リート・国内債券・その他マネー関係の2015年2月の人気記事ランキング。最近インフレ対策で注目している『不動産』関係が多数ランクインです。 - 高配当株で配当金生活

リート・国内債券・その他マネー関係の2015年2月の人気記事ランキング。最近インフレ対策で注目している『不動産』関係が多数ランクインです。

今回の記事ではいつもの記事と趣向を変えて、2015年2月に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた国内高配当銘柄・株主優待銘柄・海外株式・海外債券以外のリート・国内債券・その他マネー関連の記事のトップ10をご紹介することにしたいと思います。

先月のリート・国内債券・マネー関係の記事トップ5のまとめ

1位:ソフトバンク劣後債(国内債券)
2位:野村證券新春セミナー(その他マネー関係)
3位:[3038]神戸物産(高配当以外の国内株式)
4位:個人向け国債(国内債券)
5位:ディズニー・バケーション・クラブ(その他マネー関係)

先月2015年1月の『リート・国内債券・マネー関係』の記事の中で最もアクセス数が多かったのは、[9984]ソフトバンクの劣後債の記事でした。劣後債というのは本当は難しい商品だと思うのですが、それでも2.5%という利率は最近の低金利時代には衝撃だったようでそれなりに人気の商品となったようですね。読者の皆様の中にも購入したという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

当ブログのリート・国内債券・マネー関係人気ランキングトップ10について

当ブログの人気の二大系統のコンテンツと言えば『国内の高配当株式』『株主優待銘柄』でありまして、読者の皆様も私のブログにはこの2系統の記事を期待しているという方が多いのではないでしょうか!?そもそも、このブログのタイトルが『高配当株式で配当金生活』なので致し方ない部分もあると思うのですが・・・・。

しかしながら、配当金生活のポートフォリオに占める『国内株式』の割合は全体の16%にしか過ぎず、それ以外の『海外株式』『国内債券』『海外債券』『リート』などの割合が残り84%も占めているのです。

このうち『海外株式+債券』については別途ランキング記事を執筆していますので、今回の記事では『国内債券』『リート』『高配当ではない株式』『その他マネー関係』の記事のうち、過去1ヶ月間の間に多くの読者の方にご覧いただいたものをランキング形式でご紹介することにしたいと思います。ちょっと地味な内容の記事が多いですけれども、ポートフォリオを多様化するには欠かせないタイプの投資商品かなと個人的には考えております。

なお、今回のランキングは当ブログの2015年1月26日から2015年2月25日までのアクセス数を元に作成しています。ランキングをチェックしていただき、もし興味がある投資商品がございましたら、元の記事もチェックしていただければ幸いでございます。具体的な内容のご紹介は各個別の記事で行っています。

下記の人気記事ランキングトップ10も合わせてご覧ください(月1更新)

国内高配当株式 人気記事ランキングトップ10
国内株主優待銘柄 人気記事ランキングトップ10
海外株式・海外債券 人気記事ランキングトップ10

第10位:カフーリゾートフチャクコンド・ホテル(ホテル投資)

沖縄のホテルに投資して分配利回り6%前後見込み!? カフーリゾート フチャク コンド・ホテル アネックスのご紹介です。

第9位:SBI債(国内債券)

申込は今日の午後4時まで。SBIホールディングス株式会社2016/2/26満期1.43%円建社債(第31回SBI債)に200万円分申込しました。

第8位:JGCダイナースクラブカード(クレジットカード)

クレジットカードの『JALグローバルクラブ・ダイナースクラブカード』の更新カードが届きました。それなりの年会費で高サービスとステータスですね。

第7位:アメックス・プラチナ・カード(クレジットカード)

アメックス・プラチナカードから高級ホテルに1泊タダで宿泊出来る『フリー・ステイ・ギフト』をいただきました。

第6位:三井住友銀行 資産づくりセット(定期預金+投資信託)

円定期預金(3ヶ月もの)年5%の撒き餌付き。[8316]三井住友銀行から『資産作りセット』の案内をいただきました。

第5位:個人向け国債(国内債券)

SBI証券で投資中の個人向け国債200万円分の利金。ついでに2015年2月の大手証券会社の個人向け国債キャンペーンもご紹介です。

第4位:ジ・アーバネックスタワー神戸元町通(新築マンション)

先日モデルルームを見学に行った神戸のタワーマンション『ジ・アーバネックスタワー神戸元町通』からキャンセル物件発生!のお手紙です。

第3位:岡本レジデンス(新築マンション)

偽セレブの自分には厳しい物件?神戸市内なのに80平米で8,000万円〜億ションの超高級レジデンス『岡本レジデンス』をご紹介します。

第2位:セゾン投信(投資信託)

セゾン投信の『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』から第8期の報告書。私の2年強の積立投資成績も大公開してしまいます。

第1位:ひふみ投信(投資信託)

R&Iファンド大賞2014受賞『ひふみ投信』の運用レポート『ひふみのあゆみ』をいただきました。今までの私の運用成績もご紹介です。

ということで、今月のランキングで1位に輝いたのはひふみ投信の話題でした。2位のセゾン投信と合わせて私の投資している2大積立投資信託ということになりまして、国内株式であれば前者、それ以外であれば後者とそれなりに役割分担は出来ているという印象ですね。

その他、最近インフレ対策としてちょくちょくチェックするようになった現物不動産関係の話題が3つランクインしています。個人的には『沖縄のホテル』に魅力を感じているのですが、このホテルは投資利回りはそこそこ良さそうなものの『インフレ対策』としてはイマイチなような気がしますよね。沖縄の中でもかなり郊外のエリアにある物件ですからね。

2015年1月 リート・国内債券・マネー関係の記事トップ10のまとめ

1位:ひふみ投信(投資信託)
2位:セゾン投信(投資信託)
3位:岡本レジデンス(新築マンション)
4位:ジ・アーバネックスタワー神戸元町通(新築マンション)
5位:個人向け国債(国内債券)
6位:三井住友銀行 資産づくりセット(定期預金+投資信託)
7位:アメックス・プラチナ・カード(クレジットカード)
8位:JGCダイナースクラブカード(クレジットカード)
9位:SBI債(国内債券)
10位:カフーリゾートフチャクコンド・ホテル(ホテル投資)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ