昨年の5円から一気に10円に増配。[4918]アイビー化粧品が1位に初登場です。☆国内高配当株式トップ10(2015年2月20日現在) - 高配当株で配当金生活

昨年の5円から一気に10円に増配。[4918]アイビー化粧品が1位に初登場です。☆国内高配当株式トップ10(2015年2月20日現在)

世界全体を見渡してみると、株価が下がりそうな火種はちょくちょく見当たりますが、そんな中でも最近の日米の株価推移は絶好調ですよね。最近のニュースを見ていると、リーマンショック以降万年出遅れ銘柄とも言えた『銀行関係』の株価がここに来て元気になっているようですね。私の好きな[8411]みずほFGをもっと買っておくべきだったのかもしれません。

その一方で、私の配当金生活のポートフォリオはというと実はそれほど基準価額が伸びていません。その2つの大きな理由としては、最近は『J-REIT』の株価推移がイマイチなこと、そしてもう1つは私が米国株で注力している電力株がイマイチなためなんですよね。

米国電力株は、最近の原油価格の下落・長期金利の下落を材料に昨年夏頃から大きく買われてきました。2月に入ってからはこの『原油価格・長期金利』の一方的な動きが落ち着きつつあるので、電力株の株価も反落しているという状況なんですよね。それでも、今の米国電力株はそれなりに高値だと思います。更なる買い増しに動くほどではないですね。

さて、今回は2015年2月20日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第115回(2015/02/14):リベレステ(4.16%)/アズマハウス(4.13%)/アルプス技研(4.01%)
第114回(2015/02/07):アズマハウス(4.18%)/アルプス技研(4.12%)/キヤノン(4.04%)
第113回(2015/01/30):アズマハウス(4.21%)/キヤノン(4.01%)/CDS(3.80%)
第112回(2015/01/23):アズマハウス(4.25%)/京都きもの友禅(4.16%)/ウェッズ(3.83%)
第111回(2015/01/16):アズマハウス(4.23%)/京都きもの友禅(4.16%)/キヤノン(4.04%)

2015年2月20日現在のランキングです

1(初):[4918]アイビー化粧品:4.27%(-)
2(ー1):[8887]リベレステ:4.12%(-0.04%)
3(ー1):[3293]アズマハウス:4.10%(-0.03%)
4(ー):[7751]キヤノン:3.91%(-0.02%)
5(+1):[7551]ウェッズ:3.68%(-0.03%)
6(+2):[4767]テー・オー・ダブリュー:3.67%(+0.03%)
7(ー4):[4641]アルプス技研:3.64%(-0.37%)
7(ー1):[4718]早稲田アカデミー:3.64%(-0.07%)
9(ー4):[2169]CDS:3.62%(-0.16%)
10(ー1):[9757]船井総研HD:3.49%(-0.06%)

今週のランキングを見てみたいと思います。今週は2位〜10位からはおなじみの銘柄が並んだのですが、久しぶりの初登場銘柄として[4918]アイビー化粧品がいきなり1位にランクインしました。それ以外では、7位の[4641]アルプス技研の株価の動きが良いようですね。2週間前の増配発表をきっかけに株価が伸び始めましたが、今週に入ってからもその勢いは止まらなかったようです。

[4918]アイビー化粧品 増配確定:さて、[4918]アイビー化粧品がランクインするきっかけになったニュースは、2月10日に発表された同社の『配当予想の修正』というIRでした。元々、同社の今期配当予想は『5〜10円』となっておりまして、こういう配当利回りデータ上では5円で計算されていたと思うのですが、正式に今期の配当金が『10円』の予想となりまして、前期からは2倍の増配ということになったんですよね。

この配当の上方修正をきっかけに、株価はストップ高を連発。一時は180円前後から一気に300円を超える場面があったのですが、さすがにその株価は評価されすぎということだったのか、先週に入って株価は反落傾向となりまして、先週末時点では株価234円という事になっています。それでも、増配発表前と比べると3割程度株価は上がっているということになりますね。

アイビー化粧品[4918]の主要指標(2015年2月22日現在)

■ PER:16.83倍(予想)
■ PBR:1.60倍(実績)
■ ROE:14.9%(実績)
■ 配当利回り:4.27%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:7.3→10.2→9.7→20.2→13.9(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:5→10→10→5→10(2015/03予想)

では、最後にアイビー化粧品[4918]の主要指標をチェックしておくことにしたいと思います。同社は高級スキンケアをメインとする化粧品メーカーという事でありまして、売り方としては訪問販売が主力なんだそうです。ネット通販出身の私としては、ちょっと今更感のある売り方ではありますが、それでもそれなりに安定した業績を残している訳ですから、必ずしもダメという事はないんでしょうね。

同社の配当金水準は5円になったり10円になったりと忙しい推移となっていますけれども、今回の5円→10円の増配を見ている限り、1株利益が10円台をキープできるのであれば、できるだけ10円の配当を行いたいという意図が感じられますね。化粧品系につきものの『株主優待』はなく、あくまで配当金メインの銘柄ではあるのですが、それでも配当が安定しない傾向にあるので気合いを入れた株数の投資はしにくいですね。保有するなら様子見の1,000株かなと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ