申込は今日の午後4時まで。SBIホールディングス株式会社2016/2/26満期1.43%円建社債(第31回SBI債)に200万円分申込しました。 - 高配当株で配当金生活

申込は今日の午後4時まで。SBIホールディングス株式会社2016/2/26満期1.43%円建社債(第31回SBI債)に200万円分申込しました。

投資系のブログでは『国内債券』の話題は比較的少ないと思うのですが、当ブログでは『株式:債券:リート=36:36:28』の割合で投資をすると決めておりますので、債券も株式と同じくらい重要な投資先ということになります。

とはいえ、国内債券の中心となるべき『個人向け国債』は10年・変動のものであっても、0.3%を切る状況となっておりまして、ここまで債券の利率が下がってしまうともうネット銀行の定期預金の方がマシなのではないかと思ってしまいますよね。それでも、私はポートフォリオの投資比率を守るために『個人向け国債』に投資しているんですけどね。

SBIHD社債 申込受付中

SBIホールディングス社債 申込受付中:さて、このブログでは定番となっている国内債券ネタではありますが、今回はSBI証券でただいま販売がなされています第31回SBI債の情報をご紹介することにしたいと思います。月曜日から販売されていたのですが、販売締め切りの今日になってご紹介という何ともマイペースではありますが、この記事がアップされてからスグにご覧になっている方はまだまだ間に合うのではないかと思います。

SBIホールディングス社債 申込受付中:さて、ここで今回の『SBI債』の条件を確認しておきたいと思います。同社の社債は発行回によって、1年〜3年ほどの期間で条件がまちまちなのですが、今回は期間が『1年』となっているようですね。また、一難気になる債券の利率は1.43%となっています。他の債券で1年ものの利率が1.43%というものはなかなか見かけませんよね。大丈夫と言い切る訳にはいかないのですが、私ならドーンと申込してしまいます。

SBIホールディングス社債 ポイント

SBIホールディングス社債 ポイントSBI証券のウェブ上に掲載されている今回の『SBI債』のポイントをご紹介しておきます。上記の中では『円建』というのが個人的には一推しのポイントですね。債券系の商品では、米国債券でもよければ高格付けで2%台の利回りのものもあるんですけれども、為替レートが1ヶ月で2%動いてしまうというのは日常茶飯事です。

実際のところ、私個人としては『米国債券』に投資するにあたり、米ドル建てで資産が増えるのであれば『円建て』の成績は過度に気にしないこととしているのですが、投資家全員がそういう『ドル重視』の考え方を持っている訳ではありませんよね。そういう方は『為替リスクほぼ0』のこの商品は悪くはないのではないかと思います。

SBIホールディングス社債 申込しました

SBIホールディングス社債 申込しました:さて、SBI証券の社債を今回は200万円分申込しました。本当はもっと金額が多くても良かったかなと思うのですが、わざわざ入金してまで申込するのが面倒だったので、今回は個人の口座に入っている現金ほぼ全額分で申込をしています。

そして、このSBI債で一番のポイントとなるのが、この債券は抽選になってしまうということなんですよね。昔は、抽選がなく先着順だった時代もあったのですが、操作に出遅れると売り切れるくらいの人気だったためか、今の抽選制に変わりました。

■ 過去の参考記事:長年はずれ続けたSBI債についに当選 / エネルギー関連株[6366]千代田化工建設の今後の見通しは!? (昼カブ投資相談室・2013/7/4放送分)

この『SBI債』の抽選について、当たるのは都市伝説ではないかと考えている方もいらっしゃると思います。しかしながら、抽選制が導入されてから私は1回だけ当選しているんですよね。当選したのは2013年7月の事だったのでもう1年半前なんですね。あれから外れ続けている私ですが、今回は久しぶりの当選に期待することにしたいと思います。

個人向け社債は、以下の2証券会社が個人的にオススメです。

SBI証券
■ 『SBIホールディングス社債』の魅力的な利率
■ ただし、抽選が行われるため買えるとは限りません
■ 募集回数は比較的多め。口座は準備してチャンスを伺いたいですね


資産運用始めるなら!マネックス証券
■ 今の所抽選がなく申し込めば買える『マネックス債』
■ 前回の期間5年で1.5%という利率はまあまあの好条件!?
■ 発行回数が少なめ。前回の発行は2013年12月でした

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ