国内大手電力株・電源開発[9513]から『J-POWER倶楽部』の案内をいただきました。同社が熱心なIRの資料の一環ですね。 - 高配当株で配当金生活

国内大手電力株・電源開発[9513]から『J-POWER倶楽部』の案内をいただきました。同社が熱心なIRの資料の一環ですね。

『○○電力』という名前ではないので、一般的には知名度が低いように思える電力株の[9513]電源開発。元々は地域電力会社をサポートするような位置づけで、全国に発電所を展開している政府系の会社だったんですけれども、同社は2004年に民営化され、その後株式上場もなされました。

[9501]東京電力、[9502]中部電力などの主力電力株に比べると規模は小さい[9513]電源開発ですけれども、売上高ベースで見てみると[9507]四国電力、[9509]北海道電力あたりと互角の戦いのようですね。超大手と言えるほどではないんですけれども、それでも大手電力株の一角と呼ぶ事には差し支えないのではないでしょうか。

J-POWER倶楽部案内

J-POWER倶楽部 案内の封筒:さて、今回はその[9513]電源開発のIR資料の一環であるJ-POWER倶楽部の案内をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。この倶楽部は、同社の株主になっていると配当金をいただく時に入会の案内が入っているんですよね。入会すると、年に4回程度こういった資料が届く事になります。

電源開発[9513]の主要指標(2015年2月25日現在)

■ PER:16.37倍(予想)
■ PBR:1.17倍(実績)
■ ROE:5.6%(実績)
■ 配当利回り:1.70%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:130.5→107.4→198.7→191.2→251.3(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:70→70→70→70→70(2015/03予想)

機関誌グローバルエッジ

J-POWER倶楽部 機関誌グローバルエッジ:こちらは、J-POWER倶楽部でいただける資料の中では最も見た目に豪華である雑誌グローバルエッジです。元々は年に4回『マスコミ・有識者・官公庁・地方公共団体・発電所立地地域等の関係者の皆様』を対象として発行されている雑誌なんですけれども、J-POWER倶楽部に入会した株主にも送られてくるようですね。

J-POWER倶楽部 アンケート結果

J-POWER倶楽部 アンケート結果:J-POWER倶楽部では、昨年の夏にアンケートを実施したようですね。私は回答しなかったのですが、3,226名の回答があったということで、この回答率は43.7%という驚きの回答率だったようです。投資家の方は『意外に時間がある』方が多いのでしょうか。驚きの回答率ですよね。また、上のグラフによると『J-POWER倶楽部』については満足しているという会員の方が9割程度となっているようですね。

ニュースリリース一覧

J-POWER倶楽部 ニュースリリース一覧:こちらは、[9513]電源開発が過去3ヶ月間に発表したニュースリリースを一覧にしたものです。ウェブサイト上で見られると言えばその通りなので、資源的にはもったいないのかもしれませんけれども、敢えて紙媒体にしてくれると読みやすい事は確かですよね。良い点も悪い点もあると言った所でしょうか。

大間原発

J-POWER倶楽部 大間原発の新規制基準への対応について:[9513]電源開発は今までは『石炭火力』『水力』の2つの発電方式が主力だったのですが、今青森県に大間原発を建設しています。原子力発電所は非常にデリケートな話題なので、自分の意見は書きませんけれども、良くも悪くもこの『大間原発絡み』は同社の波乱要因になってくるように思いますね。

ということで、今回は[9513]電源開発の株主だけが入る事のできる会員組織であるJ-POWER倶楽部からいただいた色々な案内をご紹介しました。波乱要因はあるとはいえ、基本的には足元の業績は絶好調と言って良い同社。業績が急伸しなくても構わないので、これからもまったりとした成長に期待したいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ