.21%)
4位:[8031]三井物産(配当利回り3.82%)
5位:[2462]ジェイコムHD(配当利回り3.59%)
6位:[7561]ハークスレイ(配当利回り3.21%)
7位:[8096]兼松エレクトロニクス(配当利回り3.41%)
8位:[7751]キヤノン(配当利回り3.85%)
9位:[7551]ウェッズ(配当利回り3.55%)
10位:[4568]第一三共(配当利回り3.15%)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ