トップページで会長の写真がいきなりドーンと。将来の個人的高配当候補[3597]自重堂です ☆国内高配当株式トップ10(2015年2月27日現在) - 高配当株で配当金生活

トップページで会長の写真がいきなりドーンと。将来の個人的高配当候補[3597]自重堂です ☆国内高配当株式トップ10(2015年2月27日現在)

日米ともに『株価の連日の高値』がニュースの話題として聞かれるようになったこの1週間、今まで投資に興味がなさそうだった友達に今週会った所『株主優待ってどうなんだろう?』という話をしていましたので、そろそろ『天井フラグ』かな?とも思ってしまうのですが、それはさておき今回の株高はPER面では極端に割高という訳ではないので、企業業績が少なくとも今程度〜微増くらいをキープできるのであれば説明はつくのではないでしょうか。

■ 過去の参考記事:国内外株式が絶好調の中、3ヶ月ぶりに22銘柄・1,100万円以上の大型利益確定です。今回のリバランスでリートの投資比率2%だけ下げました。

とはいえ、個人的にはやはり『ちょっと高すぎる』という印象は否めないものでして、今日の朝の記事でご紹介したように週末に1,000万円分以上利益確定しています。実際のところ、私のような典型的な投資の素人が『今は高すぎる』と感じていると、それはまだまだ上昇フラグということなのかもしれません。実際、この先どうなるかは神様でないと分かりませんけどね。

さて、今回は2015年2月27日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第116回(2015/02/21):リベレステ(4.16%)/アズマハウス(4.13%)/アルプス技研(4.01%)
第115回(2015/02/14):リベレステ(4.16%)/アズマハウス(4.13%)/アルプス技研(4.01%)
第114回(2015/02/07):アズマハウス(4.18%)/アルプス技研(4.12%)/キヤノン(4.04%)
第113回(2015/01/30):アズマハウス(4.21%)/キヤノン(4.01%)/CDS(3.80%)
第112回(2015/01/23):アズマハウス(4.25%)/京都きもの友禅(4.16%)/ウェッズ(3.83%)

2015年2月27日現在のランキングです

1(ー):[4918]アイビー化粧品:4.26%(-0.01%)
2(+1):[3293]アズマハウス:4.07%(-0.03%)
3(ー1):[8887]リベレステ:4.04%(-0.08%)
4(ー):[7751]キヤノン:3.86%(-0.05%)
5(+1):[4767]テー・オー・ダブリュー:3.71%(+0.04%)
6(+3):[2169]CDS:3.64%(+0.02%)
7(ー2):[7551]ウェッズ:3.60%(-0.08%)
8(ー1):[4718]早稲田アカデミー:3.57%(-0.07%)
9(再):[4327]日本エス・エイチ・エル:3.50%(-)
10(ー):[9757]船井総研HD:3.48%(-0.01%)

今週のランキングを見てみたいと思います。今週は久しぶりに初登場の銘柄がございませんで、1位から10位までおなじみの銘柄が揃いました。そんな中、先週はトップ10にランクインしていた銘柄の中で、[4641]アルプス技研が今週一気に21位(3.17%)まで落ちてしまったのが目立ちますね。一気に順位が落ちたということは『株価が一気に上がった』事の裏返しですので、ホルダーとしては望ましい事なんですけどね。

さて、本当は配当利回り4%以上を高配当の基準としたい私。最近は妥協して3%ならOKとしているんですけれども、このコーナーのスクリーニング基準を満たし、かつ配当利回り3%以上の銘柄はついにたったの32銘柄(2015年2月28日時点)となってしまいました。そろそろこのコーナーも存続の危機かもしれませんね。該当銘柄数が20銘柄を切るようでしたら、スクリーニング基準を甘くするようにしたいと思います。

今回は、ランク外の銘柄の中から私自身が将来購入したいと考えている候補銘柄の1つである[3597]自重堂(今週22位)をご紹介することにしたいと思います。私は基本的に古風なネーミングの会社が好きなんですよね。同社のような漢字2〜4文字の会社名はなんとも私好みであります。投資成績には全く関係ないことだとは思うんですけどね。


※ 上記画像は自重堂の公式ウェブサイトから引用

偉い人を前面推しのウェブサイト:さて、上記は[3597]自重堂の公式ウェブサイトです。トップページを見ると、いきなり最高顧問・会長のおふたりが同社のメイン商品であるワーキングウェアを着て出迎えてくれるんですよね。

『いきなり会長かよ!』というツッコミをしたくなる方もいらっしゃると思うのですが、実は昔人気投資信託のひふみ投信 の藤野FMのセミナーで『役員の顔を前面に押し出す会社はパフォーマンスが良い』とあったんですよね。ある意味『競馬予想レベル』のお話かもしれませんけれども、『会社に自信があるから役員も堂々と顔を出せる』と考える事もできるのではないでしょうか。皆さんはどのように感じられますか?

自重堂[3597]の主要指標(2015年2月28日現在)

■ PER:9.75倍(予想)
■ PBR:0.60倍(実績)
■ ROE:5.8%(実績)
■ 配当利回り:3.17%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:95.3→147.6→100.3→129.9→81.8(2016/06予想)
■ 直近5期の配当推移:35→35→55(記)→35→35(2016/06予想)

では、最後に自重堂[3597]の主要指標をチェックしておくことにしたいと思います。『ワーキングウェア』の分野では国内で大手という同社。生産は海外ですので、最近の中国での人件費上昇、為替の円安傾向などは同社にとっては逆風でありまして、売上高ベースではヨコヨコ、営業利益ベースでもほぼヨコヨコの状況が続いていますね。逆風の中で利益ヨコヨコというのはある意味健闘と考えることができるかもしれません。

一般的に『好景気』と言われる事の多い昨今において、[3597]自重堂の営業成績はほぼヨコヨコでありますので、株価もまったりとした上昇に留まっています。今の同社には逆風が多いので、狙い目としてはここらかなとは思うのですが、配当利回りが少し物足りない事と、同社の投資単位がなぜか1,000株(110万円)である事で投資に二の足を踏んでしまうんですよね。せめて100株になれば打診買いできるんですけどね。ほしい銘柄ではありますが、しばらくは様子見ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.